スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めん徳 二代目 つじ田 麹町店

前日までの蒸し暑さがウソのような肌寒い一日、ラーメンが食べたくなって、麹町のつじ田に行ってみると3人しか並んでいなかったので行列に加わる。直後、団体がやってきて長い行列に。オーソドックスにラーメン(750円)を券売機で買って注文する。

圧倒的につけ麺を注文している人が多いようで、200gと300gを選べるのだが、300gを注文している人が多いようだ。

ラーメンの具材はチャーシュー、メンマ、海苔とシンプルで、刻みネギがかっている。

DSC02861.jpg

麺は中太の麺であるにもかかわらずかなり含水率が低く、硬質な食感である。

スープがかなり特徴的で、ベースは醤油味だが豚骨の出汁の濁ってとろっとした食感、鰹節の魚介系の香りが強い。比内鶏の鶏ガラ出汁や北海道産の昆布などの素材にこだわっているとのことである。蕎麦粉のような香りとざらついた食感もあって、かなり複雑なスープである。醤油の香りは強くなく、やや甘みも感じられる。

DSC02862.jpg

具材のチャーシューは脂身の少ない厚手のカットの煮豚のようで、こちらは醤油味が濃厚。メンマは普通のもの。海苔はやや小さめのカットである。

近くに新規オープンの有力店があり、かつての圧倒的な行列の人気はないが、飽きのこないこってり系の豚骨・醤油・魚介系ラーメンである。

B+


関連ランキング:つけ麺 | 麹町駅半蔵門駅永田町駅


スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

tag : 麹町グルメ ラーメン

美膳 麹町店

2度目の来訪。オープンのキャンペーンが終わったためか、客は大幅に減り、行列どころか空席がかなり目立つ。

メニューが週替わりなのだろうか、かなり替わっている。麺、チャーハンなどはそのままだが、定食メニューが異なり、八宝菜がランチのトップにあるのでオーダーする。

DSC02763.jpg

ほとんど待つことなく、出てきたものは、五目焼きそばの上にかかっていてものとほぼ同じで、違いはマッシュルームが加わっていたくらい。醤油味もほぼ同じだが、とろみがないところが違う程度だろう。ただ、作り置きなのか、白菜などの野菜に炒めたばかりの新鮮さが感じられない。

DSC02764.jpg

野菜のカットも焼きそばと共通のためか、八宝菜としては小さめのカットで、食感が今一つである。同じような味であれば、五目焼きそばを選ぶべきだろう。

DSC02765.jpg

ライスは量が山盛りだがやや乾燥気味で、今一つ。お新香は大根、ニンジン、キュウリ。
C+
――――――――――――――――――――――――――――――――
紀尾井町の旧プリンス通り、以前地中海料理のビストロのあった地下1階が、上海料理の店に変わっていた。

開店間もないこともあり、地下へ降りていく階段中ほどまで行列ができていて、人気状態である。

ランチメニューは定食、麺、チャーハンなどで冷やし麺を除いて850円とまあまあのレベル。

この日はまず、定番の五目焼きそばを注文する。かなり待った。

DSC02733.jpg
上海料理を謳っている店だが、いわゆる餡かけ焼きそばである。餡は醤油味でフカヒレの姿煮のスープのような豚肉の出汁が濃厚、なかなかの美味しさである。

DSC02735.jpg

餡の具材は海老、イカ、豚肉、白菜、ヤングコーン、ニンジン、タケノコ、シイタケ、キクラゲ、ブロッコリーなど豊富に使われている。海老もぷりぷりしていて、火入れ具合は平均以上の出来である。

麺はやや太めの麺で焦がしは入っていないが、量は多めの盛り上がった状態。このため、餡に比べて麺がややバランスを欠いている。

スープは溶き玉子のスープだが、出汁はしっかりしていて、コショウなどのスパイスが効いていてなかなか美味だが、少し冷め気味なのが残念。

DSC02734.jpg
サラダはキャベツ中心の普通のサラダである。ザーサイは細かい赤トウガラシが加わって、やや甘いがメリハリのある味。

DSC02736.jpg

レストラン居抜きのため、広いが合席ありのやや窮屈な店内、かなりの混雑と少ない中国人従業員によるサービスだが、基本的な調理レベルは高いと思われる。

B-


関連ランキング:中華料理 | 永田町駅麹町駅赤坂見附駅


テーマ : 今日のランチ!
ジャンル : グルメ

tag : 中華料理 麹町グルメ

PHO(フォー)24 市ヶ谷店

牛肉のフォーを今回はセットではなく、単品のレギュラーサイズで注文する。最初に食べた時とかなり異なる印象で、レベルの高さを感じた。まず、スープが熱々で香りが良い。上にかかっているコショウのような五香粉がスパイシーで、八角の香りが効いている。
スープの出汁もボリューム感がある。

麺も生き生きとした食感で、鮮度を感じる。量もレギュラーサイズは中途半端な量ではないので満足できる。当初に比べて、調理のオペレーション・レベルが高まったのだろう。

DSC02852.jpg

具材の牛肉の煮込みも、レギュラーサイズは量がかなり違うようだ。

春巻きは付かないがレギュラーサイズの方が、明らかに満足度は高い。そのうえ安いのでこちらがお薦め。必要ならば、別に生春巻きを注文すれば良い。
A-
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
フォーに春巻きとベトナム風おこわが付いたベンタインセット(930円)を注文する。野菜たっぷりのフォーを選択。春巻きは揚げ春巻きを選び、おこわは日替わりで、この日は鶏おこわが付く。

野菜のフォーは人参、青菜、シメジ、レタスがあらかじめかなりスープに入っていて、ヘルシーな感覚。モヤシなどは他のフォーと同様に別皿で出る。鶏系のあっさりしているがコクのあるスープには、野菜の旨味も出て深みが感じられ、パクチーやミントなどを入れなくてもしっかりとした味わいである。

DSC02783.jpg

おこわはタイ産のもち米を使用しているとのことである。もちもちしているが日本のもち米に比べてややドライな食感がある。チキンのほか細かく刻んだ揚げニンニクとニョクマムが加えられ、いかにもエスニックな食感である。

DSC02782.jpg

揚げ春巻きは通常の春巻きの2分の1程度の大きさで、細かい鶏肉と春雨がライスペーパーで包まれて揚げられ、中華系の香辛料が加えられて繊細な味となっている。

DSC02784.jpg

B+
――――――――――――――――――――――――――――――――――
フォーに春巻きとデザートのチェーが付いたセット(ドンコイセット)は830円。鶏肉のフォーと海老とアボガドの生春巻きを選ぶ。

鶏肉のフォーは、バンバンジー風の蒸した鶏肉と焼き豚風の出汁で煮込んだ鶏肉の2種類がのっていて、牛肉フォーと同じである。

DSC02781.jpg
麺はかなり改善されていて、伸びきったような食感はなく白くストレートでスムースな麺であった。

鶏の出汁は牛に比べてあっさりしていて、パクチーとミント、モヤシは半分くらい入れるとちょうど良いようだ。

海老とアボガドの生春巻きはアボガドのねっとりとしてクリーミーな食感が海老に絡まって、やや硬めのライスペーパーにしっくり合う。意外であったが、この生春巻きの方が海老と鶏肉よりも美味しくいただけた。

DSC02779.jpg

デザートのチェーはヨーグルトにライチがハーフにカットされて入っていたが、ヨーグルトに隠し味的に塩が入っていて、コクのある甘さとライチが良く融合して東洋的なデザートのイメージが感じられる。

DSC02777.jpg

B+
――――――――――――――――――――――――――――――――――
ベトナムでフォーのチェーン店として展開しているフォー24が東京に上陸し、市ヶ谷の駅近くの外堀通りにオープンした。

DSC02775.jpg

ランチタイムにはセットメニューがあり、ホーチミンセットというフォーと春巻きのセットで、海老とチキンの生春巻きと牛肉のフォーをオーダーする(830円)。

先に生春巻きの皿と薬味の皿が出される。

DSC02771.jpg

牛肉のフォーは煮込んだ牛肉を焼き豚風にカットしたものと薄切りのしゃぶしゃぶの牛肉の2種類がのっている。これに刻みネギがかけられている。

DSC02774.jpg

別皿の野菜類はかなりの量の茹でモヤシとパクチーにミント、刻みトウガラシ、ライムが添えられ、チリスースは別容器に入っている。パクチーは全部入れると香りがかなり強烈になるため、加減して入れた方がよさそうである。

DSC02772.jpg
麺は良くある半透明の平打ちのねっとりしたものではなく、白い細麺でねっとり感はなく、ややふやけて伸びたような感じだったが、通常もこうなのだろうか。日本で多い乾麺ではなく生麺を使っていることによるのかもしれない。

スープはあっさりした牛骨系のスープであらかじめニョクマムが入っているようで魚醤の香りがする。余りにもあっさりなのでライムを絞ったり、トウガラシやチリソースを加えた方が味にアクセントが付いて良いと思う。

牛肉は煮込んだ肉の方が香りが豊かで旨味成分が出ている。

生春巻きは、これまでに日本で食べてきたものと異なり、かなりライスペーパーが硬く噛み応えがある。
B-


関連ランキング:ベトナム料理 | 市ケ谷駅牛込神楽坂駅麹町駅


テーマ : アジアンエスニック
ジャンル : グルメ

tag : 市ヶ谷グルメ ベトナム料理 フォー

マヌエル・カーサ・デ・ファド

四ツ谷駅に近い番町の住宅地の中にあるポルトガル料理のレストラン。地下に階段を下りていくと、かなり大きな空間が広がっていて、天井も高いのに驚く。


DSC02794.jpg
DSC02796.jpg

店内にはタイルの壁画もあり、青いテーブルクロスなどクラシックな高級感が漂う。

DSC02805.jpg

この店の本来の料理はディナーにあるのだろうが、ランチは周辺のサラリーマンを意識したものなのだろうか、コースランチのほか、800円、1000円、1100円のメニューが用意されていて、メインの料理にそれぞれスープとパンが付いている。コーヒー、紅茶は100円で追加可能。

DSC02797.jpg

800円のカレーランチはポルトガルチキンカレーで、1000円では魚介と肉のランチがそれぞれ用意されている。1100円のものは鉄板ステーキのランチである。

この日の魚介料理のランチは小海老とマカロニのクリームパスタ、肉料理のランチは牛肉の菜園風煮込みで、今回は肉料理を選択する。

ランチのポルトガルコースはこれらの魚介料理、肉料理に前菜とデザート、飲み物が加わったもので、メイン1品が2100円、メイン2品が2500円となる。

本日のスープは野菜と豆のスープ。人参、キャベツ、玉ねぎなどの野菜といんげん豆が入っていて、豆などが溶けてとろとろとしたクリーム状の野菜スープになっている。食感の割にはあっさりとしていて味も薄いので、少し物足りなさを感じる。

DSC02799.jpg

パンはカットされたソフトなものがオリーブ油とともに出された。

肉料理の牛肉の菜園風煮込みは野菜がたっぷり入った煮込み料理。人参、ジャガイモ、サヤインゲンなどの大きい野菜のほか、玉ねぎが刻まれ、トマトベースの酸味のあるソースで牛肉が柔らかく煮込まれている。かなりボリューム感はあるが、ソースの酸味や野菜によってバランスが保たれている。

DSC02804.jpg

ポルトガル料理の個性はあまり感じられなかったが、洋食のランチとして、1000円の価格としては、内容的に満足できる水準であり、サービスレベル、雰囲気と合わせるとコストパフォーマンスは高い。



関連ランキング:西洋各国料理(その他) | 四ツ谷駅麹町駅市ケ谷駅


テーマ : 今日のランチ!
ジャンル : グルメ

tag : 四ツ谷グルメ ポルトガル料理

ル・マノアール・ダスティン

銀座にある五十嵐安雄氏がオーナーシェフを務める名店。西麻布のル・ブルギニオンの菊池シェフ、恵比寿のヒロミチの小玉シェフ、西麻布のボン・ピナールの進藤聡子シェフなど五十嵐門下の名店を訪れ、それぞれ感動したのだが、ついに念願の本家を訪ねることになった。

DSC02741.jpg
ソニービルの裏手の通りの地下1階に階段を下りてドアを開けると、かなり広い空間が広がる。奥の壁には絵が飾られ、テーブルの上にはクリスタルガラス製の飾り皿とグラスに入ったビー玉などが並び独自の世界である。

DSC02744.jpg
休日の昼時、テーブル席のほとんどが埋まり、幸せなひと時を過ごす人々が談笑している。

食前酒にシャンパンを頼もうとすると2種類用意されていた。シャルドネ主体のものが一つ、よりコクのあるシャルトーニュ・タイエはピノ・ノワールが半分程度で、ことらを選ぶ。リンゴのような果実味が豊かで、泡は実にきめ細かく、ほんのり木の実の香りが漂い、実にエレガントな味わいである。

DSC02742.jpg
アミューズは五十嵐シェフの定番アミューズ、スプーンにのったブータンノワールで、添えられたりんごのピューレが混じりあい、臭みはなくまろやかでこくのある深い味わいである。

DSC02747.jpg
バターは大きな岩塩のプレートの上に出された無塩バター。徐々に岩塩が浸み込んで有塩バターとなって、味わいを深めていく。

DSC02745.jpg
ランチのメニューは3種類のコースが用意されているが、真ん中のコースに。前菜が2種類に、メインを本日の魚料理と肉料理から選ぶことができる。メインは固定だが、前菜は10種用意されているので、前菜を2種類選べるこのコースがお勧めである。

DSC02743.jpg
まず、初めの人がオーダーすべき前菜は、この店はもちろんのこと、ル・ブルギニオンやヒロミチなど五十嵐門下の店でもスペシャリテとなっている名品「人参のムースとコンソメジュレ ウニ添え」。ニンジンがクリーミーで甘く、ウニのまったりとした汐の香と良く調和する。さらにコンソメジュレは香り豊かでミネラルが凝縮された奥深い味で、ムースと絡めるとさらに深みが増す。他店の1.5倍程度のボリュームで分け合って食べても満足できるほどである。

DSC02749.jpg
「ニジマスとイワナのマリネ 野菜のマリネと共に」は旬の食材であるニジマスとイワナが、マリネした数々の色鮮やかな鎌倉野菜とともにガラスの大皿に盛りつけられ、花園のように華やかで涼しげな逸品である。やや癖のある川魚を軽くマリネして、フェンネルなどの香草を加えてあり、人参、ミニ大根、グリーントマト、皮をむいたミニトマト、かぼちゃなどの絡めて食べると実に爽やかな食感である。これには、ソヴィニオン・ブランが当然に合うのだが、グラスワインはサンセールがあるという。サンセール・ラ・クロワ・ド・ロワ。グレープフルーツやライムの香り、バジルのようなハーブ香があり、ほどほどの酸味とフレッシュな果実味は、この料理にまさにぴったりのワインである。

DSC02748.jpg
DSC02750.jpg
江戸前穴子のエスカベッシュは野菜のリボン添えと盛り合わされた一皿となっている。エスカベッシュといっても、アラ・ミニッツ、わずか1分で、ヴィネガーはほとんど感じられず、野菜のエキスの凝縮されたソースが下に引かれている。穴子は江戸前だけに穴子天のようにカリッと香ばしい。ズッキーニ、パプリカ、ニンジンなどのリボン状の野菜も甘くて美味しい。これにはルメ・ミューレのアルザスのリースリングを合わせる。リースリングのペトロール香が穴子独特の脂に良く合う。

DSC02752.jpg
鰻のキャラメリゼはウナギをキャラメルで甘く煮込み、ピンクペッパーなどの香辛料でスパイシーに仕上げている。カリッとした表面の甘辛い風味と鰻の肉汁が良く調和している。つけ合わせのトウモロコシの粉で作ったケーキは一見イタリア料理のポレンタのようであるが、甘くまろやかで、チーズケーキのような感じである。このデザートのように甘くスパイシーなウナギの料理には、これもルネ・ミューレのゲヴェルツ・トラミネールの甘さとスパイシーさが最高に合う。

DSC02753.jpg
メインの本日の魚料理はスズキのソテーで、ソースに肉汁からとったフォンを使ったソースが添えられる。フレンチの定番、白身魚のポワレは確かにさっぱりおいしいが、調理方法のレベルを高めても、やや定番化しすぎているのと、複雑性で満足度が今一つということが多いのも事実である。そこで、考えたのか当店ではソースに肉系のフォン・ド・ボーを使って、料理にボリューム感と複雑性を出している。野菜は大きなヤングコーンのフリットが上に添えられ、コーンの小さな粒々が香ばしく美味しい。シャコ、大きな万願寺とうがらし、ズッキーニなどのソテーも加わる。

DSC02757.jpg
本日の肉料理はテリーヌ型に豚と鴨のコンフィを詰め、間にジャガイモを埋め込んだという凝った料理。油によりしつこくなりすぎる傾向のあるコンフィをジャガイモでバランスをとって、熱々の肉の香ばしさと旨味の凝縮感を伝える。ただ、鴨の香りは強くはなく、全体にパテのような複雑性と冷製の肉料理にない力強い食感を感じた。シシトウ、ミニ大根、皮をむいたミニトマト、ブロッコリー、ビーツなど数種類の温野菜が付け合せとして付くがどの野菜も甘みがあっておいしい。ワインはメオ・カミュゼのブルゴーニュ・ルージュを合わせる。香りはややシンプルなだが、さすがにメオ・カミュゼだけあって、しっかりした深みのある味わいである。

DSC02756.jpg
デザートにイチジクのコンポートのジュレと赤ワイン風味のイチジクのソルベ。果実味がしっかりと感じられる品。爽やかなイチジクのソルベである。

DSC02759.jpg
「本日のデザート」はチーズケーキとチョコレートケーキを重ねたものに、バニラアイスクリームのセット。ベーシックなデザートのセットだが、どれも濃厚で芳醇な味。満足度は高い。

DSC02758.jpg
コーヒーには2種類のプティ・フールが付く。これも半端ではない。良くある乾菓子ではなく、スプーンに載せられた濃厚でクリーミーな ホワイトチョコレートのムースと、アボガドのムースにチョコレートパウダーが振られた爽やかで味のある逸品であった。
DSC02761.jpg
DSC02760.jpg

A+


関連ランキング:フレンチ | 銀座駅日比谷駅有楽町駅


テーマ : フレンチ
ジャンル : グルメ

tag : 銀座グルメ フランス料理

新東記

最近、神楽坂にオープンしたシンガポール料理の店。毘沙門天と三菱UFJ銀行の間を入って50メートルほどの左側。シンガポールのシンボル、マーライオンが店の前にあるので気が付くだろう。

DSC02724.jpg

店のランチの看板メニューはシンガポール名物のチキンライス、海南鶏飯。本来は中国の海南島の料理だが、今ではシンガポール料理としても有名になっている。

DSC02725.jpg

この店の海南鶏飯はチキンの茹でた骨なしの半身にパクチーがのっている。水っぽいほどではないが、かなり柔らかくてまあまあの味である。

チリソース、ブラックソースとおろしショウガを合わせたたれで食べるとメニューには書いてある。ブラックソースは濃厚な醤油にスパイスが加わったもので、やや甘くエスニックな深い味わいである。ショウガを加えてチキンにつけるとちょうどまろやかでバランスが良くなる。チリソースはニンニクの風味がかなり強い。ライスにチキンをのせてソースを合わせたタレをかけて、ライスに浸み込ませて一緒に食べてると美味しい。

DSC02728.jpg

ジャスミンライスは別に盛ってあり、米はインディカ米でほんのりチキン出汁の旨味とジャスミンの香りが漂う。あっさりとした上品な味わいある。

皿には-パクチーのほか、付け合わせのレタス、キュウリ、トマトが添えられている。

デザートの杏仁豆腐は器に入ったハードタイプだが味はまろやかで、アンズの核の香りがかなりしっかりしている。




関連ランキング:東南アジア料理 | 飯田橋駅牛込神楽坂駅神楽坂駅


テーマ : アジアンエスニック
ジャンル : グルメ

tag : 神楽坂グルメ シンガポール料理 エスニック

おおつか

港北ニュータウンの市営地下鉄センター北駅近く、店名の遺跡横の大塚交差点に近い蕎麦店。最近、港北ニュータウン界隈では蕎麦屋が減少中で、仲町台でも一軒蕎麦屋が見かけなくなり、センター北周辺でもくじら軒の近くの蕎麦屋が閉店したようである。

この店はこの地での営業はかなり長くなっていて、貴重な店である。この日も、休日のためか駐車場は満車で、駐車待ちの車が並んでいる。

DSC02709.jpg

最近、ちょっと気が利いた蕎麦屋で期待するメニューと言えば、穴子天ぷらと鴨であろう。この二つは蕎麦屋の二大メニューとなりつつあるのではないかと思う。鴨はつゆそばの鴨南蛮そばもいいが、つけ汁に鴨とねぎが入っている鴨汁せいろも良い。

さて、この店のメニューを見ると、今日はすべてせいろ系のメニューだけで、温かいつゆそばメニューが紙で隠されている。夏場の限定なのだろうが、逆に冬場はせいろは全くないのかもしれない。

DSC02710.jpg

ただ、鴨せいろはつけ汁に鴨が入っているものではなくて、別皿で鴨の酒蒸しが出るせいろメニューである。

一方、天ぷら系のメニューは天せいろと穴子天せいろがある。迷ったが、二人で鴨せいろと穴子天せいろを注文する。かなりの待ち時間が経過。

蕎麦は極細の平打ち。かなりのコシはしっかりとしているが、やや盛り付けは雑で、水っぽく、麺の幅はかなり不揃いである。しかし、繊細かつ流麗、更科系と思われる白さで、蕎麦の香り豊かで透明感のある麺は相当の感動がある。しかも量はしっかりとあるので、十分に味わうことができる。

鴨は酒蒸しにしてだし汁に付け込んでかなりしっかり味をつけている。白髭ネギが山盛りで、鴨で巻き 、おろし生姜を絡めることを店は推奨しているようであるが、生姜は少なめにした方が良いし、ネギも鴨の香りが消えないように控え目にしたい。

DSC02711.jpg

濃厚なつけ汁は昆布とかつおの出汁だが醤油の香りが特に濃厚で味も濃い。蕎麦に少しつけて食べるのが良い。

穴子の天ぷらはこの日は穴子が小さめなので2個つけたとのこと。そんなに小さくは感じないが、本来の穴子はいかに大きいのだろうか。小さめでもかなり肉厚でしっかりしていた。衣は薄めで魚の味がダイレクトに味わえる。

DSC02712.jpg

野菜もブロッコリー、アスパラ、ナス、カボチャなど、てんぷら専門店の極上のものと比べる意味はないが、蕎麦屋の天ぷらとしてはレベルが相当高い。

ちょっと待たされるのが難点だが、ちょっと足を延ばしても損はない蕎麦屋であるのは間違いない。

A―



関連ランキング:そば(蕎麦) | センター北駅センター南駅


テーマ : 蕎麦屋
ジャンル : グルメ

tag : 港北ニュータウングルメ 蕎麦屋

プロフィール

AUme

Author:AUme
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。