スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和食ダイニング直心

ランチの定食で、お薦め刺身盛り合わせ(900円)がある。ヘルシーそうなので今回はこれを注文する。

刺身は4種類、ハタ、鯵、バカガイ、ミズダコ。

DSC02694.jpg

ハタが肉厚で淡白でジューシーな食感が上品である。ミズダコもジューシーで新鮮。バカガイはコリコリした新鮮な食感。鯵はちょっと少なめなのが残念である。

味噌汁は大根とわかめで、出汁も含めてあっさりしているが、刺身があっさりしているためか、あまり気にならなかった。

DSC02693.jpg

ご飯も新潟産コシヒカリが今回はふっくらしていて美味しかった。

刺身4種、それぞれ全く異なる魚種で、新鮮な900円の定食は、健康にも財布にも悪くない。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
四ツ谷しんみち通りにある和食ダイニング。元々は赤と黒のしゃれたインテリアデザインの居酒屋だったのだろうが、年数がたっているためか、焼酎の一升瓶などが置かれ、やや雑然とした感がある。

ランチタイムはOLなどでかなり賑わっている。定食は魚メニュー中心で、界隈の店に比べてやや高めの設定だが、雰囲気は普通の居酒屋よりも高級感がある。

DSC02671.jpg
DSC02673.jpg

今日は、銀だら西京焼きの定食を注文。小鉢と味噌汁と漬物が付く。西京焼きは脂がのった銀だらがなかなか美味しいうえに、やや甘めの合わせ味噌も上品で良い。大根おろしとふき味噌が添えられているが、ふき味噌はかなり濃い味付けだが、ご飯にのせて食べるとちょうど良い。

DSC02676.jpg

一方、味噌汁はモヤシが入っているが、やや出汁が薄いうえに、味も薄いため、全体にただ薄いだけの味噌汁となっている。

逆に、ホウレン草の卵とじは味がかなり濃くて、野菜の香りが感じられない。

DSC02674.jpg

問題はご飯で、硬めに炊かれているうえに、表面が少し乾いているため、米のおいしさが感じられない。昼の和食の定食では、ご飯の位置づけが大きい。魚料理のレベルが高いだけに残念である。

C+


関連ランキング:居酒屋 | 四ツ谷駅四谷三丁目駅麹町駅


スポンサーサイト

テーマ : 和食
ジャンル : グルメ

tag : 四ツ谷グルメ 魚定食 刺身定食

ソラノイロ

季節限定メニューである夏のグリーンベジ冷麺(1000円)を注文する。

DSC02702.jpg

浅めの器に盛られたグリーンの麺は、ラーメンというよりはアルデンテに茹であげられた、しっかりした食感の極細パスタである。極めて繊細なイメージで、イタリアのパスタに良くあるようなオリーブ練り込みにしては、かなりグリーンの色が濃い。

DSC02701.jpg

野菜はアイスプラント(プッチーナ)、つまみな、しそ、グリーントマト、ズッキーニのほか鶏むねチャーシューと味付け玉子と自販機に貼られたPOPに記載されている。

アイスプラントは塩味のする野菜として注目されているが、野菜らしくない野性的な食感が魅力的。カイワレのようにも見える小さな葉物野菜はつまみなであっさりしている。

ズッキーニは一部ピクルスを使っていて、酸味がさわやか。グリーンベジを名乗るだけグリーンの野菜へのこだわりは相当なものである。

味付け玉子は味が付きすぎず、上品な味わいである。鶏むねチャーシューもソフトで繊細かつジューシーである。

スープの外観は青汁のようなグリーンのスープだが、フレッシュな酸味とオリーブのようなグリーンのハーブ香が清々しい。

残念なのは、スープの温度がやや高めなところで、スープを固めた氷が入っているが、それでももう少し冷えていた方が引き締まった食感となるだろう。

全体のボリュームもヘルシーさや女性を意識しているためか、ベジそばと同様にやや控えめなので、ガッツリ食べたい向きは注意を要する。

A
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
真夏のような梅雨の谷間の昼時、10人以上の行列ができている。女性客が8割以上。

今日は、テレビ等で話題のベジそばを注文する。

白い器に透明なレンゲ、スープは鮮やかなオレンジ色で、おしゃれな彩りはラーメンというよりはパスタのイメージである。麺はかなりの平打ち中細のオレンジ色の麺で、しっかりした食感は完全に生パスタのイメージ。ニンジンが練りこまれているようである。

DSC02700.jpg

スープはラーメンのスープというよりは野菜スープで、これもすりおろしたニンジンが鮮やかに見える。ただ、最近一部で見かけるトマト系のラーメンとは異なり、酸味は少ない。野菜の甘い旨味がメインに出ているが、中華そばと同様にチキンベースの出汁がやや平板的である。丼ぶりの淵に添えられている柚子胡椒を入れると奥行きのある味になる。

具材は、その名の通り野菜中心で、茹でたブロッコリーとジャガイモ、パプリカ、千切りの生キャベツだが、全般に小さいカットでややインパクトが弱いが、ジャガイモは茹で加減が良く、味わいがあった。チャーシューは豚モモ肉の脂のない部位だがジューシーで健康的なイメージである。

従来なかった味わいで、全くラーメンとは異なる麺料理といった方が良いだろう。全体のまとまりは良いのだが、ややボリューム感とインパクトに欠けるのが残念である。

B+
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
地下鉄麹町駅近くの平河町に新たにオープンしたラーメン店。マスコミにも取り上げられ、オープン1週間にもかかわらず、店の前には長い行列ができている。

DSC02695.jpg

メニューは多数あり、野菜仕立てのベジそばや夏の季節アイテム冷やしそばも気になるところだが、基本の中華そば(750円)を券売機で購入。行列途中から買いに行く人が多いが、券購入のタイミングのルールを決めてもらいたいところである。

深い円錐をひっくり返したような丼ぶりでラーメンが出された。具材はチャーシュー2枚、大きめの海苔が2枚、大きくカットされたシナチク、刻み白ネギなど。

DSC02698.jpg

麺はやや平打ちのストレートな細麺でかなり珍しい。弾力がある、しこしこと硬めの食感は心地よい。かなり研究されている。

出汁はチキンがベースに魚介系の味わいが感じられる。雑味がなく透明感のある綺麗な出汁でかなりまろやかである。ニンニクや焦がしネギが入っているが、出汁がきれいすぎて丸く平板的な印象で、もう少し立体感があって良いと思う。くじら軒ではトウガラシによりアクセントをつけているが、卓上にはペッパーミルに黒コショウが入っているので、これを少し入れた方が良いだろう。

それにしても、もう少し何かがほしいところで、余りにもレベルが高い出汁でありながら、難しいところである。

具材はどれもレベルが高く、海苔は厚手で香りが豊か。拍子木のようなシナチクは醤油出汁がジューシーで繊維がしっかりしていて、存在感がある。

チャーシューも醤油出汁ベースのバラ肉の煮豚だが、繊維や脂がしっかりしているため、食感も良く、味付けも程よいレベル。ただ、やや平均的で個性は控えめである。

総じてラーメンを研究し尽くした人が作っている優等生的ラーメンだが、今一つきれいすぎてインパクトが今一つなのが気になるところである。

A-



関連ランキング:ラーメン | 麹町駅半蔵門駅永田町駅



テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

tag : 麹町グルメ ラーメン ベジそば

カイジKaiji

地下鉄有楽町線麹町駅に近いイタリア料理店。

DSC02658.jpg

禁煙か喫煙を聞かれ、禁煙と答えると地下の席を案内される。かなり広い地下のダイニングルームは一昔前のレストランのイメージだが、テーブルは昼食時半分弱が埋まっている程度。

ランチにはスパゲッティのほか、カレーやステーキなどの洋食系のメニューがある。かなり安い。日替わりパスタはベーコンと竹の子のスパゲティだが、最もシンプルでベーシックと思われる、ベーコンとホウレン草のスパゲッティを注文する。800円はかなり安い。ランチのドリンクはプラス100円。

DSC02657.jpg

まずサラダとパンが出される。サラダはレタスとコーンが中心。チーズ入りのイタリアンドレッシング。バターは給食で出されるような一個一個包装されているもので、レストランでは珍しい。

DSC02655.jpg

スパゲティは茹で上げをホウレン草、ベーコンにオリーブ油、にんにく、唐辛子をからめてフライパンで調理したいわゆるアーリオ・オーリオ・ペペロンチーノで、茹で方は普通のレベル。ニンニクは控えめで、唐辛子は大きくカットされたものが2個入っている。

DSC02656.jpg
塩加減や火の通り具合は良いのだが、ベーコンが今一つのためか、旨味がソースに十分に染み出ておらず、余りにもシンプルな洋食店のスパゲティといったイメージである。

C+


関連ランキング:イタリアン | 麹町駅半蔵門駅市ケ谷駅


テーマ : イタリアン
ジャンル : グルメ

tag : 麹町グルメ イタリア料理

サロン・ド・カッパ SALON DE KAPPA

有楽町線麹町駅に近いイタリア料理店だが、ランチタイムは欧風カレーの専門店になる。

DSC02544.jpg

昼時、店内は混んでいて、オープンエアのテラス席に案内される。

この日は定番とメニューに記載されているビーフカレー(750円)を注文する。
カレーは大皿にライスと一緒に盛り込まれるワンプレートのカレーライスタイプである。ジャガイモやサラダなどは付かないシンプルな一皿。

カレーはかなり濃いブラウンで、カレーというよりはビーフシチューのイメージである。

カレーソースは油分が比較的少なく、牛などによる濃厚なフォンをベースに、かなり濃厚な野菜やフルールに由来する甘さとコショウなどによる程よい辛さ、多様なハーブや欧風のスパイスが感じられ、凝縮感があるソースである。

DSC02542.jpg

肉は牛ヒレ肉の大きな塊が一つ。肉は柔らかく煮込まれているので、スプーンで崩してカレーソースをからめて食べる。かなり肉の味がしっかりとしていてコクがある。この肉にはバターの風味が感じられる。

付け合わせにはキャベツのピクルスが付く。

750円という定食店並みの価格であるが、完成度はかなり高い欧風カレーである。

A


関連ランキング:欧風カレー | 麹町駅半蔵門駅永田町駅



テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

tag : 欧風カレー 麹町グルメ カレー

桃李天下

麹町のオフィスビルの地下食堂街にある中華料理店。大型店だが昼食の時間帯は大変混んでいる。ダークブラウンのシックなインテリアであるが、ランチの価格はリーズバブルで、大衆的中華料理店のメニューが揃っている。

DSC02539.jpg

お粥セット(850円)を注文する。

内容は豚挽肉入り玉子とじのお粥に、点心(肉シューマイ3個)と杏仁豆腐、ザーサイが付く。

DSC02534.jpg

豚挽肉入りの粥は程よい味付けである。ただ、肉のうまみと玉子の甘さはさほど感じられず、出汁もやや人工的な旨味を感じる。

DSC02535.jpg

シューマイは具材のボリュームはあるが、やや蒸しすぎで皮がビロビロしているのが残念なところである。上に海老がのっている。

DSC02537.jpg

杏仁豆腐はアーモンドなどの香ばしさが感じられない。

ザーサイは平均以上の味である。

DSC02538.jpg

大型店としての雰囲気はとても良く、店の活気もあるのだが、料理が雰囲気に追い付いていない印象で、残念である。

C+


関連ランキング:上海料理 | 麹町駅四ツ谷駅半蔵門駅


テーマ : 中華料理
ジャンル : グルメ

tag : 中華料理 四ツ谷グルメ 麹町グルメ

DiVino

千代田区二番町、地下鉄有楽町線麹町駅近く、ベルギー大使館のビルの向かいにあるイタリア料理店。

道路に面したテラス席が広く、室内はカウンター席が多いがテーブル席もある。

DSC02530.jpg

ランチタイムには手軽にランチが楽しめる。パスタのランチはAがオイルベース、Bがトマトベースでいずれも1200円。緑のサラダが付く。ウニを使ったパスタは1500円。A又はBに前菜盛り合わせが加わると1500円。メインまで加わったコースは2500円とリーズナブルな価格設定ですべてのランチに飲み物が付く。プラス200円でグラスワインも可能である。

DSC02522.jpg

この日はベーシックなAの烏賊とフレッシュトマト、ホウレン草のオーリオ スパゲティーニを選択。飲み物はエスプレッソを。

緑のサラダはリーフレタスのミックスで、ヴィネガーがしっかり効いたドレッシングと粉チーズがかかっている。

DSC02524.jpg

このパスタは烏賊がミンチ状に調理され、烏賊の旨味成分の抽出に重点が置かれているようで、確かに烏賊の旨味と香りが凝縮された濃厚なソースがスパゲティに絡まっている。

DSC02525.jpg

スパゲティは最近一部のイタリア料理店で見かける硬めのアルデンテではなく、ほどほどの茹で具合、塩とペペロンチーノ(トウガラシ)をしっかりと効かせ、アーリオ(ニンニク)を控えて、オリーブ油も少なめで、エレガントな正統派のイタリアンである。パンのカットが付くがこちらは普通レベルである。

DSC02528.jpg

エスプレッソは香りが豊かである。

B+


関連ランキング:イタリアン | 麹町駅四ツ谷駅半蔵門駅


テーマ : イタリアン
ジャンル : グルメ

同源楼四川小吃

赤坂一ツ木通りの四川料理の名店、同源楼の1階に姉妹店の四川小吃が開店した。メニューはほぼ同源楼と同じ。早速入ってみた。

DSC02487.jpg
DSC02486.jpg

野菜の定食は安いが店の実力が出る。炒めものは中華料理では調理人の腕の見せ所である、ベーシックな技術の差が如実に表れるからだ。

DSC02478.jpg

この日は、ジャガイモと赤・青2種類のピーマンの酸辣炒め。

この店、原則として相席はないようである。二人掛けの小テーブルを配置した成果である。その代り長居はできない。待っている人がいると追い出される。それでも進歩ではないかと思う。

DSC02481.jpg

小鉢で運ばれてくるのは、ブロッコリー、大豆、ニンジン、木耳の和え物。茹でた食材を八角の入ったスパイシーなたれで和えたものだが、野菜のシャキシャキ感が素晴らしい。あと瓜の醤油漬け。

メインの野菜だが、ジャガイモの千切りの炒め加減が絶品である。量は膨大なものでウサギのエサ状態だが、酢と大量に入っている干した赤トウガラシのカットによる辛さ、にんにくのスライスと塩によるシンプルな味と香りなど、絶妙な調理の水準が高い。

DSC02484.jpg

赤唐辛子は食べてはいけないが、カットが大きいため除けることは可能。

スープは豆腐と玉子に冬瓜が少し入っていてオーソドックスな味わいだが、熱々で食べられたのはこの系列店のなかで貴重である。

DSC02482.jpg

デザートは杏仁豆腐だが相変わらずレベルが高い。

DSC02485.jpg

同源楼系列店としてはサービスレベルが高くて、料理の水準は同じで待ち時間は今のところ短いから、当面はここがお勧めである。

A


関連ランキング:四川料理 | 赤坂見附駅赤坂駅永田町駅


テーマ : 中華料理
ジャンル : グルメ

旭川らあめん こもり

予定通り、カレー味噌ラーメン(670円)に挑戦。自動的に麺は中太麺に変わる。この麺が生き生きして弾力性があり、細麺とは全く異なるレベルの高さで、同じラーメン店とは思えない味である。

具材はもやしが入るがシャキシャキ感があり、麺とモヤシがほぼ同じ太さということもあり、実に食感のバランスが良い。

DSC02492.jpg

スープはカレーがかなり濃い味で、味噌の味をはるかに上回っている。カレーは特に個性はないものの、かなりスパイシーで辛さもある。味噌は控えめでしょっぱすぎず、カレーを引き立てているので、喉が乾くこともなくてよい。

柔らかくて脂身が多いチャーシューもカレーが濃いので、さほどに気にならず、醤油ラーメンとは全く異なるイメージのラーメンとなっている。

圧倒的にこちらがお勧めである。B+

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
四ツ谷のしんみち通りのラーメン店。店頭の券売機で食券を買って、狭い通路のような店内へ入っていく。

ラーメンはまずは旭川ラーメンではベーシックな醤油ラーメンに。620円はかなり安い。旭川でもこんなに安くはないのでは。

醤油らあめんはかなり濃い褐色のスープ。魚介系のスープでかなりカツオ節などの香りが濃厚である。豚骨醤油のこってりベースのスープは旭川ラーメンの特色を表している。ただ、食事が進むつれて、スープの魚介の香りが消えていって、スープのコクや旨味が感じられなくなる。どうやら仕上げに魚粉をかけて魚の香りを出しているようで、スープ自体の出汁が弱いようである。味はやや濃いめの醤油味である。

DSC02477.jpg

麺は細麺のちぢれ麺。ややコシが弱く、今一つイキの良さが感じられず、力が弱いイメージの麺である。

具材はチャーシュー3枚に海苔、刻みネギ。チャーシュー3枚を売り物にしているようだ。豚バラ肉のチーシューは、豚の独特の香りが強く、かなり煮込んであるためか、肉がとろとろですぐちぎれた。脂は多め、味も濃いめでこってり感がある。

全体に麺やスープを通じて濃いめでこってりなイメージの割には、出汁や麺に力強さが感じられず、無理に味を作っているようでバランスが今一つである。旭川ラーメンの雰囲気が良く出ているだけに惜しいところである。カレー味噌ラーメンも食べてみたい。

C+


関連ランキング:ラーメン | 四ツ谷駅四谷三丁目駅曙橋駅


テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

tag : 四ツ谷グルメ 旭川ラーメン ラーメン

プロフィール

AUme

Author:AUme
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。