スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リゾートレストランラグーン 横浜関内店

かつてRAMAIがあった横浜公園近くのビルの地下に、ほとんど居ぬきで入ったスープカレー店。インテリアはインドネシアのバリ調のRAMAIのものとほとんど同じである。

店内は休日のランチタイムだがかなり閑散としている。

メニューやシステムもRAMAIとほぼ同じだが、メニューは少し絞り込まれているようだ。定番のチキンを選ぶ。骨付きチキンと野菜の入ったメニュー。ライスは100グラム単位。最小のSSは100グラム。バランス悪いがスープは大盛り(無料)に。

辛さは中辛の3番。辛味好きにはやや物足りないかもしれないが、バランス的にはちょうど良かった。

DSC06880.jpg

スープはかなりこってり感があり、鶏がら以外にフォンドボー系の欧風スープが入っているようだ。甘さと酸味が感じられ、細く刻んだ玉ねぎやトマトも風味を添え、少しとろっとした食感が欧風カレーを思わせる。スパイスはかなり濃厚で、スパイス粉のざらついた食感もある。焦がしバジルも相当量浮いている。

DSC06881.jpg

骨付きチキン以外に野菜など8種類の具材がトッピングされていた。レンコン2個、ピーマン、かぼちゃ、ニンジン2個、アスパラガス2本、ジャガイモ2個、ナス、ゆで卵とスープカレーの定番具材はほとんどそろっている。「野菜」になるとこれにオクラ、水菜、コーン、キャベツが付くが水菜とコーンはなくても良さそうだ。

DSC06882.jpg

チキンはとろとろと煮込まれているが、肉質はふつうである。

野菜の調理レベルは平均的で、アスパラやレンコンはやや茹で過ぎ。ニンジンは甘さが足りない。ナス、ピーマンはまずまず。ジャガイモの皮つきは香りがあってホクホク感がよい。


RAMAIに比べて野菜の調理レベルは劣るものの、スープのレベルは高く、スープカレーファンなら、この店を一度訪れても損はないだろう。

B+



関連ランキング:スープカレー | 日本大通り駅関内駅馬車道駅


スポンサーサイト

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

tag : スープカレー 横浜グルメ 関内グルメ

ハンジロウ③

東急東横線綱島駅前から日吉方面に歩いてわずかなところにあるこの店は、関東を代表する正統派の札幌スープカレーの店である。

RIMG0319.jpg
RIMG0318.jpg

すでに3回目の訪問。休日の昼時だが、暑さでスープカレーは敬遠されているためか、行列もなく待たずに案内される。

RIMG0317_20100706143841.jpg

今月のスープカレーも気になったが、札幌から戻って最初の店であり、本場との比較の意味から、定番メニューのチキン野菜スープカレー(1300円)を注文する。辛さは中辛の2番、ライスは少なめ(150g)、そしてここがとても重要なのだがスープは大盛り(+200円)にする。

RIMG0318.jpg
RIMG0313_20100706143841.jpg

スープは豚骨、鶏ガラ、香味野菜、果物によるブラウン色の西欧風のスープ。久留米あたりのこってり系の豚骨ラーメンのように、ややとろみが感じられるくらいにトロっとした濃厚な動物系の出汁成分が抽出されていて、濃厚でオイリーなうまみがある。トマトなどの野菜の酸味や果物の甘さも感じられるが、酸味は比較的少なく、しょっぱさも少なく、味付けは薄味である。

RIMG0315_20100706143841.jpg

一方、香辛料はかなり濃厚で、香味野菜のハーブ系の香りのほか、バジル、褐色や薄茶色の西欧系のスパイスが目にも見えるくらい惜しみなく大量に投入され、濃厚で芳醇な香りと辛さを醸し出している。

野菜は素揚げのレベルが高いのが特色である。かぼちゃは大きく薄くカットされたものが1枚素揚げされているが、かなりの薄さだが甘さとホクホク感が強く感じられる。ジャガイモは丸ごと1個素揚げされているが、表面はカリッとしながら、中はジューシーでもちもち感がある。

ナスは皮の一部を縦に剝いたもの縦にカットして、さらに斜めに包丁を入れて素揚げしているため、相当油を吸ってジューシーであるが、かなり熱いので食べる際には注意を要する。

ブロッコリーの素揚げはやや焦がして香ばしさを出している。オクラはやや揚げ過ぎで色が変わっていたが、さっと茹でたほうがいいのではないだろうか。ピーマンもしゃきっとしている。

ニンジンは茹でてあり、柔らかくて甘い。ヤングコーンも香ばしい。

ゆで玉子はしっかりと茹でたものがハーフ、良くスープに絡ませて食べたい。

RIMG0316.jpg

チキンは骨つきのモモでかなり大きくボリュームがある。このため、肉がパサパサにならずにジューシーで完成度が高い。味付けはないため、玉子と同様しっかりとスープに絡めさせて味わう必要がある。

ライスには野沢菜漬がのっている。

RIMG0314_20100706143841.jpg

この店の最大の問題はスープの量である。こってり、トロっとしたスープであり、味がやや薄めということもあって、具材にしっかりと絡めて食べる方が味わいは豊かになる。ライスもスープに絡めて食べると、具材の多いメニューの場合、スープが不足しがちである。特に、ライスを大盛りにする場合は、スープ不足が必至である。

そこで、チキン野菜スープカレーなどの具材の種類の多いメニューやライス大盛りを注文する場合は、スープ大盛りをお勧めしたい

一回り大きな容器で提供されることになる。しかし、ライスを少なめにしたにもかかわらず、スープは余らず、ギリギリの量であった。さらさらスープではありえないことであるが、具材の種類の多いメニューでは店としてもデフォルトでスープを増量することを期待したい。

スープカレーのハンジロー (スープカレー / 綱島)
★★★★ 4.5


テーマ : スープカレー
ジャンル : グルメ

tag : スープカレー 横浜グルメ 東横沿線

らっきょ(横浜)

横浜関内馬車道に2軒スープカレー店が並んでいるが、そのうち海岸よりがこの店。札幌の琴似にあるらっきょの支援を受けて、いわゆる暖簾分けをしたようであるが、経営上はらっきょグループの有限会社スパイス・ゴーゴーからは独立しているため、東京らっきょブラザースのようにらっきょグループのホームページには掲載されていない。

RIMG0838.jpg

カウンターだけの店で、日曜日の昼はさすがに込んでいて、少し外で待つ。

RIMG0843_20100426130518.jpg

メニューはかなり豊富な種類があるがチキン(900円)がベースのようである。チキンに付く野菜は少ないようなので、ベジタブルにチキンをトッピングする。辛さ1から5まで無料で、大辛の3を選ぶ。この店はスープカレー点では珍しいライスは別料金(250円)の店である。

RIMG0839.jpg

野菜は、基本野菜のじゃがいも、ニンジン、ピーマンに「野菜」ではブロッコリー、カリフラワー、オクラ、アスパラ、レンコンと茹で玉子半分が付く。

スープはイエロー・ブラウンのスープで、鶏ガラとトンコツなどの動物系のスープ、油も浮いているが、比較的あっさりしている。香辛料はルーカレーに良くあるガラムマサラ中心で、札幌ではひげ男爵に似たタイプ。ややバジルなどの西洋系のハーブの香りはあるが、スパイスのレベルは強くはなく、あっさりしている。

RIMG0841.jpg

辛さは3でもさほど辛くはなく、中辛程度。辛さ耐性の強い人は強めの辛さの選択が良い。しょっぱさはなく、旨味やコクもあり、最後まで飽きが来ることはない。

じゃがいもは皮つきでやや柔らかいが香りは良い。ニンジンは茹でてあるが、甘みはあり、まあまあといったところ。ピーマンは素揚げかあるいはさっと湯を通したのか、新鮮な香りと食感である。

問題は、アスパラとオクラで明らかに茹ですぎ。色も失われ、しんなり柔らかくて食感も悪い。レンコン、ブロッコリー、カリフラワーも少し茹ですぎ。

チキンは400円高めのこともあって、大きめで、スープにさほど煮込んでいないためか、柔らかいがジューシーで食べごたえはある。

スープの量はたっぷりあり、ライスとのバランスも良い。

価格がやや高めの店であることを考慮しても、平均以上の純粋札幌系の正統派のスープカレー店である。野菜の調理レベルをもう少し高めることと、スープの複雑性をもう少し高めるといいのではないか。
B―

テーマ : スープカレー
ジャンル : グルメ

tag : スープカレー 横浜グルメ

RAMAI 横浜スタジアム前店

この横浜スタジアムに近い、関内駅の近くの店は、横浜スープカレーファンには貴重な店である。今日は、野菜カレー(980円)の豚しゃぶしゃぶ(ブヒッ)(250円)をトッピング。「ブヒッ」だけでもよいのだが、これにはジャガイモが付いてこない。

RIMG0596_20100328001556.jpg
RIMG0597_20100328001556.jpg
RIMG0598_20100328001556.jpg


ジャガイモは「野菜」カレーでないと付かない。スープはココナッツのトッピング(50円)がある。強弱選べるが強にする。スープは大盛りも無料なので、ぜひ大盛りを。

RIMG0601_20100328001555.jpg


 この店のスープは比較的あっさりのコクあるタイプで、スパイスは濃厚。ココナッツ・トッピングになるとこれがまろやかさを増す。スパイス、特にハーブ系が濃厚であり、粗挽きスパイスが相当量含まれるため、かなりざらついた感触がスープにあるが、脂っこさやこってり感はない。そのため、大盛りでも最後まで飽きの来ないスープであり、やや酸味と甘みもあるため、かなり辛めでも複雑性がある。
 
 ココナッツはかなり香りが豊かで、札幌西区のLEGONのココナッツスープの香りと匹敵するバランスの良さがある。辛さレベルは、中辛から辛口に至る6から8程度がお勧めである。辛さは卓上調味料でも調整可能。

 野菜は、前回も良かったがアスパラガスが2本分カットされていて合計4個、太めでジューシーである。年間通じてこのレベルを維持しているのは仕入れを含めて素晴らしい。オクラもジューシーで2個入る。ジャガイモ、ピーマン、サツマイモ、ナスが1個ずつ素揚げでレベルは高い。ニンジンは固茹で。レンコンも茹でてあり、かなり厚みがあってよい。キャベツは茹でてスープベースに入っていて、甘みを出している。水菜が大量にまぶしてあるが、これは必要ない。生の葉物はスープカレーには合わない。

 豚しゃぶしゃぶは、スープが絡みやすいので肉系の具材としてはお勧めではないかと思う。

 もともとレベルが高い店だが、ココナッツ・トッピングは特にお勧め。A

RIMG0602_20100328001555.jpg

テーマ : スープカレー
ジャンル : グルメ

tag : スープカレー 横浜

札幌スープカリーアナンダ

横浜駅から歩いて5分、橋を2回わたってたどり着く。札幌系のスープカレーの中ではさらさら薬膳系のスープで、ややクラシカルなスタイルの店である。
スープカレーのほかに、分類上は焼きカレーに属するキーマカリーが用意されていてかなり人気がある。
スープカレーはチキンが900円、野菜が1100円とかなり野菜が高価。チキン&野菜はないため、野菜にチキンをトッピングすると1550円と相当高価になる。
さらっとした薄味の出汁のスープにかなり濃厚な薬膳系のスパイスが入っているため、漢方薬膳系のスパイスをストレートに味わうことができる。辛さ3番の普通でも相当に辛く、他店ではこの程度のものを辛口といっているところもあるので注意を要する。辛さは3番では黒コショウなどピぺリン系の辛さが中心で、かなり爽快感のある清冽な辛さであるが、4番以上から激辛スパイスが加わるというから、相当に強力なカプサイシン系(ピッキーヌは別に用意されている)のスパイスが加わるのだろう。
野菜は9種類、ナスは素揚げ、レンコン、ブロッコリー、カリフラワー、かぼちゃ、ピーマン(緑、赤、黄)、しめじ、ニンジン、ジャガイモが加わる。ほとんど茹でてあると思われるが、じゃがいもは小さいが丸ごと、他は2きれずつ入っていて、ボリューム感がある。野菜の質も新鮮でレベルが高く、高価なのもうなずける。チキンはもも肉のロースト(200g)で、表面に焦げ目があり、しっかりとした食感と旨味がありこれもよい。
スープはもう少し旨味があればいいのだが、具材の量の割にはスープも十分にあり、スープがあっさりしてるため、もたれるようなことはなく、薬膳風味の健康的なスープカレーである。
野菜及びチキン&野菜の価格がもう少し安ければ良いのだが。Aー

RIMG0208_20100126101759.jpgRIMG0209_20100126101759.jpgRIMG0210_20100126101758.jpgRIMG0212_20100126101758.jpgRIMG0216_20100126101858.jpgRIMG0217_20100126101858.jpgRIMG0218_20100126101857.jpgRIMG0221_20100126101857.jpg







テーマ : スープカレー
ジャンル : グルメ

プロフィール

AUme

Author:AUme
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。