スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍王門

東急田園都市線たまプラーザ駅から商店街を歩いて6分程度、美しが丘公園の近くにある台湾小皿料理の店。台湾の屋台でも食べられそうな、リーズナブルな小皿料理がいくつかある。
ランチは週替わりの定食メニューが揃っていて、休日でも食べられる。

今回は海鮮焼きそばと韮餃子、海老餃子、ちまきを注文する。

海鮮焼きそばは上海焼きそば風の醤油焼きそばで、イカ、ホタテ、海老、青菜のほか海鮮なのに挽肉が入っているのは珍しい。

DSC02694_20130610155905.jpg

麺は平打ちの中太麺、ねっとりした食感は柔らかめの麺とラードの使用によるのだろうか。角切りの大きめのホタテなど海鮮のボリュームもあり、甘さは控えめでしょっぱくもなく、味付けはエレガントである。

せいろで出される点心。韮餃子は、ニラ饅頭の形に近く、韮がジューシーで海老も入っていて、熱々の皮もやわらかく、かなり水準は高い。

DSC02696_20130610155908.jpg

海老餃子も大きめの刻んだ海老がプリプリしていて新鮮な味わい。透明な皮も柔らかさが程よい。

DSC02697_20130610155909.jpg

ちまきは中身のもち米が少なく、具材のボリューム感もないため、平均的な出来である。

DSC02698_20130610155910.jpg
DSC02699_20130610155937.jpg

たまプラーザ駅周辺では、気軽に食事ができる中華料理店として貴重な店である。


龍王門

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:台湾料理 | たまプラーザ駅



スポンサーサイト

テーマ : 中華料理
ジャンル : グルメ

tag : 中華料理 たまプラーザ 台湾小皿料理

獅門酒楼

横浜中華街の大通りと関帝廟通りを結ぶ中山路にある中華料理店。ゴールデンウィークの横浜中華街は観光客で大混雑、中華料理店はどこも満席で有名店では長い行列のできる状態です。この店も3日から5日は満席状態だったそうですが、6日のランチタイムは予約なしに待たずに着席できました。

DSC02324.jpg

中華街の多くの店が1980円食べ放題などの定額メニューやランチ向けの定額コースメニューが、酢豚、八宝菜、エビチリ、エビマヨ、チンジャオロウスー、ホイコーローなど日本独特の定番料理「中華風日本料理」のようなメニューによって構成されています。

そのなかで、創作性の高い季節の素材を使った意欲的なメニューがホームページに掲載されていたので、この店に決定しました。なお、この店のホームページには多くのメニューが写真付きで紹介されています。中華料理店では世界的にもトップレベルのホームページを持つレストランです。
豪華ではないがきれいに整ったダイニングルームです。サービスもかなりレベルの高い方でしょう。グランドメニューのほかに、季節の食材を使ったメニューが別に用意されていますので、こちらも見落とさないように。

DSC02308.jpg

ワインは赤白1種類のグラスワインも用意されていて、白はチリのコノスルのゲヴェルツ・トラミネール・レゼルヴァであったのでこちらを注文しました。このコストパフォーマンスが良くて中華料理に合う、やや甘口のワインを用意しているところは、ワインに詳しい人がいるのでしょうか。ボトルのワインも日本の中華料理としては珍しくかなりの種類が用意されていて、イタリアワインもあります。

DSC02310.jpg
DSC02313.jpg

アラカルトで、皮付き豚ばら肉のパリパリ焼き、茹でワンタンの葱油ソースがけ、海老とマンゴーのサクサク変り揚げ、上海焼きそば(醤油味)の4皿をオーダーしました。

「皮付き豚ばら肉のパリパリ焼き」は香港で食べた広東料理の肉料理が美味しかったので注文しました。皮がパリパリにローストされていましたが、皮の部分が少なく肉はばら肉だけに脂がかなり多く、ちょっとしつこさが気になります。味付けはあっさり広東風で、皮のパリパリ部分が食感ともに本格的でした。

DSC02311.jpg

茹でワンタンの葱油がけは、ワンタンとはいうものの皮が厚めで、もちもち感があり水餃子に近いものです。ひき肉もしっかりと入っていて、熱々でジューシー。下にレタスが敷かれ、葱のほかにシメジが炒められてソースと共にかかっていて、さっぱりした味わいです。

DSC02314.jpg
DSC02316.jpg

海老とマンゴーのサクサク変り揚げは海老とマンゴーと大葉をカダイフで巻いて揚げたもの。サクッと香ばしい食感で、フランス料理やスペイン料理に出されても違和感がない料理です。別皿のソースは甘くピリ辛のマンゴー・チリソースで、たっぷりつけると、味わいが丸くなって美味しく味わえます。

DSC02318.jpg
DSC02320.jpg

上海焼きそばは太めで少し平たい柔らかい麺を使用、ちょっと甘い醤油ソースにオイスターソースのような旨味が出ていて、シンプルで豪華さはないものの、赤ピーマン、青菜、豚肉などの素材の食感とともに、絶妙な醤油ソースの味と麺のねっとりした食感がマッチしています。

DSC02322.jpg

このほかにも、創作レベル高い料理がメニューに満載、シェフの実力のレベルが想像される店です。横浜中華街に限らず、日本の中華料理店は余りにも定番メニューに偏りがちで、呼応旧店を含めて、料理の創作意欲に乏しいのが問題です。そのなかで、獅門酒楼は貴重店と言えるでしょう。外観は地味ですが、また、行ってみたくなるような隠れ家的レストランです。

Aー
獅門酒楼


昼総合点★★★☆☆ 3.9



関連ランキング:広東料理 | 石川町駅日本大通り駅元町・中華街駅


テーマ : 中華料理
ジャンル : グルメ

tag : 中華料理 横浜中華街 広東料理 横浜グルメ

萬珍楼

横浜中華街を代表する名店。エントランスには青森のねぶたのような中華獅子が並んでいる。中に入るとウェイティング・ルームにはゆったりとしたソファがあり、ゴージャスな雰囲気である。昼時を少し過ぎていたためか、ほとんど待たずに席に案内された。

DSC05642.jpg

ダイニングルームは赤を基調としたクラシックな中華風。ゆったりしていて、レトロな豪華さがある。

ランチのコースメニューは2500円からあり、かなり割安感がるが、量が多そうなので、アラカルトから注文する。

チャーシューネギそば1100円と五目焼きそば1300円、それに万泉水餃子800円を注文する。五目焼きそばは麺を揚げ麺と焼き麺から選ぶことができるが、一般的な焼き麺を注文する。

テーブルの上には絵柄の美しい大皿が並べられている。

まず、チャーシューネギそばが運ばれる。取り分けて食べたいと言うと、係の女性が器を持ってきて、綺麗に取り分けてくれた。プロの技は素晴らしい。

DSC05638.jpg

やや甘めの上品なコクのある醤油味のスープ。スープだけでも楽しめる味わい。かなりの量の細切りのチャーシューは敢えて味を控えめにした料理用のチャーシューと思われる。ネギは香りがある。麺はやや細めの中華麺で繊細で流麗な感じ。

五目焼きそばは、エビ、イカ、豚肉、白菜、タケノコ、キクラゲ、ニンジン、チンゲンサイといった定番の具材が入っている。すべての具材がそれぞれに美しく揃えて、きれいに取り分け皿に盛りつけてくれた。とろみの付いた餡はこれもやや甘く、味はコクがある。麺に餡が絡んで香ばしく美味しい。

DSC05641.jpg

水餃子は10個以上あってボリューム感がある。もちもちした厚めの皮。餡はかなりニンニクが効いていて熱々のときは肉汁が良く出て美味しい。

DSC05639.jpg

料理のレベルは高級店としては水準以上で、サービスレベルはかなり高く、高級な雰囲気の割に価格は意外に安いので中華街ではトップレベルのお薦めの店である。

A


関連ランキング:広東料理 | 日本大通り駅石川町駅元町・中華街駅


テーマ : 中華料理
ジャンル : グルメ

tag : 横浜中華街 萬珍楼 広東料理

中華彩園

港北ニュータウン、センター北の天啓があった場所に最近オープンした中華料理店。天啓が駅前のヨツバコに移転した後にそのままオープンした。

カフェのような、喫茶店のようなシンプルな店内。店の中央になぜか空きスペースがある。窓際にカウンター席があるので一人でもOKだ。

ファミレス風の写真付きメニューには、チンジャオロースや黒酢酢豚、五目チャーハンなどの中華料理の代表的な品々が並ぶ。驚いたことにすべて安い。五目焼きそばが何と590円。坦々麺も590円。価格から見て大きな期待はできないが、これらを注文することにした。

DSC05530.jpg
DSC05531.jpg

五目そばはいわゆる餡かけ焼きそばで、海老、イカ、ウズラ、白菜、青梗菜、タケノコなどの海鮮と野菜の具材が、しょうゆ風味にとろみをつけて炒められた典型的中華餡かけ焼きそばだ。野菜のシャキシャキ感もあり、海鮮もジューシーで、麺も香ばしく焼きあがり餡が良く絡んでなかなかの味わいである。

DSC05532.jpg

坦々麺も白ゴマ風味の典型的四川風汁坦々麺。ひき肉、白髪ねぎや青梗菜などの標準的な具材が入っていて、スープもほどほどに刺激的で、出汁に深みが感じられる。穴あきレンゲも供され、本格的。

DSC05533.jpg

価格はいわゆる街の中華料理店以下の水準だが、料理は特別のサプライズはなく極めてオーソドックスではあるものの、調理レベルは高級中華レストランの平均以上の出来だ。驚異的なCPの良さがであり、サービスレベルも中華街の一般店よりもはるかに高い。他のメニューもぜひ試してみたい。なお、ららぽーと横浜と都筑阪急に惣菜店を出している。

B+

テーマ : 中華料理
ジャンル : グルメ

tag : 港北ニュータウングルメ 中華料理 センター北

天啓②

港北ニュータウン、センター北の阪急の北にあった天啓が、センター北駅前に新しくできた商業ビルのヨツバコに移転したので早速行ってみた。

DSC05521.jpg

9階のレストランフロア、南側に大きく窓が開かれた明るいダイニングルームは快適だ。ラチのメニューにAランチ1680円とBランチ2100円にスペシャルランチ2940円(料理7品)がある。AとBの違いは食材のほか、Bランチには副菜が付くこと。

2人の場合はAとBをそれぞれ注文するのが良い。サラダ、スープ、ライス、デザート2種がそれぞれに付く。

この日のAランチはイベリコ豚と2種金針菜の腐乳炒め。Bランチは車海老、ホタテ、文甲イカと中国サラミの塩炒めで、副菜が当初の痲婆豆腐から「海老のパン挟み揚げオレンジマヨネーズソース」に変わったとのことであった。

スープは干しエビ、溶き卵、チャーシュー、野菜の入ったトマトスープで、干しエビの香ばしさと旨味が濃厚に抽出され、複雑な味わいだった。

DSC05524.jpg

イベリコ豚は柔らかくてジューシー。腐乳は豆鼓の入った味噌のようで、やや甘い味がイベリコ豚によく馴染む。

DSC05523.jpg

サラダはレタス、紫キャベツ、ベビーリーフ、パプリカなどで、柚子の入った醤油味で和風のドレッシングに近い。

DSC05522.jpg

海老の挟み揚げは2個付く。海老のマヨネーズ炒めのような甘くフルーティな風味。

DSC05525.jpg

車海老、ホタテ、イカの中では車海老が肉厚でボリューム感がある。イカも肉厚だが新鮮さは普通。ホタテは柔らかくジューシー。味付けは上品で広東料理らしい繊細さがある。特に旨いのは中国サラミ。油が甘くて五香粉などの香辛料が効いていて肉汁が複雑な味わいだ。

DSC05526.jpg

デザートはタピオカミルクとクルミ揚げ。クルミがサクサクで良い食感。ココナツミルクも味が濃い。

DSC05527.jpg

港北ニュータウンのランチでは最高レベルの店の一つである。
Aー

テーマ : 中華料理
ジャンル : グルメ

tag : 港北ニュータウングルメ 中華料理

プロフィール

AUme

Author:AUme
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。