スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グランプリシリーズロシア大会2

コーチをシーズン途中に変えるのはむずかしいがどうする?判断できる人間がいるのか。問題はそこにある。
それから男子の問題を指摘したいのだけれど、小塚はよかったし、プルシェンコは、もっとできるかもしれないけれど素晴らしかった。、ぐらいにとりあえずしておく。
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

グランプリシリーズ ロシア大会

一番心配していたことが起きた。浅田真央である。フランス大会の失敗は精神的なものである。公式練習や直前の6分間練習では降りていたトリプルアクセルができなかった。それは精神的なものである。にもかかわらず、タラソワはエキジビションのフィナーレに出席させず、ただちに飛行機でモスクワにやり、猛特訓を行った。3回転ジャンプのメニューが限られている浅田には、トリプルアクセルの成功が極めて重要である。それは精神的なものの影響が大きい。
そのためには、優勝の際に予定されていた、一日のオフを実現し、気分転換を行うべきであった。結局、フランス大会の失敗の気分をそのまま引きずってしまったのが敗因である。たとえ、本人が練習したいと言っても休ませるのがコーチの正しい判断である。間違った判断をしたタラソワ(チーム)の責任は大きい。
逆に、今回評価を高めたのはニコライ・モロゾフである。フランスの織田に続いて、安藤の優勝を果たした。これは偶然ではない。ニコライは選手との共生型のコーチである。安藤のわがままを良く耐えながら聞いて直前の演目変更まで行った。モーツアルトのレクイエムに変更。コスチュームが届いたのも2日前。よく間に合ったものだ。
昨シーズンの東日本選手権にニコライは来ていた。彼はフットワークが良い。安藤の到着を外で携帯を片手に待ちわびるニコライの姿がそこにあった。札幌の月寒体育館に安藤を急きょ呼んで猛特訓を行ったのである。安藤のわがままが表向きには目立つが、実は二人は相互信頼でかなりレベルを上げている。織田も初めてのシーズンだがうまくいっているようだ。
コーチと選手は信頼関係と共生の相互作用、コミュニケーションが重要である。

tag : フィギュアスケート ロシア 安藤美姫 グランプリシリーズ 浅田真央

アジョワン③

今日は、ビーフを注文する。1180円とやや高め。しかし、ビーフがこの店では一番コストパフォーマンスに優れているように思われる。
ビーフのカレーは、カレーベースのスープで煮込んだビーフが4切れ入っている。部位はロースなのか、甘い柔らかな脂身の混じったとろとろの肉にスープが絡み、味わい豊かである。スープがよく染み込み、スープのだしと肉のうまみが同じため、全体のインパクトが大きいものとなっている。スープはアルペンジローほどの酸味、甘味、複雑さはないが、西欧風の肉系スープに共通するうまみは十分に感じられる。特に、ビーフとの相性が良い。
スープと具材が良くなじんでいるため、スープの量も他のものよりは多く感じられ、他の具材で感じられるものたりなさはない。間違いなく当店ではビーフがお勧めである。野菜はじゃがいも、にんじん、インゲンで、特にじゃがいもの風味が際立っていた。
RIMG0041.jpg

テーマ : スープカレー
ジャンル : グルメ

札幌ドミニカ銀座店③

今回は、黒スープのポークの3番(1100円)
黒スープは、豚骨ということだが、旨味のあるさらさら系のスープで、コリアンダーなどのインドカレー系のスパイスが濃厚に入っており、かなりエスニックでスパイシーさがあるスープ。しょっぱさが少し気になる。
野菜は水菜、ニンジン、なす、ヤングコーン、オクラ、レンコンで、レンコンはシャキシャキ、ナスも油が染みて甘かったが、全体に小ぶりにカットされているため、特に強い印象に残ったものはなく、平均水準。豚肉はバラ肉ということだが、赤身系の部位も混じった角煮が数切れ入っていてバランス良く、しつこさはないが特にうまみも感じられなかった。
この店では、フライヤー、スープ鍋のほか、複数のコンロで片手鍋を同時並行的に調理しているため、それぞれの具材の調理レベルは高いものが感じられる。ただ、今回の黒スープのポークに関して言えば、野菜とポークの具材が小ぶりのカットでスープの中を泳いでいる状態であり、盛りつけの印象やバランスが良くない。メニューにあるゆで玉子、ピーマンも入っていなかったことが彩りを悪くしている。スープも具材に絡みにくいため、スープが余りがちとなりバランスを欠いている。

テーマ : スープカレー
ジャンル : グルメ

グランプリシリーズ・フランス大会2

誰も指摘はないだろうが、中野友加里のフランス大会3位は素晴らしい快挙であることを指摘しておく。コストナーやキャロライン・ジャンに勝ったのだ。しかも条件は肩の負傷(亜脱臼)で痛々しいテープングの最悪に近いなかである。売りのドーナツスピンはいま一つだったが、ジャンプはまあまあよかった。ベストで臨めれば、あと20点くらいはいけるだろう。明らかに成長していることがうかがわれた。それにしても、キム・ヨナはうますぎる。
あと、楽しみは、高橋大輔と鈴木明子である。


テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

tag : フィギュアスケート

グランプリシリーズ・フランス大会

浅田真央にほとんどの関心はいっているけれど、タラソワがコーチである以上これ以上無理だと思う。タラソワのコーチのもと浅田は成功例が極めて少ないことをまず、指摘しておく。とくに、今回、一般に言われているように、,ラフマニノフの「鐘」は重すぎる。去年からのハチャトリアンも引き続き深刻さ感じられる一方で、浅田の持ち味を殺している。浅田には、もっと軽快な曲が向いている。かつての浅田のジュニア時代に見られたような自由闊達な伸びやかさが最近はない。それに比べて、カナダ人をコーチとしてるキム・ヨナの演技は自由奔放なプレイを楽しんでいる風情がうかがわれる。とくに、妖艶な007も然りである。キム・ヨナは確実に演技の幅が広がっている。それは、人間としての幅ともいえる。
浅田には、むしろ織田のチャップリンのような軽快さがほしい。
ややもすると、本番で重くなりがちな日本人には軽さが重要である。
ルッツが苦手な浅田にはトリプルアクセルを決めるしかない。しかし、それが後半のダブル・アクセルにまで影響するのは別の要因としか思えない。
いずれにせよ、タラソワは重すぎる。
タラソワは一時代を画したコーチであるが、オールドファッションである。しかも女子には向いていないのではないか。意見をください。
今でも遅くはない。真央からタラソワを外すべきである。賛成者は拍手をクリックしてください。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

tag : フィギュアスケート

アルペンジロー

横浜伊勢崎長者町の店。スープカレー店というよりはステーキハウスのようなオープンキチンで、カウンター席には個別にスタンドライトがありムードのあるゴージャスな雰囲気。通常のスープカレー店では見られないような、おしぼりの封を開けてくれたり、紙エプロンではない布の前掛けが備えられるなど、さりげなく高いレベルのサービスが提供される。
メニューはサーロインステーキ、和牛、チキンなど肉中心のカレーメニューだが、野菜や海鮮、イカ丸ごとなどもある。肉はローストのほかに和牛煮込みもある。今回は、ロースト系の横浜豚のカレーにする。
かなりの時間、待たされて出される料理は取っ手付きの小鍋で出されるカレーと、大きな皿、飯盒で出だされるライスで構成される。ホームページによると「仕込み始めてからお客さのお口に入るまで丸七日たくさんの野菜と十四種類のスパイス、鶏ガラ、牛スジ肉ヨーグルト等の旨味が濃縮されています」とのことだが、濃い褐色で洋風のフォン・ド・ボーのような凝縮感があるスープだが、比較的さらさらでさわやかな酸味がありこってり感がない。野菜やヨーグルトなどの甘味と白ワインのようなかなりの酸味が複雑に絡み合い、奥が深く、スープの量も比較的多いが、最後まで飽きが来ない。スパイスはエスニック感が少なく西欧風で、辛さは中級のアイガーでも控えめであるため、多くのスープカレーファンは上級のエベレスト以上でも大丈夫だろう。
野菜はジャガイモ、ニンジン、インゲンが入っているが、煮崩れしていないのは蒸してあるためだろうか。自然な食感であるが、特ににんじんは素材の自然の甘さが濃厚である。ジャガイモはもっちり、しっかりして風味がある。
肉はスープとともに、フライパンで一つ一つステーキと同様に火を入れて調理される。肉はしっかりと叩かれたうえ、塩、にんにく等でしっかりと味が施され、それ自体、料理として完成され、スープと絡めなくても味わいがある。横浜豚は肉質がしっかりしていてコクがある。スープは肉と独立して調理されているため、肉の表面の調味料のスープへの影響はなく、スープの味はしょっぱくなく、程よいレベルである。このため、酸味のあるスープには好みもあろうが、最後までスープとして味わえる。なお、横浜なのでカレーをライスにかけて食べている人が多く見られたが、札幌のスープカレーのように、スプーンに入れたライスにスープを浸して食べると、ストレスなくおいしく食べられる。
野菜カレーには、さらに、カリフラワー、キャベツ、カボチャなどの野菜が加えられていたようである。
総じて、スープカレーとしてもスープや野菜のレベルの高さから満足度は高いが、スープカレーの伴った肉料理のレストランとしても満足できると思われる。高価なメニューとして和牛のステーキやコースメニューもあり、雰囲気もいいので、一度、夜にワインを合わせてゆっくり楽しみたい。

RIMG0029.jpgRIMG0030.jpgRIMG0031.jpgRIMG0032.jpgRIMG0033.jpg

テーマ : スープカレー
ジャンル : グルメ

tag : スープカレー 横浜グルメ 関内 伊勢崎長者町

ハンジロー②

綱島スープカレーの名店ハンジローに再訪しました。今回は三種のキノコの鹿児島産黒豚肉巻スープカレーをオーダーしました。やや高めの1500円。辛さは3。ホームページによると具材は黒豚ロース、キノコ三種、サツマイモスティック、フライドオニオン、フランスパン、クレソン、人参、じゃがいも、ピーマン、ゆで玉子とのことです。キノコはエリンギとエノキともう一つはシメジだろうか。エノキが二つあったような気がしました。オーブンで焼き上げたそうで、豚肉ロールが一つの料理として完成されていました。クレソンやフランスパンも添えれていて、ブラウン系のソースを和えればフランス料理としてブルゴーニュ産の赤ワインを合わせたくなるような一品です。基本野菜の、にんじん、ジャガイモ、ピーマンは相変らすレベルの高い調理ですが、揚げジャガイモは外はカリっと揚げられていたが、中は少し崩れていました。(しかし、おいしかった。)サツマイモスティックは芋かりん糖に近いレベルにカリカリで香ばしさと甘さがありました。栗も入っていて季節を感じさせられました。大きな器で出されてきたこともあり、ライスを少なめにしてもスープの量が少なく感じられたのが残念です。トマト系のこってり濃厚スープ、焦がしバジルをはじめとするハーブなど濃厚スパイスのしっかりとしたスープですが、複雑な味で飽きがこないため、量は多めにあってもいいのではないかと思います。辛さはスープベースが甘いため、3でもさほど辛くは感じられません。相方はきのこと野菜の煮込みスープでしたが、野菜が小さくカットされすぎて、十分に楽しめなかったようです。野菜好きは通常の野菜のカレーにした方が無難でしょう。A
RIMG0014_20091012174606.jpgRIMG0016_20091012174627.jpgRIMG0017.jpg

スープカレーのハンジロー (スープカレー / 綱島)
★★★★ 4.5




テーマ : スープカレー
ジャンル : グルメ

tag : スープカレー 綱島

中国家庭料理 YI-CHANG②

新横浜 YI-CHANGに再訪です。今日は、前回しょっぱかった坦々麺は避けて、つけ麺にしました。酸味のある辛子味噌スープは味わいがあります。やや太めの平打ち麺に味付ひき肉、ナッツ等の香味、刻みねぎがかけられています。ただ、辛さやスパイシーさを含めて全体的にインパクトが弱く感じられました。具もひき肉以外はほとんどありませんでした。麺自体は以前と変わらず中華料理としては生き生きとしたものだと思います。相方の注文した白坦々麺はとてもしょっぱくて喉が渇いたとのことで、前回から改善はされず、むしろ悪化したのではないかと思われます。客も他に1組だけで激減しているのではないかと思われます。早く改善しないと大変なことになるのではないかと心配です。
C
RIMG0011_20091012113626.jpgRIMG0012_20091012113709.jpgRIMG0013_20091012113738.jpg

テーマ : 中華料理
ジャンル : グルメ

tag : 新横浜 坦々麺

四谷精肉店

オーストリア遠征のため、久しぶりのスープカレーである。JR四ツ谷駅近く、しんみち通りの串焼きなど肉中心の居酒屋が、ランチ限定でスープカレーを出している。豚骨と鶏がらを12時間煮込んだ「肉屋のスープカレー」がウリ。しかし肉なしの彩り野菜のカレー850円を注文する。濃いブラウンのスープはトロっとしていて、タマネギなどの野菜をすりおろして入れていると思われる。しかし、こってり感はなく、やや酸味と甘みがあるが、かなりしょっぱい。皿は深くなく、スープの量が少ないため、ライスに比べてスープが足りなくなりバランスが悪い。
スパイシーさや辛さは普通で、特に突出したスパイスはなく、やや中華系やエスニック系のハーブの香りもあるが、全体的に個性は希薄である。
野菜はなすとズッキーニが角切りで入っていて、ジャガイモ、カボチャ、ニンジン。パプリカの定番野菜に、水菜と千切り揚げ玉ねぎが振りかけられている。じゃがいも、かぼちゃなどの野菜は標準以上で甘さがあったが、なすとズッキーニは素揚げされていないためか、甘さが足りない。水菜はしょっぱめのスープと絡まりすぎてしまう。
居酒屋のランチとしてはやむを得ないが、札幌系のスープカレーとはかなりレベルに差がある。トロッとしたスープカレーも悪くはないが、札幌市北区のGLOBULE当たりのレベルを目指してほしい。C-
RIMG0001_20091012105557.jpgRIMG0002.jpgRIMG0003_20091012105556.jpgRIMG0004_20091012105556.jpg

テーマ : スープカレー
ジャンル : グルメ

tag : スープカレー 四谷

プロフィール

AUme

Author:AUme
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。