スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Le-bard

DSC02448.jpg

四ツ谷駅近くの新宿通りに面した雑居ビルの3階にある洋風の鶏料理の店。狭い階段又はエレベーターで3階に行く。やや歴史を感じるインテリア、パブのような雑然とした雰囲気が漂う。

DSC02441.jpg
ランチは1,000円以下のメニューが並ぶ。安いものは750円から。日替わりのプレートがあり、この日は大山鶏のロースト、エスニックソース、アスパラとホウレンソウ添え。
飲み物付いてくるが、なんとマンゴー、グァバのジュースやコーヒー(ホット、アイス)のほかに、グラスワイン(赤、白)も選択可能で、赤ワインを選ぶ。

DSC02442.jpg

大山鶏のローストはパリッとして香ばしく焼かれている。肉厚でないため、ジューシー感は少ないが硬くはなく、味わいはある。

DSC02444.jpg

エスニックソースは醤油系のバーベキューソースだが、やや酸味も感じられる。

付け合わせの野菜はアスパラとホウレンソウのソテー。炒め具合は新鮮さを感じるほど良い程度。ジャガイモは少し冷めていた。サニーレタスなどのグリーンサラダも盛られる。

スープはさらっとしたクリームスープ。

ライスは玄米入りのご飯で、やや硬めのパスタ感覚のライスである。エスニックソースを混ぜると味が深まる。量もほどほどで良い。

赤ワインはスペイン産でグラスには通常のグラスワインの量が注がれていた。甘みは少なく酸味と渋みがほどほどにあり、果実味も豊富なワインで、ランチの食中酒としてはミドルボディでバランスが程良いオーガニックワイン。

デザートはカシスのジュレが付いた。

DSC02446.jpg
やや古びた雰囲気やランチタイムも喫煙可といった問題もあるが、950円にしては重くなく野菜も豊富で、健康的で充実したランチと言える。





関連ランキング:洋食 | 四ツ谷駅四谷三丁目駅麹町駅


スポンサーサイト

テーマ : 地産レストラン
ジャンル : グルメ

tag : 四ツ谷グルメ 鶏料理 洋食

新東京土産「東京昆布巻き押し鮨」

鳥取県米子市に本社を置く株式会社米吾により「東京昆布巻き押し鮨」が発売される。米五が従来販売してきた、吾左衛門鮓は米子市の駅弁として米子駅の駅弁として人気を集め、全国の駅弁大会では定番商品となるなど、年間売上65万食という大型商品である。

DSC00425.jpg

この「吾左衛門鮓」は肉厚のジューシーな鯖の押し鮨を北海道函館産の真昆布でくるんだもので、昆布の旨味とさばの熟成した味わいがバランスよく調和した、全国でも有数の郷土寿司として、数ある鯖押し寿司の中では全国トップレベルの逸品である。

DSC00428.jpg

今回、発売されることになった「東京昆布巻き押し鮨」ではこの「吾左衛門鮓」をベースに新開発されたもので、塩で食べるという新しい提案がなされている。たしかに、天ぷらや焼き肉を塩で食べるように、醤油で食べるよりも、塩で食べた方が、新鮮な鯖の脂の甘さや昆布のまろやかな旨味などの素材のもつ質感を舌で直接味わうことが可能になる。

DSC00403.jpg

この鮨に添付される旨塩はこの鮨のためにゼロから新たに開発されたもので、隠岐の海水を煮詰めてつくられた塩に、クマ笹のエキスが入っている笹塩とゆずの香りが豊かなゆず塩の2種類が添付されている。

DSC00431.jpg

この巻き押し鮨は熟成解凍という特許製法により、酸の鋭角性が消えまろやかに素材に広がっているため、素材の持つ旨味が、質の高いミネラル豊富なこれらの天然塩によりさらに増幅されて感じられる。

DSC00410.jpg

鮨飯は鳥取県産ヤマヒカリを使用。鮨の押し具合が程よいレベルのため、ご飯が圧縮されすぎず、一粒一粒の選ばれた米の持っている炊き上がりの質感が感じられる。酢の加減も鯖と同様に甘すぎずることもなく、酸っぱすぎることもなく、具材との一体感が感じられる。

DSC00404.jpg

今後、11月から東京駅や日本橋三越、三越銀座店、羽田空港第一ターミナルなどで発売される予定で、いつでも「東京の味」として味わうことができるようになったのは、鯖寿司ファンとしては朗報である。

テーマ : お寿司
ジャンル : グルメ

tag : 鯖鮨 鯖押し鮨 昆布巻押し寿司 米吾

嘉賓②

四ツ谷の中華料理店を再訪。ランチの定食の3番、茹で餃子と豚肉入りお粥(800円)を注文する。

茹で餃子はなぜか写真入りメニューでは水餃子となっているが、同じものだろう。単品では4個400円、8個800円だからお得メニューではある。

DSC00355.jpg

かなりしっかりと茹でられていて、皮がややワンタン状で少し水っぽい。形状は普通の焼き餃子に近く中程度の大きさ。餡はニラが多く、ニラの青々とした香りがいっぱいに広がる。ニンニクはほとんど感じられない。たれは小皿に出される。やや甘い醤油ベースのたれ。

DSC00357.jpg

お粥は淡い味付けの出汁で煮込まれたお粥で、柔らかい豚肉が数切れ入っている。ゴマ油の香りがほのかにして、千切りのショウガも少し香る。

茹で餃子と合わせるとランチとしては量も適量で、お粥と牡蠣油そばのセットよりは栄養バランスが良いだろう。カレーライスもメニューにあるので、次回は挑戦してみたい。
B-

テーマ : 中華料理
ジャンル : グルメ

tag : 四ツ谷グルメ 中華料理 広東料理

かわかみ

市ヶ谷駅から麹町方面に坂を登ったところにある街の中華料理店。
ジャンボ餃子(570円)が有名だが、毎週水曜日には半額になる。丸イスとテーブルの狭い店内は客であふれているが、行列に並ぶ時間はほとんどなく、回転が良いようである。

DSC00279.jpg

餃子(すべてジャンボ餃子)6個と半ライスを注文する。

DSC00278.jpg

餃子は大きいがよくあるジャンボ餃子のように皮が厚くはなく、通常の薄さ。だから食べやすい。ただ、焼き餃子の焦げ目のパリパリ感ななく、こんがりと焼き色はしっかりついているが少し柔らかい。中からは熱々の肉汁がじゅわっと溢れ、肉の旨味が広がる。

DSC00277.jpg

餡の具材はキャベツなどの野菜中心で、細かくカットされているため、しゃきしゃきというより、とろっとした食感に近い。ほんのりニンニクが感じられるが、全体的にソフトな味付けで、卓上のラー油や酢を好みに合わせて調整して食べることができる。

6個は半ライスと組み合わせれば、ちょうど良い分量で昼食としては適量。これが水曜日は400円で食べられるから混雑するのは当然だろう。B級グルメとして割り切って食べると満足度は高い。
B-


関連ランキング:ラーメン | 市ケ谷駅麹町駅四ツ谷駅


テーマ : 中華料理
ジャンル : グルメ

バインセオサイゴン

有楽町イトシア地下1階にあるベトナム屋台料理店。

DSC00275.jpg

ランチメニューに日替わりベトナム屋台定食(1000円)があるので、これを注文する。日替わりのベトナム料理から2種類選ぶことができる。

DSC00264.jpg

この日はカレーがチキンカレー、春雨サラダなども気になったが、ナスと豚肉の炒めとチキンカレーを選ぶ。

DSC00267.jpg

スープはキャベツのスープでトマトも入っていた。チキンの出汁で野菜の成分が溶け込んだまろやかなスープで、全く辛くはなく、甘みと旨味があって健康的なイメージである。

DSC00269.jpg

ナスの炒め物は屋台料理で作り置きのためか、やや冷めていたのが残念である。屋台料理とはいえ、ナスの炒め物は熱々でジューシーなものが良い。

DSC00271.jpg

チキンカレーは甘くクリーミーなオレンジ色のカレーでかなり味がしっかりしている。もう少しでしょっぱさが気になるくらい味が濃厚で、タイカレーのレッドカレーに似ているが、トウガラシの辛みやココナツの風味は控えめで、甘さと木の実系スパイスが前面に出ている。

DSC00268.jpg

チキンはしっかりと煮込まれていて、かなり柔らかく、味も浸みている。

ご飯は黒米と白米のハーフ&ハーフ。
DSC00270.jpg

デザートはタピオカとサツマイモの粥のような甘い煮込みデザート。

DSC00272.jpg

場所柄1000円のランチはやむを得ないところだが、フォーのセットの方が良いかもしれない。
B-


関連ランキング:ベトナム料理 | 有楽町駅銀座駅銀座一丁目駅


テーマ : アジアンエスニック
ジャンル : グルメ

tag : 有楽町グルメ ベトナム料理 屋台料理

プロフィール

AUme

Author:AUme
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。