スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ristorante Sotto l'Arco

銀座8丁目にある、新しくオープンしたイタリア料理のレストラン。この周辺は最近新しいレストランのオープンが続き、注目のエリアである

休日のランチにうかがう。テーブル席のほか、厨房を大きく取り囲むように配置されL字型のカウンターがかなり個性的。オープンキッチンというよりは劇場型のキッチンで、厨房の奥の方までほとんど見渡すことができる。オーナーシェフの伊藤さんと奥さんをはじめとするスタッフがほのぼのとフレンドリーな雰囲気で、カウンター席はお勧めである。

インテリアはダークブラウンと白を基調として、シックでモダンな落ち着いた雰囲気である。

ランチのコースは前菜、パスタにメインが魚料理とデザートのコースが2500円。これに肉料理が加わるコースが3800円。今回は2500円のコースを選ぶ。

前菜は、3種類の盛り合わせ。

DSC05489.jpg

野菜のテリーヌはシイタケ、カブ、赤ピーマンをジュレで固めてキャベツを巻いたもの。すっきりと繊細な味わい。

DSC05490.jpg

真ん中のものは、3種の魚のカルパッチョで、ホッケ、イナダ、アジ。ホッケ、イナダは新鮮な生に塩をきかせたもの。アジは酢で軽くしめたもの。透明感のある味わい。

DSC05491.jpg

右の鹿のローストはイメージと異なり淡白な味わいであった。

DSC05492.jpg

魚料理は黒ソイのソテーのスープ仕立て。黒ソイを中心に、スープの中にはハマグリとツブ貝が加わり、貝の旨味がスープに広がる。パリッと皮が香ばしく身がジューシーな黒ソイはそれだけでも味わい深い。

DSC05494.jpg

しかし、それに貝の旨味が加わったスープは、懐石の日本料理のお椀のように淡白ながら魚介の旨味が抽出されて実にエレガントな味わいだ。黒ソイに添えられた生山葵がアクセントとなって魚介の味を引き立てる。

ワインはグラスの白をお願いする。3種類用意されている。ここまでのワインは、ヴェルデッキオ・ディ・カステッリ・ディ・イェージ。フレッシュでフルーティー香り豊かなマルケ州のDOC。新鮮な魚介によく合う。

DSC05488.jpg
DSC05487.jpg

パスタは2種類用意されていたが、それぞれを少しずつ盛ることも可能だということなのでお願いする。

青海苔と柚子コショウのフェトチーネ、からすみ添え。潮の香りとクリーミーなパスタの織り成すハーモニーは新鮮な発見であった。

DSC05499.jpg

サクラエビのアーリオ・オーリオ、タリアテッレは濃厚な甲殻類の旨味と香り。太麺のパスタにもサクラエビが練りこまれ、香りを添える。皿の周りに甘エビの粉。皿の下にたまったソースが実にうまい。

DSC05497.jpg

パスタに合わせたワインはトスカーナの白、シャルドネとピノグリージョ。香りのボリュームは控えめだが、ボリューム感のあるふくよかな果実味はパスタによく合う。

DSC05495.jpg
DSC05496.jpg

デザートはカラメーレ、ティラミス、アイスクリーム、カステラの4種の盛り合わせ。カラメーレはカラメルとアイスクリームがプリンのような味わい。カステラは隠し味的に醤油と三温糖が加わる和のテイスト。ティラミスは洋酒が浸みて大人の味だ。

DSC05500.jpg

焼きメレンゲやショコラなどのプチフールとともに、カプチーノをいただく。

DSC05502.jpg
DSC05501.jpg

食器は日本の陶器が中心で水墨画のようなワビ・サビの世界。和の食材を多用した懐石料理イメージのイタリアンは和のテイストのコンセプトが強烈で、新たな体験だった。既存のコンセプトにとらわれない創作性の高い料理は、世界的にはフレンチなどで先端を行く流れに沿っている。

本場イタリア仕込みのシェフは、ベイシックに塩をしっかり使っている。ワインを飲む人には良いが、多少気になるものがある。

A+


関連ランキング:イタリアン | 東銀座駅新富町駅築地駅


スポンサーサイト

テーマ : イタリアン
ジャンル : グルメ

tag : イタリア料理 銀座グルメ

CHINA包菜酒 上海ブギ

市ヶ谷の靖国通りのこの辺りでは、チェーン店系の中華料理店の出店ラッシュである。

この店は、狭い間口だが、入り口付近がオープンキッチンとカウンター、奥にテーブル、2階にもテーブル席とかなりの席数のある店だ。料理人も5人程度はキッチン内に見ることができる。

ランチのメニューでは餃子の定食が大きく出ているが、炒め物も得意のようで、日替わり定食も魚と野菜の炒め物であった。

麺類は上海油そばに四川坦々麺が店のお薦めのようである。野菜そばというヘルシーなメニューもある。

今回は、上海焼きそば(800円)を注文する。目の前で調理人が大きな中華鍋で麺と野菜を炒めていた。

スープとともに出される。スープはとろみのついた玉子スープで、味が薄すぎたり、冷めていたりということはなかったが、平均的な旨味と出汁であった。

DSC05339.jpg

焼きそばの具材は野菜がキャベツ、モヤシ、ニンジン、ニラ、海鮮がエビとイカ、それに豚肉といったところ。

野菜はシャキシャキ感があって、炒め具合は良い。麺は普通の太さの、街の中華料理店の焼きそばに良くある麺で、特にこれといった特徴はない。

味はやや甘さのある醤油味で、これも特に驚くものはない。

全体としてみても、普通の上海焼きそばであり、味付けも問題ない。ただ、特に感動もなくあまりにも普通であるのは多店舗展開する外食チェーンの限界か。

量も平均的である。



広東麺

この店のつゆそばの丼ぶりは和食の丼ぶりや最近のラーメン店にあるように口径が小さめである。

麺の上にかかっているのは、餡かけ焼きそばや中華丼の上にかかっているようなとろみのある八宝菜のような炒め物。おそらくこれらのメニューと同じものを使っているのだろう。

DSC05368.jpg

具材は、白菜、小松菜、人参、モヤシ、キクラゲ、タケノコ、クワイ、豚肉、エビ、イカ、ウズラ卵と多くの種類が入っている。

ざくっと大きめなカットに刻んで、熱い火力でさっと炒めてあるため、サクサクした新鮮な食感とジューシーな味わいがある。合わせ調味料は一般的なものだが、少しショウガの味がするのが特徴的。

とろみがかなりあるため、丼ぶりの相当深いところの汁まで、とろとろしている。

麺は中華料理店としては珍しいやや太めの黄色い麺で、中華料理店のそばとしてはコシがあるとは言えないまでもしっかりと噛み応えがあって良い。

スープは醤油の色はしっかりとしているが、味はあっさりしていて、やや甘くシンプルだが飽きのこない味である。

サービスもややチェーンのマニュアル的なところがあるものの、中華料理店としてはレベルが高く、清潔な室内とともに好感が持てる。特に強い印象はないものの、快適に平均以上の食事が出来る中華料理店である。

B+

健康野菜たっぷり麺

チェーン店系の大衆店で最近良くある野菜タンメンに近いが、少し違う。野菜の種類はモヤシが最も多く、次いで白菜、キャベツ、チンゲンサイ、ニンジン、シメジ、クコノミといったところ。

DSC05471.jpg

野菜は炒めずに、さっと湯を通しているだけのようだ。シャキシャキ感が相当強い。水が出ていないのでボリューム感はあるが、野菜の量はさほど多くないのかもしれない。確かに健康に良いかもしれない。

麺は中華料理店の麺としてはかなりコシのある方で、弾力性としっかりとした喉越しが感じられる。

丼ぶりの形状もあるが、野菜と麺の嵩の割にはスープの量が少ないため、ややスープの量に物足りなさを感じるが、スープの味は普通のレベルである。やや化学調味料も感じられる。

確かに健康的なそばではあるが、野菜麺としては多少違和感がある。

B



関連ランキング:中華料理 | 市ケ谷駅麹町駅半蔵門駅



テーマ : 中華料理
ジャンル : グルメ

tag : 市ヶ谷グルメ 中華料理

大川や

九段の東京家政学院の近くにある蕎麦店。しっとりと落ち着いて上品な店内である。ランチタイムは満席で、数分待ってカウンターの席が空く。

DSC05444.jpg

席はカウンターが5席、4人テーブル4、2人テーブル2という構成。ほとんどの人が食べているのが日替わり御膳で、味飯、小鉢、天ぷら3個、蕎麦という構成で1000円は安い。

DSC05446.jpg

季節メニューと思われる牡蠣そばがテーブルの上に日替わり御膳と一緒にメニューにあるのでこれを注文する。

木製れんげに薬味は刻み葱。

つゆが絶品だ。薄味の醤油、濃厚な出汁は潮の香りがする。カツオ節と昆布による京料理の懐石椀のように上品でミネラル感が濃厚な出汁。具材の三つ葉、ユズ、岩ノリが出汁にほんのりと香りをつけ、遠くの海を感じる。

DSC05447.jpg

ふっくら大粒の牡蠣が3個。上品な味わいの出汁がジューシーな牡蠣に滲みて、牡蠣のエキスと混じり合い旨味が増す。さっとあぶって焦げ目がついたネギが香ばしい。

蕎麦は量が少なめで、これも上品な蕎麦の香りが濃厚な出汁のなかにほのかに漂う。

冷たい蕎麦も食べてみたい。





関連ランキング:そば(蕎麦) | 市ケ谷駅半蔵門駅麹町駅



テーマ : 蕎麦
ジャンル : グルメ

tag : 九段グルメ 蕎麦 牡蠣蕎麦

ジャスミンタイ 六本木店

六本木といっても飯倉片町の交差点に近い通りを入ったビルの2階にある。四谷店よりは明るい店内。

四ツ谷店もそうだが土日祝日のランチメニューは1200円と1500円。平日の1000円のメニューが1200円、1200円のメニューが1500円と思えばよい。

いつも平日にランチを食べている者にとっては、何となく悔しいので、アラカルトにしてしまう。

特にアラカルトのお薦めはエビのトム・ヤム・クムスープ。L(4人前)とM(2人前)がある。固形燃料のコンロで温められて出されるので熱々を食べることができる。最初は少し冷めていることがあるので熱くなるのを少し待った方が良い。

DSC05357.jpg

スープの味は最高だ。レモングラスの酸味とナンプラーやエビによる魚介系の複雑な出汁、刺激的でない辛味、微妙な甘みなどが複雑に絡み合って、深いコクと味わいが楽しめる。香菜やミカンの葉などの香りも、ほどほどでバランスが良い。

タイ料理の定番料理だが、単に刺激的な辛さだけが印象に残る店が多い中で、如何にこの店の料理が素晴らしいか、発見できるだろう。

ほかにココナツ系の料理がお薦めだが、この日に選んだのが、蟹(ソフトシェル・クラブ)のカレー炒め。カレーといってもイエローカレーは辛味がほとんどなく、炒り玉子などが甘くスパイシーな風味の炒めものだ。殻ごと食べることが出来る蟹の甲殻類独特の旨味と香りが何とも言えない。

DSC05354.jpg

ご飯の代わりにパッタイを注文する。四ツ谷店のランチのものとはやや異なり、トマト風味のオレンジがかった色で、甘みと酸味があり、ねっとりした食感。生のモヤシやナッツは控えめで、麺をじっくり味わえる。

DSC05358.jpg

グラスのタイ産ワインは安いが、味も普通だ。ビールの方が良いかもしれない。

A


関連ランキング:タイ料理 | 六本木一丁目駅麻布十番駅六本木駅



テーマ : 世界の料理
ジャンル : グルメ

tag : タイ料理 ジャスミンタイ 六本木グルメ

風來蕎

ミシュラン2年連続一つ星のたまプラーザの住宅街にある蕎麦店。マンションの1階のレストラン街にある。外見は普通の蕎麦店。

DSC05415.jpg

店内はやや暗く、左側に4人掛けのテーブルと長いテーブルが縦に。右側は6人掛けのテーブルが横に配置されている。こちらは横掛けを勧めていたので、相席もあるのだろう。

メニューには冷たいせいろ系の蕎麦と温かい蕎麦がほぼ同数記載されているが、季節メニューは別にカードでいくつかある。このなかで、広島産カキの天せいろと天ぷらそばがあり、カキの天せいろを注文する。連れは牛すじカレー南蛮そばを注文。

DSC05402.jpgDSC05403.jpgDSC05404.jpgDSC05405.jpgDSC05406.jpgDSC05407.jpgDSC05408.jpgDSC05409.jpg

せいろの蕎麦は細く繊細、なめらかで透明感がある。蕎麦の香りが強く感じられる。毎朝、国内産の蕎麦を店内の石臼で製粉しているとのこと。

DSC05413.jpg

つけ汁は上質な鰹節のエレガントな香りが、蕎麦の香りを邪魔しない程度にほのかに感じられる。

牡蠣の天ぷらは大きめのものが1個、小さめのものが2個。これにネギとニンジンの天ぷらが付いている。牡蠣の大きな方はジューシーで熱々。ミルキーで旨味たっぷりの牡蠣汁が口の中に広がる。

DSC05411.jpg

牡蠣は天ぷらネタとしては難しく、天ぷらの技術も上級の天ぷら店ほどのレベルではないためか、衣の食感が今一つ。ただ、ネギがなかなかの美味しさである。

薬味は山葵とねぎ。山葵は少なめ。つゆも少なめで総じて上品なイメージである。

蕎麦湯は蕎麦粉を溶かしているため、かなりとろっとしていたが、蕎麦湯だけで飲んでみると香りが良く、すべて飲み干してしまった。

カレー南蛮の牛すじはトロトロに煮こまれて柔らかい。

DSC05414.jpg

蕎麦汁そのものがカレー南蛮用に独自に作られたもので、蕎麦湯と牛すじの脂でとろみがつけられているようである。甘さが控えめな上品な味で、洋風カレーとも和風カレーとも違う独特のカレー風味である。

カレー南蛮には小さい大根の漬物が付いていた。

メニューには興味をそそられる料理が数多く並べられていて、特に蕎麦メニューにもある鴨の料理が4種類並び、得意としているようだ。一度、味わってみたい。

蕎麦のレベルは高く、料理にも工夫がみられ、また訪れてみたい店である。日本酒は4種類、ワインも種類は少ないがスペインのシャルドネがメニューにある。雰囲気も落ち着いた洗練されたものがある。

ただ、ミシュランの一つ星店としては、蕎麦自体の味はともかく、雰囲気やサービスのレベルに、フランス料理や日本料理の店のそれと比較して、やや違和感がある。ちょっと、しゃれた、こだわりのある蕎麦屋のイメージにも近い。静かな住宅地に立地する蕎麦店の限界なのだろうか。

ミシュランの日本版はフランス料理に関してはかなり厳格な基準があるように思われるが、会席系の料理以外の日本料理については今一つ基準が明確でないように思われる。

A


関連ランキング:そば(蕎麦) | たまプラーザ駅



テーマ : 蕎麦
ジャンル : グルメ

tag : たまプラーザグルメ そば 蕎麦 ミシュラン

ビニタ ダイニング麹町店

麹町駅近くのプリンス通りにオープンしたインド料理レストラン。開店当日はちらしを配っていたが、2日目にはすでに行列が出来ていたため、3日目に訪れる。行列はないが、席はほとんど満席状態。4人テーブルも合席にして詰め込んでいる。

DSC05235.jpg

スタッフはすべてインド人スタッフだが日本語は問題ない。オープン間もないにもかかわらず、実に慣れた様子で、どこかの店のスタッフが引っ越してきたかのようである。

ランチのセットメニューは、ナン(お代わり自由)又はライスとサラダがセットで、ドリンクは別で150円。

DSC05234.jpg

カレーの種類によって、ヴェジタリアン系のAセット(750円)からミート系のBセット、マイルド系のDセット(980円)まで4段階に価格設定されている。コストが違うので、これは合理的な考え方で、数学の国、インドらしい。

Dセットはバターチキン、海老カレーなどのマイルドなカレーのセット。このバターチキンをオーダーする。

まずサラダが出される。キャベツ、レタス、コーンにすりおろしニンジンの入ったやや甘いドレッシングがかけられている。

DSC05233.jpg

カレーはフレッシュな酸味が感じられ、甘さと辛さのバランスが良い。コリアンダーやハーブ系の香辛料も感じられ、かなりコクがあるが、バターチキンとしては比較的さらっとしている。

DSC05231.jpg

旨味がしっかりとしているため、とろっとしていないが、濃厚に感じられる。

チキンは数切れ、タンドーリ窯で焼いた香ばしさが強く感じられる。

ナンはパリっと焼かれたタイプで、もちもち感は少ないが、平均的なレベルでる。

DSC05232.jpg

カレーのレベルはかなり高いと思われるので、他のメニューも試してみたい。

B+

大変な混みよう、外階段に行列が出来ている。

10分程度待って、4人テーブルの相席に。後ろのテーブルと席が接する程度に狭く、通路も人が一人通れる程度。

Bセットのチキンカレーの普通の辛さとライスを注文する。

カレーは容器にたっぷりと出される。色はイエロー・ブラウンだが、普通の辛さにしたのでマイルドな辛さである。スパイシーだが刺激的な辛さはなく、スパイスは生のハーブなども使って、かなり複雑な香りと味わいがある。

DSC05256.jpg

粘性が少なく、さらさらで油のこってり感はなく、塩分も少なめで、エレガントな趣のインドカレーである。

具材には比較的小さめのバターチキンと同じようなチキンが入っている。チキンはタンドーリ窯を使った香ばしさがあるのは、バターチキンと同じである。

上品な味わいのカレーと、混んで落ち着かないという快適性のギャップが大きい店だ。

B

野菜カレーのAセットは750円。今回は行列もなく、合席もなく落ち着いてきた。さらに、飲み物もサービスとのことでラッシーを注文する。カレーは普通と中辛の間の2番。

DSC05338.jpg

野菜の具材はニンジン、ジャガイモ、インゲン。カレーはやや他のカレーよりはとろみがあり、香辛料は刺激的なものはない。味付けはあっさりしていて、全体的にマイルドな印象である。

トマトの甘みも感じられ、バターチキンのイメージに近い。生ハーブなどのハーブ系の香辛料はかなり感じられ、エスニック感はある。マイルド・エスニック好みには良いだろう。

野菜も程よいカットの大きさで、美味しい。




関連ランキング:インド料理 | 麹町駅半蔵門駅永田町駅



テーマ : インド・ネパール・パキスタン・バングラデシュ・スリランカ
ジャンル : グルメ

tag : インド料理 麹町グルメ

プロフィール

AUme

Author:AUme
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。