スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本フィギュア

いやいや大変な戦いでしたね。とにかく、世界メダル候補が4人いるのに枠は3人ということ。安藤は決まってしまっているので、あと3人でした。浅田はタチアナがいないので伸び伸びと演技でいたけれどいま一つでした。でも基礎力の違いとスポンサーがあるからね。あとの3人の違いはほとんどなっくなってきました。
まず、SP。今回は国内大会のため、男女ともに採点が甘さが目立ちました。5点から10点くらいは高すぎる。世界はもっと厳しいでしょう。男子は無風で予想通りの3人がオリンピック行きでした。高橋は良くなってきているが点数は出過ぎ。織田は良くなかったし、小塚はここにきてどうしたんだろう。
それ以上に問題は女子。今回の選手権は誰も言わないし、注目もされていないが、冷静に見て今井遥がかなり良かった。
問題は、オリンピックに中野と鈴木をどうするかでした。
中野は優勝であれば自動決定なのだけれど、中野優勝で2位鈴木、3位浅田とか、浅田優勝でも2位中野、3位鈴木とか。
今回、鈴木が最終組第5滑走、今季、くじ運に恵まれてきた鈴木もついに運に見放されたと誰もが(一部のマニアだけだが。)思ったに違いない。中野が190点台の高得点、鈴木の2位はあり得ないだろうと誰もが思った瞬間、変な転倒はあったものの(ジャンプの後でちょっとラッキー)、SBの超高得点だった。あの滑走順や状況であの演技は評価したい。多分、スポンサーが絡む浅田よりも客観的には上だったのでは。何よりも安心したのはJSUだろう。
中野は温情により世界選手権に振り分けされた。オリンピックの夢は消えたようだが、中野には世界チャンピオンになって雪辱を果たしてほしい。
オリンピックは安定しているうえ、毎回レベルが上がっている鈴木が有力ではないかと思う。あまり騒がれていないし、トヨタとか大手のスポンサーが付いていないのがいいのではないか。浅田真央は、オリンピックにタラソワが来る。タラソワを克服することが最大の課題だ。
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

ジャスミンタイ④

ランチの鶏肉のバジル炒めライス、当店のランチの看板メニューであり、タイ料理の代表的メニュー、ガバオライスである。注文すると1分後には早くもサービスされる。少し冷めていたのは作り置きしているため。屋台料理だから作り置きしているものをサービスするのが通常かもしれないが、やはり熱々をいただきたい。目玉焼きをとろけさせながら食べると味わいがあるのだが、超粗挽きの鶏肉は、ジューシーさはあるが、ややスパイシーさが物足りないのはこれが本場の味なのだろうか。パクチーが香る鶏挽肉入りスープは出汁が出ていて野菜がおいしい。

ジャスミンタイ 四谷店 (タイ料理 / 四ツ谷、四谷三丁目、曙橋)
★★★★ 4.0


テーマ : アジアンエスニック
ジャンル : グルメ

tag : タイ料理 四ツ谷グルメ

アルピノ

日吉のイタリアンカフェ。昼時は行列ができるほどの人気店。1050円からのパスタランチにはサラダが付く。カウンターの大量の客をオープンキッチンで実に手際よく調理し、サービスする。夜は高価なメニューになるが、昼は割安感がある。パスタは超ハイレベルではないものの、このお値段としては相当にレベルが高い。

テーマ : イタリアン
ジャンル : グルメ

tag : イタリアン カフェ

ハマトラ

日吉のラーメン店。イカスミ麺が特色。内装は、椅子を含めて、建築現場のように鉄筋が張り巡らされた感じの店。塩系統のラーメンとしょうゆ系統のラーメンがある。塩系はあさっり魚介系で、くじら軒や中村屋のスープに近く揚げにんにく、トウガラシが浮く。中国系の香草が塊となっているが、かなり個性があるので、好みに応じて溶かして食べればよい。チャーシューは鶏肉を使う。イカスミ麺は中太でコシがある。塩系のスープにはもう少し細い麺の方が相性が良いのではないか。エビそばも塩ベースだが、海老にはぷりぷり感がある。しょうゆ系スープでは、魚粉、カツオ出汁の香りがあるが、やや一般的。つけ麺もある。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

バロッサ

池袋駅東口から徒歩15分とかなり離れたところにあり、地下鉄有楽町線東池袋駅からも10分程度かかるところにあるが、店の前は行列が出来ている。バロッサという店名は南オーストラリア州のアデレード郊外のワイン産地、バロッサ・バレーに由来するようで、店の外や店内にはブドウの絵や装飾が施されている。
ランチのメニューには、パスタランチやハンバーグランチなどがあるが、客の多くはカレーランチを食べている。カレーランチはチキンカレー、野菜カレー、ヘルシーカレー(牛タンと豆腐の入ったカレー)、魚カレーの4種類で、いずれも1000円。ランチにはサラダとコーヒーなどの飲み物が付き、割安感がある。野菜カレーには半熟卵が付くが、他のカレーは100円でトッピング可能。いずれも辛口のカレーである。
今日は野菜カレーを注文する。カレーは熱々が蓋つきの土鍋に入って出される。スープカレーと称してはいないが、実際はスープカレー。しかし、札幌系のスープカレーとは違って、野菜は小さくカットされ、スプーンとは別にレードルが添えられており、皿のライスにかけて食べることが予定されているようである。スープは薄茶色で白濁していて、ココナツ風味でやや甘みもあるが、辛さもかなり強く、汗をかく程度。かなりスパイシーで舌にざらざらと感じる程度に濃厚なスパイスが使われている。カレーの具材はジャガイモ、ナス、オクラ、キャベツ、玉ねぎ、シメジ、スープカレーでは珍しいマッシュルーム。いずれも新鮮だが、オクラが特に味わいがあった。サラダのレタスもフォークが刺さる程度に新鮮でしゃきしゃき感があった。
スープカレー専門店ではないこともあって、辛さレベル、トッピング、ライスの量などは選べないが(ライスはお替り自由)、スープカレーのレベルは高く、バランスもよい。テーブルには灰皿がセットされ、ランチタイムも含め喫煙可である点と、ライスがやや雑然と盛られているのが唯一難点。A


テーマ : スープカレー
ジャンル : グルメ

tag : スープカレー 池袋グルメ 池袋

リトルインディア

四ツ谷駅近くで配っていたチラシにひかれて店に入る。四ツ谷インド料理店。Aランチ(935円)は4種類のカレーの中から2種類選ぶ。チキンのホウレンソウカレーとシーフードのトマトベースカレーを選ぶ。サラダと飲み物(コーヒーまたはミルクティー)が付く。カレーは両方ともクリーミーなカレー。チキンのホウレンソウカレーはかなり辛いが、なぜか味が薄い。よくありがちなしょっぱさがないのはいいのだが、甘さ、酸っぱさ、コクもなく、辛さだけが残るため、味のないホウレンソウクリームだけが印象に残る。チキンもあっさりした味。スパイシーさもあまりない。シーフードのトマトベースは、具は海老だけで、エビカレーといった方がふさわしい。こちらはトマトの酸味と甘さに多少しょっぱさもあり、辛さはほとんどなく、スパイシーさもほとんどないが、バランスは良い。2種類のカレーで935円、飲み物付きはかなり安い方だが、最近オープンしたインド料理店のカレーの完成度のレベルに比べると、やや違いを感じる。C

テーマ : アジアンエスニック
ジャンル : グルメ

tag : インド料理店 カレー 四ツ谷

ジャスミンタイ 四谷店③

12月1日からランチメニューが変わりました。今まで、1200円のメニューは蟹のカレー炒めとエビのココナツカレーが毎日あったのが、蟹のカレー炒めとシーフードカレーのどちらか1種類と、木曜日は豚足煮込みライス、金曜日はエビのココナツカレーになっています。他の950円のメニューはほとんどく変わっていなようです。
今日はタイ風焼きそばを注文。いわゆるパッタイと言われている料理です。ビーフンに干しエビ、ピーナッツ、豆腐、もやし、ニラなどがやや甘酸っぱく炒められています。生のもやしとにらも添えられています。全体に薄味で上品な味付け、ビーフンは細めでねっとりしていて、パクチーも入っていないので、あっさりと食べやすくなっています。エスニック好きにはやや物足りないかもしれません。スープは白菜を中心とした野菜のスープで、これも上品でニンジンなど野菜たっぷりで健康的。小鉢の豆腐もさっぱりとしていて、ショウガがそえられている程度で、従来のサラダのような辛みはありません。以前にも増して、世界の料理の潮流に沿って、野菜などの素材を中心に健康的に味わえる店となっているようです。

テーマ : アジアンエスニック
ジャンル : グルメ

tag : タイ料理 四谷

プロフィール

AUme

Author:AUme
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。