スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓一館

赤坂みすじ通りの韓国料理店。

DSC02817.jpg

正面看板に冷麺が大きく描かれていたので、早速店に入って注文する。890円定食が多い中でこのメニューは980円。

DSC02807.jpg
DSC02808.jpg

キムチは卓上の器に入っていて食べ放題。大根と白菜のキムチが入っているが、かなりバランスの取れた洗練された味で良い。

冷麺のボウルとおかずの盛り合わせの皿がサービスされる。

冷麺はお店の人がカットしてくれた。黒褐色の田舎蕎麦のような色。チョンギワの超極細ほどではないがかなり極細で繊細。少し糸こんにゃく風でもある。

DSC02811.jpg

スープは肉汁を使っているとのことで、やや甘く酸味と出汁のコクが強く感じられる。マスタードと酢を入れるとかなり引き締まった深い味になった。スープが一部凍らせて入っているので、溶けても薄くならないし、凍ったスープも爽やかである。

具材は酢漬けのキュウリと大根、スイカ、牛スジのチャーシューなど。酢漬けの野菜がさっぱりしている。

おかずはチヂミが2切れとモヤシの和えものに海苔や海草の和え物。チヂミは温かくて香ばしくサクサクしている。海草の和え物はシャキシャキ感があり珍しい食感と味。

DSC02812.jpg
DSC02813.jpg

全般に上品な味で、サービスもまずまずの総じてレベルの高い店である。他のメニューも味わいたい。B



関連ランキング:韓国料理 | 赤坂駅溜池山王駅赤坂見附駅


スポンサーサイト

テーマ : 韓国料理
ジャンル : グルメ

tag : 赤坂グルメ 冷麺 韓国料理

長寿韓酒房

四ツ谷駅近くのオフィスビルの地下食堂街にある韓国料理店。日本の焼酎の一升瓶が並び、夜は居酒屋の風情である。

DSC02925.jpg
ランチは900円から1000円クラスのメニューがある。

DSC02924.jpg

石焼ビビンバのセットを注文(900円)。

石焼ビビンバにはあらかじめコチュジャンがナムルや生玉子とともにライスにのっている。かなりの量のため、混ぜるとかなり辛口の石焼ビビンバとなった。他のメニューも豆腐チゲなど辛口のものが多いようである。

DSC02922.jpg
ナムルなどの具材は平均的だが、生のキュウリやエノキが入っているのが少し珍しい。具材はご飯に比較してやや少なめのような気がする。

DSC02923.jpg
セットのおかずはグリーンサラダとトウガラシソースのかかった豆腐、キムチ。スープはトウガラシ風味の玉子スープ。全般に辛いものが多いので、辛い石焼きビビンバで汗が噴き出したランチであった。

C+


関連ランキング:韓国料理 | 四ツ谷駅麹町駅市ケ谷駅


テーマ : 韓国料理
ジャンル : グルメ

tag : 四ツ谷グルメ 韓国料理

ジョニーヌードル

ラーメンの評判が良いらしい。塩清湯麺(シオチンタンメン)というのが正式な名称でだが、店のスタッフも塩ラーメンと言っている。メニューの記載によれば、3番人気とのこと。

DSC02926.jpg

極細のストレート麺は繊細に茹であがられていて、しっかりした食感がある。少し麺がほぐれていないのが残念なところ。

DSC02927_20110815150214.jpg

スープはしっかりと出汁が出ている。赤穂の天日塩と日高昆布を使用しているということだが、ミネラル感が豊富で、魚介系の出汁も加わった旨味のあふれるスープである。

具材はメンマ、なると、刻みネギ、チャーシューで醤油ラーメンと同じである。具材は少なめで、さっぱりしたラーメンなので、100円プラスでチャーシュー、半玉子、揚げ玉葱が加わる特撰塩清湯麺の方が満足度は高いかもしれない。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
もりおか冷麺があるので、注文してみた。
この日は月曜日だが、雨の日と同様にマンデー・ジョニーということで、トッピングサービスなどが選べる。玉子も可能だが、冷麺には玉子が半分付いているので、水菜を選ぶ。しかし、これは失敗だった。水菜の量が半端ではない。丼ぶりの半分近く隠れる大盛で、他の具材が良く見えない。麺やスープに比べバランスを欠くほどの量である。

DSC02915.jpg

ネギやメンマのトッピングも冷麺にはどうかと思うので、刻みチャーシュー当たりが良いかもしれない。

具材は、キュウリ、白菜キムチ、煮玉子のハーフ、グレープフルーツ、刻み鶏チャーシュー。水菜に圧倒されてしまったが、鶏チャーシューは味がしっかりしていて美味しかった。

ダシ汁は牛骨ベースなのだろうが、カツオだしのような魚介系の香りがかなり強く、繊細な味わいで、旨味もしっかりとして楽しめた。酢も卓上にあるが、入れない方が良いかもしれない。

麺は韓国料理店系のものと違って、少し黄色がかったカンスイ入りだが、カンスイは少なめでかなり透明、コシが強く弾力性があり、太めの麺である。繊細なスープなので、もう少し細めでも良いかもしれない。

水菜トッピングのない状態を想定すると、かなりレベルの高い冷麺ではないかと思われる。

B-
――――――――――――――――――――――――――――――」
半蔵門の通りから1本麹町寄りの通りにあるラーメン店で夜は中華居酒屋の店。

DSC02899.jpg
中華料理店系のラーメン店であるため、醤油や塩のラーメンのほか、昼も坦々麺などの幅広いメニューがある。

特に夏の期間は冷やし中華やもりおか冷麺などの冷たい麺もあり、選択肢は広い。

DSC02900.jpg

この日は、微妙に雨の降っているため「雨の日ジョニー」というサービスが受けられた。チャーシューご飯などの100円引きや味玉などのトッピングサービスだが、味玉トッピングを選ぶことにする。

ラーメンは最もベーシックな東京醤油ラーメンを選び、サービスは味玉トッピングを。

3種類の出汁を合わせたスープは、色はかなり薄めでやや濁っているものの透明感のある醤油スープ。濁っているのは豚骨ではなくて、野菜によるものだろう。

DSC02901.jpg
カツオなどの魚介の香りがほんのり漂う。味わいはあっさりしていて、鶏ガラの出汁に野菜由来のグリーンの香りの甘さが少し感じられ、すっきりしたスープである。ただ、3種類の合わせた出汁がどれも中途半端なため、やや平板的で立体感がなく、コクと深い味わいに欠けるのが残念である。

麺は細麺の縮れ麺で、かなり硬質で弾力性があり食感は良い。

チャーシューはバラ肉の煮豚ロールのカットだが、崩れるくらいに柔らかくやや普通の味である。

メンマは硬めの食感でまずまずの出来。珍しく、なるとが入っているのが東京ラーメンらしい。味玉は半熟であっさりとした醤油味が付いている。

スープのインパクトが弱いものの、バランスは良いラーメンである。

B-


関連ランキング:中華料理 | 半蔵門駅麹町駅永田町駅


テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

tag : 麹町グルメ ラーメン

もりおか冷麺酒場

赤坂通りにオープンした盛岡冷麺の店。夜は居酒屋になるようだが、昼は冷麺専門店である。かなり広い室内だが、サラリーマン、OLで相当混雑している。

DSC02872.jpg
先に、ラダが出される。レタス中心の普通のグリーンサラダ。まもなく冷麺とランチタイムに付く日替わりのご飯、この日はシラスご飯。カクテキが少し入ったキムチ味の辛味と容器に入った酢が一緒に盆にセットされている。

DSC02871.jpg

まず、そのまま食べて、好みに応じて酢を入れ、3分の1くらいになったら辛味を入れるようにと、初めての客に従業員は説明するというのがマニュアルのようだ。

DSC02864.jpg

具材は炙ったチャーシュー、スイカ、キュウリ、半熟の煮卵。

麺は弾力性があり、かなりコシのある点では、韓国料理店の麺と同じであるが、やや太い中太の麺。灰褐色の韓国の麺と違って、中華そばのように黄色がかっているのは、かんすいが入っているためだと思われるが、冷やし中華のようなニュアンスがある。

DSC02869.jpg

つゆは牛骨から取った出汁だと説明されているが、やや甘く旨味がしっかりしたスープで、酸味はほとんどないため、酢を入れた方が味は引き締まるだろう。カクテキの入ったキムチ風味の辛味はかなり辛いので、最初から入れない方が良い。食べ進んで味に飽きたころに少しずつ入れるとよい。

韓国料理店と違って、小鉢のおかずはなく野菜サラダとご飯が付くのが日本的。シラスご飯はシラスとわかめが入っているが、ご飯に味は付いていなので、上にのっている梅ぼしをほぐして一緒に食べるとよい。

韓国料理店の冷麺と一線を画す独自の和風の盛岡冷麺であり、坦々冷麺など種類も多いので、日本人にとっては親しめる冷麺店ではないかと思う。




関連ランキング:居酒屋 | 赤坂駅溜池山王駅赤坂見附駅


テーマ : 冷麺
ジャンル : グルメ

tag : 冷麺 盛岡冷麺 赤坂グルメ

プロフィール

AUme

Author:AUme
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。