スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cafe & Dining MAMARO

大阪市中央区博労町、地下鉄の御堂筋線心斎橋駅と四つ橋線四ツ橋駅の中間の、大阪市のほぼ中央に位置するこの当たりのオフィス街の裏通りには、新しい感覚のレストランや割烹が立地している。この店はダイニングカフェとしてリニューアルしたため、現在はスープカレー専業ではなく、昼はパスタのメニューが豊富なカフェである。スープカレーはホームページにはトロトロ角煮、シーフード(以上店のホームページ)、網焼きチキン、豚シャブ(以上ぐるなび)などもあるようだが、スープカレーと注文すると、野菜のスープカレー(ホームページの「ベジベジ」と思われる)が出てきた。他のメニューはランチのセットメニューには、現在、ないのかもしれない。ドリンクバー、デザート付で750円は安い。辛さもレギュラー、スパイシー、超スパイシーの3段階で選択の余地は少ない。レギュラーでもかなり辛いとのことであったが、「スパイシー」でも札幌の中辛レベルくらいだろう。
スープはダークブラウンのさらさら系で、スパイスが胡椒系中心に相当量が投入されて色濃く、かなりスパイシーである。甘さ、酸味は少なく、野菜系の甘さが少ないため、スパイスの辛さがストレートに感じられ、最近開店した店のスープカレーに慣れているとややコクやスパイシーさが単調に感じられる。
一方、具材はなす、かぼちゃ、オクラ、れんこん、ジャガイモ、にんじん、ピーマン、玉子と野菜の種類は少なく、チキンなどの肉系のトッピングもないとやや寂しいが、野菜は大きめのカットで、しっかりと素揚げしてあり、大阪地野菜と思われる野菜はどれも新鮮で、カボチャやニンジン、皮付きのジャガイモは甘く、素材の良さが感じられた。少数精鋭、直球勝負タイプのスープカレーであるが、スープをもう少し複雑にすれば全体レベルは上がるし、野菜の種類や具材のチキンなどもほしいところである。パスタなどの野菜系イタリアンがメインでもあり、相模原のKuuと正反対のタイプの店で、札幌のポルコ(PORCO)にやや似ているが、価格が最低レベルであり、野菜の質と調理レベルに好感がもてる。B

DSC00725_20090905113244.jpgDSC00726_20090905113244.jpgDSC00727_20090905113243.jpgDSC00728.jpg

スポンサーサイト

テーマ : スープカレー
ジャンル : グルメ

プロフィール

AUme

Author:AUme
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。