fc2ブログ

支那そば屋こうや

温度と湿度の上がった5月の火曜日。四ツ谷しんみち通りを進んだところにある中華料理系のラーメン店。蒸し暑いためか、行列もなく店内も空席が目立つ。

空いているカウンター席に案内される。この店のメインのメニュー、ワンタン麺(900円)を注文する。

DSC02403.jpg

スープが丼ぶりの上までたっぷりと盛られている。鶏ガラの澄んだスープに豚骨スープが混じっているため、やや濁っていて、豚の香りが漂い、さりげなく複雑な風味のスープとなっている。やや濃いめの塩味が効いているため、きれいなスープだが味はしっかりしている。

麺は中華料理店の麺料理にあるタイプの柔らかめの縮れ麺で、スープは良くからむ。最近の硬めのしこしこした食感の麺に慣れていると違和感があるが、具材が豊富で、あっさり系のスープを絡ませる中華そばとしてはこれも悪くはない。

ワンタンは5個、やや濃いめの味付けがなされた挽肉がたっぷりと詰められている。ワンタンの大きめの皮がつるっとしていて食感が良い。

チャーシューは2枚。程良く脂身も混じり、旨味を封じ込めるようにしっかりとローストされていて、醤油だれの香りも良く、レベルの高さを感じる。ワンタンよりも完成度が高いかもしれない。

シナチクは細めでしっかりした食感。細かく刻んだ細ネギが大量に入る。

麺も含めてかなりのボリュームであるが、スープのこってり感がないため、もたれるようなイメージはない。

B+



関連ランキング:ラーメン | 四ツ谷駅四谷三丁目駅曙橋駅


テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

tag : 四ツ谷グルメラーメン

マル海ラーメン

青森では現在、味噌カレー牛乳ラーメンがご当地ラーメンとして人気であるが、この店は30年以上前から青森独特の伝統的な煮干しラーメンを出す店である。最初に訪れた25年前にすでに歴史を感じさせる雰囲気があったが、当時と全く変わらない雰囲気がある。アスパム前の角地、店の軒先までいっぱいに車が駐車している。

かなり広い店内では多くの客で賑わい、次から次へとラーメンを盆に載せて運ぶ店員が行き交っている。活気ある店の中である。メニューは中か大の量を選ぶだけ。

DSC02040.jpg

中でもかなりのボリュームがある。スープは煮干しの香りがかなり濃厚な醤油スープ。麺はやや太めのストレート麺で、やや軟らかめだが、日本そばのような昔懐かしい趣がある。
色が濃くてしょっぱそうに見えるが見た目ほどしょっぱくない。

チャーシューは薄めのしっかりと味が付いたものだが、脂は少なく、あっさりしている。

シナチクはカットが不揃いだが、かなりの量である。ネギも量が多い、

最近のはやりのラーメンとは全くコンセプトは異なり、豚骨醤油のこってり感や濃厚な出汁はないため、物足りない向きもあるかもしれないし、個別に部分的完成度を見ると十分でない面もあるが、総合的にはバランス良く、ラーメン全体として強い主張が感じられるインパクトの強いラーメンである。特に、最後まで飽きの来ない醤油味の煮干しスープは癖になる。

B+


関連ランキング:ラーメン | 青森駅

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

tag : 青森グルメラーメン煮干しラーメン

中華そば坂本 新横浜ラーメン博物館店

東日本大震災の影響か、新横浜ラーメン博物館は土曜日にもかかわらず、各店舗とも待ち時間がない。最近よくみかけられる中国や台湾からの観光客もほとんど見られない。

しかも、人気の春木屋は郡山店被災支援のため退店していた。

坂本は岡山県笠岡市にあるラーメン店で、期間限定の出店である。この日は気の毒なほど客が少なく、昼食時にもかかわらず待ち時間どころか空きテーブルが見受けられた。

メニューはしょうゆラーメンと卒業ラーメンの2種類。トッピングができる。

この店の特色の一つはチャーシューに鶏肉を使っていること。通常のしょうゆラーメンは親鳥のチャーシューを使っている。卒業ラーメンはこれにひな鳥のチャーシューと和風の煮干し(瀬戸内のイリコ)の出汁が加わる。

まずしょうゆラーメンであるが、チキンの出汁に濃口のしょうゆをベースにしたスープである。かなり醤油の香りが濃厚で、表面には油がうっすら浮いていて札幌ラーメンのようでもある。しかし、スープは濁っていないものの和歌山ラーメンのようなしょうゆの強い香りが漂う。出汁に雑味がないため透明感のあるスープだが、かなりコクがあり、アミノ酸成分などエキス分がしっかりと感じられる。

DSC01582.jpg

麺は、中細のストレート麺で加水率が低いため、もちもちせずのど越しがスムースで、西日本の醤油豚骨系のラーメンによく見られるタイプである。

トッピングのチャーシューは親鳥のためかなり堅く噛み応えがあるが、味わいは濃厚で、香川県の一鶴の骨付き鳥の親鳥のようなハードな味わいがある。まわりの醤油たれも深い味わいである。

拍子木状の太いメンマもこりっとした食感に、やや甘い醤油たれが浸み出してきて味わいがある。

野菜は青ネギが笠岡ラーメンの特色というが、この店はかなりの量の青ネギを、大きめに斜めに刻んで、ネギの香りが爽やかに漂い、存在感がある。濃厚な醤油出汁に、ネギの青臭さが絶妙にマッチしている。

一方、卒業ラーメンはイリコ出汁の強力な香りとコクが強く主張している。ただ、イリコの処理が良いためだろうが、雑味が少なくきれいな透明感のある魚介風味ラーメンになっているのは注目に値する。醤油ラーメンとは全く異なるラーメンで、出汁はこちらの方が複雑性を感じる。

DSC01583.jpg

チャーシューは雛鳥のチャーシューが加わる。柔らく肉汁がたっぷりで親鳥とは全く食感が異なり、これはこれで美味しく味わえる。しかも2種類の部位がのっている。親鳥ものっているため、それぞれの味わいを比べるのも楽しい。
(残念ながらこの店は4月10日で「卒業」したようです。)

A


関連ランキング:ラーメン | 新横浜駅



テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

tag : 新横浜グルメラーメン博物館坂本笠岡

らーめんの駅 新横浜ラーメン博物館店

新横浜ラーメン博物館の札幌味噌ラーメンの店はいつからか、けやきに代わって駅が入っている。当然だが、定番メニュー味噌ラーメンを注文する。

DSC01535.jpg

麺は中細のやや透明度のある含水量がやや少なめのコシのある麺。ややねじれがあるが、縮れまでには至っていない。

具材はチャーシュー、メンマ(シナチク)、刻んだかなりの量の白ネギ、ほかに挽肉ともやしが炒めて入っているのだが、もやしはかなり少量で発見するのが難しいほど。最近の味噌ラーメンの傾向とは大いに異なる。

DSC01536.jpg

さらに異なるのはスープ。油が2ミリ以上厚くスープ上部を覆っていてその下に通常のスープがあるため、スープは保温されて熱々のまま。これは北海道の自然条件に根差した知恵である。

スープはかなりの濃厚な味噌スープで、しっかりと熟成した味噌を使って味噌の香りが濃厚である。塩分も相当なもので、慣れていないとしょっぱさを強く感じる。

具材のチャーシューとメンマのレベルは高い。

DSC01537.jpg

チャーシューはロースの甘い脂と柔らかい肉本来の肉質でバランスよく、煮こみすぎた柔らかさではなく、ジューシーで肉らしい食感が楽しめる。シナチクは極太、長さもあり、繊維もしっかりで食べ応えがある。

札幌の有名ラーメン店、すみれと純蓮の姉妹店であり、これらの味を踏襲しているため、現代風の味噌ラーメンに見られる野菜やにんにく、荒引き挽肉などの使用は控えられ、やや古典的になりつつある純粋札幌系味噌ラーメンである。

A-


関連ランキング:ラーメン | 新横浜駅



テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

tag : 新横浜グルメ味噌ラーメン札幌ラーメン

くじら軒②

新しいメニューのチャーハンとおすすめメニューの味噌ラーメンを注文する。
チャーハンの具材は海老、チャーシュー、細かく刻んだネギ、かなりの量の卵、細かく刻んだナルト。海老・玉子チャーハンとこったところである。

DSC01446.jpg

炒め具合はパサパサでもねっとりでもない中庸。食感はソフトだが味はしっかりしていて旨味がある。海老はやや大きめの海老が数個、プリプリ感があって美味しい。相当量の細かい卵もソフトでこれも食感が良い。

チャーハンの量はやや多めで、終盤多少飽きてくる。名店くじら軒チャーハンとしては、やや普通の中華料理店のチャーハンに近く、サプライズに乏しい。

スープはラーメンのスープをベースにホウレンソウがのっている。ただ、スープの割る量が少ないためか、かなり味が濃く、しょっぱいので残さざるを得ない。改善を望みたい。

DSC01443.jpg

味噌ラーメンの具材はかなりの量のもやしに白菜、ひき肉、きくらげ、煮玉子。

もやしと白菜、ひき肉が高温のラードで炒められ、シャキシャキした食感にラードの甘い香りが漂う。

味噌スープは白味噌の濃厚な香りが漂うが、スープ自体は濃厚ではない。油やとろみは少なくさらっとしているが、出汁はしっかりとしていてコクや味わいは深い。玉ねぎやキャベツなどの甘い野菜が少なく、味噌も甘味が少ないため、きりっとした透明感のある淡麗なタイプの味噌ラーメンであり、くじら軒の他のメニューと通ずるポリシーの一貫性が感じられる。

DSC01442.jpg

麺は中太の平打ち麺で、他のラーメンなどの麺とは全く異なる。やや捻じれているが、縮れ麺ではない。もちもちした食感にスープの絡みも良くバランスは良い。

メニューの多角化もあり、本来のメニューのラーメンのレベルがやや落ちているのではないかと思われたが、チャーハンはかなりのレベルではあるものの、ややこの店らしい個性に欠けるのが残念なところ。B+

味噌ラーメンは他店にないくじら軒らしさが感じられ、評価したいところだ。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

tag : 港北ニュータウングルメチャーハン味噌ラーメンくじら軒

プロフィール

AUme

Author:AUme
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード