スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蕎麦小路さわらび

地下鉄半蔵門の駅から近い通りに面した路面店。2人掛けテーブル中心の小ぢんまりした12席の店である。

DSC06274.jpg
厳選されたメニューに天ぷら類はない。旬も終わりつつある炭火焼鴨汁せいろを注文する。

DSC06269.jpg
DSC06267.jpg
DSC06268.jpg
蕎麦茶と刻んだ白ネギが出される。ざるに盛られた蕎麦はほんの少し太めで少し黒みがかった外観。

DSC06272.jpg
エッジがしっかりしていて、硬めでややざらついているが弾力性はあり、信州蕎麦の鄙びたイメージがある。繊細さというよりは水墨画のような侘びと寂の趣がある蕎麦

三つ葉と刻んだユズ。味は濃厚で醤油の風味が強く感じられる。カツオ出汁も濃厚で、繊細さというよりは芳醇で重厚な味わいの鴨汁。

DSC06271.jpg

鴨は4切れ。鴨は炭火でじっくり、ゆっくり焼いて十分に火入れしてあるため、肉が柔らかく、肉汁がジューシーである。

蕎麦湯で汁をのばしても力強い味わいは消えない。蕎麦湯自体はさらさらしたもの。

店主の修業した鎌倉のイメージにふさわしい、都会的な洗練性や繊細さはないが、禅宗的な武家文化を感じさせるような重厚で無骨な蕎麦を出す、雰囲気のある蕎麦店である。

A-


関連ランキング:そば(蕎麦) | 半蔵門駅永田町駅麹町駅



スポンサーサイト

テーマ : うどん・そば
ジャンル : グルメ

tag : 蕎麦 半蔵門グルメ 鴨せいろ

大川や②

九段の蕎麦店の昼の蕎麦定食。

この日のメニューは、炊き合わせが高野豆腐、南瓜、レンコン、インゲン。天ぷらが海老、なす、シシトウ。味ご飯は筍ご飯。蕎麦は温かいかけ蕎麦を選ぶ。

DSC05739.jpg

天ぷらは蕎麦屋の天ぷらとしては、かなりレベルが高い。ふんわり軽く、薄い衣に包まれた新鮮な具材が実に軽やかな味わいである。塩を付けて味わうにふさわしい。

DSC05742.jpg

筍ご飯はひじきもはいっている。筍はまだ出始めのためか、カットも小さかったが、香りは濃厚である。かなり味が薄く、味ご飯とは言えない程度だが、蕎麦と合わせるには良い。ただ、もう少し味があっても良いだろう。

DSC05741.jpg

かけ蕎麦は相変わらず濃厚で上品なミネラル感がある出汁。蕎麦自体はかなり柔らかめである。

DSC05740.jpg

品数はあるが量は控えめで、如何にも体に優しく、エレガントなランチである。

A

テーマ : うどん・そば
ジャンル : グルメ

tag : 九段グルメ 日本そば

大川や

九段の東京家政学院の近くにある蕎麦店。しっとりと落ち着いて上品な店内である。ランチタイムは満席で、数分待ってカウンターの席が空く。

DSC05444.jpg

席はカウンターが5席、4人テーブル4、2人テーブル2という構成。ほとんどの人が食べているのが日替わり御膳で、味飯、小鉢、天ぷら3個、蕎麦という構成で1000円は安い。

DSC05446.jpg

季節メニューと思われる牡蠣そばがテーブルの上に日替わり御膳と一緒にメニューにあるのでこれを注文する。

木製れんげに薬味は刻み葱。

つゆが絶品だ。薄味の醤油、濃厚な出汁は潮の香りがする。カツオ節と昆布による京料理の懐石椀のように上品でミネラル感が濃厚な出汁。具材の三つ葉、ユズ、岩ノリが出汁にほんのりと香りをつけ、遠くの海を感じる。

DSC05447.jpg

ふっくら大粒の牡蠣が3個。上品な味わいの出汁がジューシーな牡蠣に滲みて、牡蠣のエキスと混じり合い旨味が増す。さっとあぶって焦げ目がついたネギが香ばしい。

蕎麦は量が少なめで、これも上品な蕎麦の香りが濃厚な出汁のなかにほのかに漂う。

冷たい蕎麦も食べてみたい。





関連ランキング:そば(蕎麦) | 市ケ谷駅半蔵門駅麹町駅



テーマ : 蕎麦
ジャンル : グルメ

tag : 九段グルメ 蕎麦 牡蠣蕎麦

風來蕎

ミシュラン2年連続一つ星のたまプラーザの住宅街にある蕎麦店。マンションの1階のレストラン街にある。外見は普通の蕎麦店。

DSC05415.jpg

店内はやや暗く、左側に4人掛けのテーブルと長いテーブルが縦に。右側は6人掛けのテーブルが横に配置されている。こちらは横掛けを勧めていたので、相席もあるのだろう。

メニューには冷たいせいろ系の蕎麦と温かい蕎麦がほぼ同数記載されているが、季節メニューは別にカードでいくつかある。このなかで、広島産カキの天せいろと天ぷらそばがあり、カキの天せいろを注文する。連れは牛すじカレー南蛮そばを注文。

DSC05402.jpgDSC05403.jpgDSC05404.jpgDSC05405.jpgDSC05406.jpgDSC05407.jpgDSC05408.jpgDSC05409.jpg

せいろの蕎麦は細く繊細、なめらかで透明感がある。蕎麦の香りが強く感じられる。毎朝、国内産の蕎麦を店内の石臼で製粉しているとのこと。

DSC05413.jpg

つけ汁は上質な鰹節のエレガントな香りが、蕎麦の香りを邪魔しない程度にほのかに感じられる。

牡蠣の天ぷらは大きめのものが1個、小さめのものが2個。これにネギとニンジンの天ぷらが付いている。牡蠣の大きな方はジューシーで熱々。ミルキーで旨味たっぷりの牡蠣汁が口の中に広がる。

DSC05411.jpg

牡蠣は天ぷらネタとしては難しく、天ぷらの技術も上級の天ぷら店ほどのレベルではないためか、衣の食感が今一つ。ただ、ネギがなかなかの美味しさである。

薬味は山葵とねぎ。山葵は少なめ。つゆも少なめで総じて上品なイメージである。

蕎麦湯は蕎麦粉を溶かしているため、かなりとろっとしていたが、蕎麦湯だけで飲んでみると香りが良く、すべて飲み干してしまった。

カレー南蛮の牛すじはトロトロに煮こまれて柔らかい。

DSC05414.jpg

蕎麦汁そのものがカレー南蛮用に独自に作られたもので、蕎麦湯と牛すじの脂でとろみがつけられているようである。甘さが控えめな上品な味で、洋風カレーとも和風カレーとも違う独特のカレー風味である。

カレー南蛮には小さい大根の漬物が付いていた。

メニューには興味をそそられる料理が数多く並べられていて、特に蕎麦メニューにもある鴨の料理が4種類並び、得意としているようだ。一度、味わってみたい。

蕎麦のレベルは高く、料理にも工夫がみられ、また訪れてみたい店である。日本酒は4種類、ワインも種類は少ないがスペインのシャルドネがメニューにある。雰囲気も落ち着いた洗練されたものがある。

ただ、ミシュランの一つ星店としては、蕎麦自体の味はともかく、雰囲気やサービスのレベルに、フランス料理や日本料理の店のそれと比較して、やや違和感がある。ちょっと、しゃれた、こだわりのある蕎麦屋のイメージにも近い。静かな住宅地に立地する蕎麦店の限界なのだろうか。

ミシュランの日本版はフランス料理に関してはかなり厳格な基準があるように思われるが、会席系の料理以外の日本料理については今一つ基準が明確でないように思われる。

A


関連ランキング:そば(蕎麦) | たまプラーザ駅



テーマ : 蕎麦
ジャンル : グルメ

tag : たまプラーザグルメ そば 蕎麦 ミシュラン

おおつか

港北ニュータウンの市営地下鉄センター北駅近く、店名の遺跡横の大塚交差点に近い蕎麦店。最近、港北ニュータウン界隈では蕎麦屋が減少中で、仲町台でも一軒蕎麦屋が見かけなくなり、センター北周辺でもくじら軒の近くの蕎麦屋が閉店したようである。

この店はこの地での営業はかなり長くなっていて、貴重な店である。この日も、休日のためか駐車場は満車で、駐車待ちの車が並んでいる。

DSC02709.jpg

最近、ちょっと気が利いた蕎麦屋で期待するメニューと言えば、穴子天ぷらと鴨であろう。この二つは蕎麦屋の二大メニューとなりつつあるのではないかと思う。鴨はつゆそばの鴨南蛮そばもいいが、つけ汁に鴨とねぎが入っている鴨汁せいろも良い。

さて、この店のメニューを見ると、今日はすべてせいろ系のメニューだけで、温かいつゆそばメニューが紙で隠されている。夏場の限定なのだろうが、逆に冬場はせいろは全くないのかもしれない。

DSC02710.jpg

ただ、鴨せいろはつけ汁に鴨が入っているものではなくて、別皿で鴨の酒蒸しが出るせいろメニューである。

一方、天ぷら系のメニューは天せいろと穴子天せいろがある。迷ったが、二人で鴨せいろと穴子天せいろを注文する。かなりの待ち時間が経過。

蕎麦は極細の平打ち。かなりのコシはしっかりとしているが、やや盛り付けは雑で、水っぽく、麺の幅はかなり不揃いである。しかし、繊細かつ流麗、更科系と思われる白さで、蕎麦の香り豊かで透明感のある麺は相当の感動がある。しかも量はしっかりとあるので、十分に味わうことができる。

鴨は酒蒸しにしてだし汁に付け込んでかなりしっかり味をつけている。白髭ネギが山盛りで、鴨で巻き 、おろし生姜を絡めることを店は推奨しているようであるが、生姜は少なめにした方が良いし、ネギも鴨の香りが消えないように控え目にしたい。

DSC02711.jpg

濃厚なつけ汁は昆布とかつおの出汁だが醤油の香りが特に濃厚で味も濃い。蕎麦に少しつけて食べるのが良い。

穴子の天ぷらはこの日は穴子が小さめなので2個つけたとのこと。そんなに小さくは感じないが、本来の穴子はいかに大きいのだろうか。小さめでもかなり肉厚でしっかりしていた。衣は薄めで魚の味がダイレクトに味わえる。

DSC02712.jpg

野菜もブロッコリー、アスパラ、ナス、カボチャなど、てんぷら専門店の極上のものと比べる意味はないが、蕎麦屋の天ぷらとしてはレベルが相当高い。

ちょっと待たされるのが難点だが、ちょっと足を延ばしても損はない蕎麦屋であるのは間違いない。

A―



関連ランキング:そば(蕎麦) | センター北駅センター南駅


テーマ : 蕎麦屋
ジャンル : グルメ

tag : 港北ニュータウングルメ 蕎麦屋

プロフィール

AUme

Author:AUme
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。