スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RADIKA④

震災後で自粛ムードだが、港北ニュータウンのこの店はほとんど満席で、以前には見かけなかった日本人の男女各1名の接客スタッフが加わっている。

ランチの890円のカレーセットはお得感がある。特に2人以上で行ったときは、2種類のカレーのセットよりも1種類のセットでそれぞれ別のカレーをオーダーした方が量が多くなる。2種類のセットの容器がかなり小さいからである。

本日のカレーはホウレンソウとエリンギのカレー。これとシーフードカレーを注文する。

ホウレンソウとエリンギのカレー。量はたっぷりと金属製容器になみなみと盛られている。色はかなり鮮やかな緑色。ホウレンソウの香りもしっかりとしている。ホウレンソウカレーとしてはかなり粘度が低く、辛さは普通をオーダーしたにもかかわらずかなりのレベル。味はやや塩分が強いがあっさりしている。

DSC01586.jpg

シーフードカレーはトマトベースでやや甘くこってり感がある。タマネギの甘さか、バターチキンに似たようなカレーベース。カルダモンなどの香りもあり、スパイスは複雑性がある。具材のシーフードはエビ、アサリ、イカなどで、エビがぷりぷりしている。

DSC01587.jpg

ナンはもちもちタイプだが、表面のパリッとした食感や香ばしさは今一つ。ライスはターメリックライスでアーモンドスライスがかかっている。

DSC01585.jpg

食後のチャイはマサラチャイで、カルダモンやシナモンの香りがする。

DSC01589.jpg

B+
スポンサーサイト

テーマ : インド・ネパール・パキスタン・バングラデシュ・スリランカ
ジャンル : グルメ

tag : 港北ニュータウングルメ インド料理

ジャイプール②

川崎市宮前区野川にあるインド料理店に再訪。
車で来訪。駐車場は店のビルの横にあるのだが、2台のみのため空くまでかなり待った。自転車で警察官が何度か横の道路を通り過ぎて行ったので、違法駐車は控えたい。

ランチメニューの3種類のカレーのセットを注文する。
カレーはダール(豆)、キーマ、マトンを選択。ほかに、野菜、チキン、バターチキンがある。辛さはマイルド、辛口、大辛、激辛の4段階。中辛がないので辛口を選ぶ。

DSC00534.jpg

辛口はかなり辛い。当然かもしれないが通常の店の辛口相当、あるいはそれ以上である。マイルドとの中間の中辛がほしいところ。ダールは2種類の豆を使っている。チャカ豆というひよこ豆の一種の少し小さい豆とさらに小さいレンズ豆。このためか、豆の味わいが複雑である。かなりの辛さだが、豆の甘さでバランスが取れている。香辛料はコリアンダーの香りがかなり漂う。

DSC00535.jpg

キーマはかなり挽き肉が細かく、ねっとりしている。ややトマト系の酸味と甘みもあるが基本的には濃厚でこってりした食感である。3つの中では最もバランスが良く、洗練されている。

DSC00536.jpg

マトンは肉が実に柔らかくとろけるように煮込まれている。カレーベースは3品の中では粘度は中程度だが、味は一番きりりとした味で、甘みはほとんどなく、フルボディのカレーである。マトン自体の味付けは濃くないので、カレーベースを絡ませるとちょうど良いのだが、カレーベースだけではかなり辛く、しょっぱさもあり、濃厚すぎる。

DSC00537.jpg

3種類のカレーはそれぞれ個性があり、この3種類を選んでも問題はないが、辛さはかなり応える。1品はバターチキンを選ぶのが全体としてのバランスが良いだろう。この店のバターチキンは、かなりスパイシーなうえに、甘さや酸味もほどほどでバランス良く、バターもしつこくない。ランチのセットメニューにバターチキンがあるのは相当のお得感がある。しかも、カレーが1種類なら850円、2種類950円、3種類1050円と格安で、休日にもランチメニューがある。

DSC00533.jpg

ナンは表面がカリッと焼き上げられていて香ばしく、中はもちもち感のある理想的なタイプ。クミンシードが入ったイエローライスも少し付く。

DSC00538.jpg

マサラチャイを食後に飲んだが、芳醇な紅茶にスパイスが濃厚に香り、奥行きのある味わいである。420円のところがランチタイムには150円で味わえ、飲み物はこれに限る。

A-

テーマ : アジアンエスニック
ジャンル : グルメ

RADIKA③


RADIKAに相当久しぶりだが訪れることにする。

この店は土日祝祭日でもランチメニューがあるのが良いところである。ランチメニューにビリアニのランチもあった。オーソドックスなカレーも迷ったが、今日はこれに挑戦することにした。

DSC00254.jpg

ビリアニは日本米による骨なしのチキンビリアニ、バスマティ米による骨付きのチキンビリアニとマトンビリアニの3種類である。なんと890円は、カレーのランチと同じ価格である。スープとライターが付く。

DSC00257.jpg

私は骨付きのチキンビリアニ、連れはボーンレスのチキンビリアニを注文する。

骨付きチキンのビリアニは本格的なスパイスを使っていて、中辛をオーダーしたこともあって、かなりスパイシーで複雑な味わいである。カルダモンなどスパイスがホールのまま使われている。

DSC00259.jpg

ただ、さすがに作り置きのためか、やや干からびた食感で、ぱさぱさ感は否めない骨付きのチキンもジューシーさはなくぱさぱさと乾燥気味である。

日本米の方はトマト風味で、カレースパイスは効いているものの、チキンライスのイメージに近くなっている。

DSC00262.jpg

スープはサラサラのスープで、コーンが入っていて、スパイシーな味付けとなっている。

DSC00260.jpg

ライタはヨーグルトに野菜というよりはスパイスが加えられたイメージである。

DSC00261.jpg

ホットチャイは、マサラティーでかなりスパイスも感じられ、マイルドな香り豊かなものであった。

DSC00263.jpg

本格的な作り方によるビリアニなのだろうが、作り置きではどうしても風味が失われてしまう。しかし890円で高レベルのものを期待するのは無理だろう。

C+

RADIKA インド料理 / 北山田駅

昼総合点★★★★ 4.0


テーマ : アジアンエスニック
ジャンル : グルメ

ゴア

JR横浜線十日市場駅に近いダイエーの隣にあるインド料理店。日曜日に行ったところランチは土日祝日にはなく、平日のみであった。

DSC00088.jpg

店内は店が新しいだけあって、インド風のレリーフなどあるものの、ウッディーな感覚のモダンで快適なインテリアの店内。スタッフは全員インドのネイティブと思われる。

メニューのアラカルトを見るとスナック、グリル、カレーなど豊富なメニューがある。

DSC00077.jpg
DSC00078.jpg
DSC00079.jpg

メニューの内容はLAZEEZやラディカと共通した内容である。

スナックの内容もLAZEEZと似ているが、鴨志田店で注文したヴェジタブルサモサをここでもオーダーする。

カレーは当店一番人気のバターチキンとカシューナッツベースのフィッシュカレーを注文する。

バターチキンはRADIKAと似ていて、トマトの酸味と甘さとコクのあるクリーミーなカレーで、細ねぎとショウガがかかっている。特徴はチキンにある。かなりスパイシーで辛さも訊いた下拵えがなされていて、柔らかく味わいが深い。バターチキンでこれだけチキンがスパイシーなのは珍しい。

DSC00084.jpg

カレーのコクと酸味を伴った甘さとチキンのスパイシーさがバランスよく調和している。

フィッシュカレーは上に粉チーズがまぶされていて、クリームシチューのようなまろやかさとカシューナッツの重厚な風味がある。具材の魚は生のカジキマグロが2切れ入っていて、新鮮でジューシーな食感。マグロによくありがちなぱさぱさ感が全くない。

DSC00085.jpg

サモサはジャガイモ、豆、グリーンピースが入っていて、LAZEEZよりもやや小ぶりの三角錐形だが、豆とジャガイモにひき肉のようなねっとり感があり、カレー風味のスパイシーンな風味とともに食感はよい。

DSC00083.jpg

サフランライスはLAZEEZとほとんど変わらず、ねぎやアーモンドスライスが振り掛けられている。

DSC00086.jpg
マサラティはカルダモンなどの香辛料は控えめであったが、紅茶の香りが豊かでマイルドな風味であった。

DSC00087.jpg

サービスレベルも高く、メニューも豊富で、交通も便利であり、ゆっくりとアラカルトメニューを試してみたい。
A


関連ランキング:インド料理 | 十日市場駅


テーマ : アジアンエスニック
ジャンル : グルメ

tag : インド料理 横浜グルメ 十日市場 横浜線沿線グルメ LAZEEZ

となりのアクバル

インド料理激戦地、田園都市線沿線のあざみ野にある店。となりのたまプラーザにあるアクバルの系列店のため、この名前が付いている。

RIMG0913_20100901104759.jpg

RIMG0912_20100901104833.jpg

日曜はランチがないためディナーと同じセットメニューになる。1500円のセットはお好みのカレー1種類とタンドーリチキン、タンドリープローンが付くという豪華メニュー。

RIMG0905_20100901104759.jpg
RIMG0906.jpg

カレーはバターチキンマサラを選ぶ。プレートにはカレー、タンドリーのほかサラダが付く。

カレーは酸味のあるトマトベースのカレーで、スパイスの使い方は比較的シンプル。かなり甘く、こってりした食感である。甘さに比較してスパイスがシンプルで辛さもほとんどないため、やや単調さを感じる。

RIMG0908_20100901104759.jpg
RIMG0909_20100901104833.jpg

具材はチキンティッカが入っているとのことだが、やや硬めでしっかりした食感。ジューシーさはさほどない。

RIMG0910_20100901104833.jpg

タンドリープローンはかなりの大きさのエビ(たぶんブラックタイガー)で、殻を外してもタンドリー窯の香ばしさとスパイスが感じられ、ぷりぷりしたエビのジューシーな食感あり、今日一番の美味しさである。

RIMG0911_20100901104833.jpg

タンドーリチキンはかなり大きい骨付きの胸肉。表面はエビと同じく香ばしさやスパイシーさが感じられる。しかし、カレーのチキンと同じでやや硬めの胸肉。さらに肉がパサパサと乾燥気味で、喉に詰まりやすく、水が良く減る。

野菜はサニーレタス中心。ライスは日本米を日本風に炊いている。

RIMG0914_20100901104833.jpg
RIMG0915.jpg
ランチタイムであったが、たまプラーザのアクバルとは異なり行列はない。カレーのスパイス使いとバランス、チキンの肉質などの改善によるレベルアップを期待したい。

C+


関連ランキング:インド料理 | あざみ野駅


テーマ : アジアンエスニック
ジャンル : グルメ

tag : インド料理 あざみ野グルメ

プロフィール

AUme

Author:AUme
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。