スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

du Barry

池尻の246号線に沿って続く旧道、この付近にはしゃれたレストランやバーが多い。この店はフレンチ・ビストロだが、なかなかセンスの良い店だ。

木のテーブル。クロスなしのテーブルはパリのレストランの一つのトレンドでもある。窓際の丸テーブルの外はライトアップの木の植え込みがあってムードもある。

メインには肉料理2種と魚料理が選べる。この日は、仔牛ほほ肉の柔らかな煮込み、牛フィレとフォアグラのポワレ、今日のお魚料理は鰆のポワレ、それにメニューにないエゾ鹿のローストも選べるということだったが、牛フィレとフォワグラのポワレを選ぶ。

シャンパーニュは小さい規模の生産者のものだが、黒ブドウが80%というのは好みのタイプで評価できる。グラスワインは赤白3種類。白だけ聞いたが、ファルツのシルヴァーナ、ロワールのシュナンブラン、カリフォルニアのシャルドネであった。ボトルのワインはシャンパーニュ、アルザス、ブルゴーニュがほとんどで、1万円以下の手ごろなものが多いのも好感が持てる。ただ、ブルゴーニュはヴィンテージがやや若いものが多い。

アミューズはカリフラワーのグラチネ デュバリー風。チーズが絡んでアペリティフのシャンパンに合う。シュー皮にチーズのグジェールも良いが、シュー・フレール(カリフラワー)もちょっとおしゃれだ。

冷たいアントレはスモークサーモンとディルのガトー仕立て。メニューの名の通り、ケーキのような美しく可愛い料理。スモークサーモンの間に挟まったサーモンクリームがまろやかでエレガントな味。繊細な料理に好感が持てる。ナイフできれいにカットできるので、チーズケーキのようにすっきりときれいに食べることが出来る。ミネラリーなアルザスのマルク・テンペのリースリングにも良く合う。

DSC05661.jpg

温かいアントレは鱈の白子のムニエルとブランダード。上の方はカリッと香ばしいが、すぐ下にはふんわりとクリーミーな白子のムニエル。下に敷き詰められたのはタラのブランダード。素材を生かしながらもしっかりした味わいでワインが進む。

DSC05662.jpg

メインの牛フィレとフォアグラのポワレ マデラソース。フォワグラはフレッシュでジューシーな一品。濃厚なマデラの香りと柔らかく繊維のしっかりした焼き具合の牛フィレの肉汁が良く合う。やや普通すぎるが、力強い出来栄えで、フレンチの王道を行く料理とのメニュー通り。ただ、アントレの感じから魚料理を選ぶのも一つの選択かもしれない。
赤ワインはミシェル・マニャン2008がきれいな味だというので選んだが、やはり抽出がきつく、タンニンがしっかりで、ちょっと飲み頃には早い。牛フィレなのでまだ良かったが、鴨だと合わなかっただろう。

デザートは抹茶と小豆のミルフィーユ。和の素材を使いながらエレガントなフレンチの感覚で仕上がっている。デザートは追加可能。

DSC05663.jpg
DSC05664.jpg

これだけ充実した内容で4200円のディナ―コースは魅力的である。シャンパンをグラスで飲んで、アルザスかブルゴーニュの白ワインを二人で1本。メインを魚料理にする魚コースがいいのではないだろうか。予算は一人1万円以下に収まる。

A-


関連ランキング:フレンチ | 池尻大橋駅三軒茶屋駅


スポンサーサイト

テーマ : フレンチ
ジャンル : グルメ

tag : フランス料理 池尻グルメ 三宿 池尻大橋 ブルゴーニュワイン アルザスワイン

ハゲ天 港北モザイクモール店

港北ニュータウンセンター北のショッピングセンター、モザイクモール港北の5階のレストラン街の店舗。天ぷら業界でもデフレが進んでいるのか、1000円以下の天丼が数種用意されている。特製天丼980円はエビが2本に穴子、半熟玉子、イカのかき揚げ、インゲン、シイタケとまずまずの種類の天ぷら。ヴィジュアル的にはかなり豪華な天丼である。

DSC05654.jpg

シイタケは肉厚でジューシー。半熟玉子はセルフのうどん店以外では珍しいネタだが、これも薄手の衣で面白い味だ。ただ、ほかのネタは衣によって明らかにボリュームをアップした着膨れ天ぷら。

衣の揚げ方がサクッとしていればよいのだが、ちょっと惣菜売り場の天ぷらに近い感じだ。特に穴子は具材が小さめのため、ほとんど油が滲みた衣を食べている感じで、気持ちが悪くなりそうだ。この系列店は胡麻油の比率が多いため、衣が多いと胃にもたれるようになる。

イカのかき揚げは中途半端なサイズで、この系列店名物の大きなかき揚げとは別の天ぷら。

赤出汁は濃いめの味噌だが、出汁はやや薄い。

一流の老舗チェーンだけに、安ければいいというものではない。安い天丼であれば、てんやなどファストフード系の天丼店の方が満足度は大きいだろう。

D+


関連ランキング:天ぷら | センター北駅


テーマ : 今日のランチ!
ジャンル : グルメ

tag : 港北ニュータウングルメ 天丼

萬珍楼

横浜中華街を代表する名店。エントランスには青森のねぶたのような中華獅子が並んでいる。中に入るとウェイティング・ルームにはゆったりとしたソファがあり、ゴージャスな雰囲気である。昼時を少し過ぎていたためか、ほとんど待たずに席に案内された。

DSC05642.jpg

ダイニングルームは赤を基調としたクラシックな中華風。ゆったりしていて、レトロな豪華さがある。

ランチのコースメニューは2500円からあり、かなり割安感がるが、量が多そうなので、アラカルトから注文する。

チャーシューネギそば1100円と五目焼きそば1300円、それに万泉水餃子800円を注文する。五目焼きそばは麺を揚げ麺と焼き麺から選ぶことができるが、一般的な焼き麺を注文する。

テーブルの上には絵柄の美しい大皿が並べられている。

まず、チャーシューネギそばが運ばれる。取り分けて食べたいと言うと、係の女性が器を持ってきて、綺麗に取り分けてくれた。プロの技は素晴らしい。

DSC05638.jpg

やや甘めの上品なコクのある醤油味のスープ。スープだけでも楽しめる味わい。かなりの量の細切りのチャーシューは敢えて味を控えめにした料理用のチャーシューと思われる。ネギは香りがある。麺はやや細めの中華麺で繊細で流麗な感じ。

五目焼きそばは、エビ、イカ、豚肉、白菜、タケノコ、キクラゲ、ニンジン、チンゲンサイといった定番の具材が入っている。すべての具材がそれぞれに美しく揃えて、きれいに取り分け皿に盛りつけてくれた。とろみの付いた餡はこれもやや甘く、味はコクがある。麺に餡が絡んで香ばしく美味しい。

DSC05641.jpg

水餃子は10個以上あってボリューム感がある。もちもちした厚めの皮。餡はかなりニンニクが効いていて熱々のときは肉汁が良く出て美味しい。

DSC05639.jpg

料理のレベルは高級店としては水準以上で、サービスレベルはかなり高く、高級な雰囲気の割に価格は意外に安いので中華街ではトップレベルのお薦めの店である。

A


関連ランキング:広東料理 | 日本大通り駅石川町駅元町・中華街駅


テーマ : 中華料理
ジャンル : グルメ

tag : 横浜中華街 萬珍楼 広東料理

志摩津

ロケーションが素晴らしい。西側が駿河湾に面した沼津市千本浜。日が海に沈む夕暮れ時は素晴らしそう。あえて、部屋から海が見えるように堤防より高い2階に店を構えている。

DSC05618.jpg

個室はすべて海に面しているため、できれば個室を予約したい。カウンター席は海が全く見えない。

休日のランチ、遅い時間だったためか、偶然にも個室がとれた。

DSC05616.jpg

一番安価な2000円の梢というランチのコース。

まず、フォワグラの茶わん蒸し。もちろんトリュフが添えられるが、キャビアまで付いて、世界三大珍味が勢揃いだ。濃厚なファアグラがベースだが、この店は和のテースト重視のため、かなりあっさりしていて上品な味わいである。小ぶりなのも良い。ワインがほしいといころだ。

DSC05617.jpg

飲み物は、ワインリストにはフランスワインがかなり揃っているし、日本酒もいいものを選んでいる。

寿司は二皿出る。一皿目は大トロ、鯛、赤身、トリ貝、キングサーモン、甘エビ、玉子。
赤身のマグロは高級店の味で、ジューシーである。大トロはさらに甘くて香りがミルキーでマイルド。豊かな味わいである。マグロは特にレベルが高いが、地魚は少ないようだ。

DSC05619.jpg

小さめのシャリは本格的江戸前のイメージである。

黒い陶器の器は重厚感がある。このコースに関する限り、本格的江戸前のような仕事はしてないが、寿司に雰囲気がある。

甘エビは太めのプリプリ感があるものが二本並ぶ。

次の皿がトロ巻(ネギトロ?)6個とイクラの軍艦巻き。
海苔巻きの海苔がシャリにしっとり馴染んで、これはかなり良い。

DSC05621.jpg

味噌汁には香ばしい揚げ湯葉が入る。かなり濃厚な出汁は鰹節が大量に使われている。

DSC05620.jpg

デザートはショコラとバニラの二色のアイスクリーム。ショコラの香りが豊かだ。

DSC05622.jpg

コーヒーまたは紅茶はちょっと小さめ。接客サービスのレベルはかなり高い。

DSC05623.jpg

沼津は港のグルメ街が有名だが、少し離れたこの店はロケーションも味もレベルが高く、CPも高いため狙い目である。

A


関連ランキング:寿司 | 沼津駅



テーマ : 寿司・鮨・すし
ジャンル : グルメ

tag : 沼津グルメ 寿司 千本浜

中華彩園

港北ニュータウン、センター北の天啓があった場所に最近オープンした中華料理店。天啓が駅前のヨツバコに移転した後にそのままオープンした。

カフェのような、喫茶店のようなシンプルな店内。店の中央になぜか空きスペースがある。窓際にカウンター席があるので一人でもOKだ。

ファミレス風の写真付きメニューには、チンジャオロースや黒酢酢豚、五目チャーハンなどの中華料理の代表的な品々が並ぶ。驚いたことにすべて安い。五目焼きそばが何と590円。坦々麺も590円。価格から見て大きな期待はできないが、これらを注文することにした。

DSC05530.jpg
DSC05531.jpg

五目そばはいわゆる餡かけ焼きそばで、海老、イカ、ウズラ、白菜、青梗菜、タケノコなどの海鮮と野菜の具材が、しょうゆ風味にとろみをつけて炒められた典型的中華餡かけ焼きそばだ。野菜のシャキシャキ感もあり、海鮮もジューシーで、麺も香ばしく焼きあがり餡が良く絡んでなかなかの味わいである。

DSC05532.jpg

坦々麺も白ゴマ風味の典型的四川風汁坦々麺。ひき肉、白髪ねぎや青梗菜などの標準的な具材が入っていて、スープもほどほどに刺激的で、出汁に深みが感じられる。穴あきレンゲも供され、本格的。

DSC05533.jpg

価格はいわゆる街の中華料理店以下の水準だが、料理は特別のサプライズはなく極めてオーソドックスではあるものの、調理レベルは高級中華レストランの平均以上の出来だ。驚異的なCPの良さがであり、サービスレベルも中華街の一般店よりもはるかに高い。他のメニューもぜひ試してみたい。なお、ららぽーと横浜と都筑阪急に惣菜店を出している。

B+

テーマ : 中華料理
ジャンル : グルメ

tag : 港北ニュータウングルメ 中華料理 センター北

天啓②

港北ニュータウン、センター北の阪急の北にあった天啓が、センター北駅前に新しくできた商業ビルのヨツバコに移転したので早速行ってみた。

DSC05521.jpg

9階のレストランフロア、南側に大きく窓が開かれた明るいダイニングルームは快適だ。ラチのメニューにAランチ1680円とBランチ2100円にスペシャルランチ2940円(料理7品)がある。AとBの違いは食材のほか、Bランチには副菜が付くこと。

2人の場合はAとBをそれぞれ注文するのが良い。サラダ、スープ、ライス、デザート2種がそれぞれに付く。

この日のAランチはイベリコ豚と2種金針菜の腐乳炒め。Bランチは車海老、ホタテ、文甲イカと中国サラミの塩炒めで、副菜が当初の痲婆豆腐から「海老のパン挟み揚げオレンジマヨネーズソース」に変わったとのことであった。

スープは干しエビ、溶き卵、チャーシュー、野菜の入ったトマトスープで、干しエビの香ばしさと旨味が濃厚に抽出され、複雑な味わいだった。

DSC05524.jpg

イベリコ豚は柔らかくてジューシー。腐乳は豆鼓の入った味噌のようで、やや甘い味がイベリコ豚によく馴染む。

DSC05523.jpg

サラダはレタス、紫キャベツ、ベビーリーフ、パプリカなどで、柚子の入った醤油味で和風のドレッシングに近い。

DSC05522.jpg

海老の挟み揚げは2個付く。海老のマヨネーズ炒めのような甘くフルーティな風味。

DSC05525.jpg

車海老、ホタテ、イカの中では車海老が肉厚でボリューム感がある。イカも肉厚だが新鮮さは普通。ホタテは柔らかくジューシー。味付けは上品で広東料理らしい繊細さがある。特に旨いのは中国サラミ。油が甘くて五香粉などの香辛料が効いていて肉汁が複雑な味わいだ。

DSC05526.jpg

デザートはタピオカミルクとクルミ揚げ。クルミがサクサクで良い食感。ココナツミルクも味が濃い。

DSC05527.jpg

港北ニュータウンのランチでは最高レベルの店の一つである。
Aー

テーマ : 中華料理
ジャンル : グルメ

tag : 港北ニュータウングルメ 中華料理

プロフィール

AUme

Author:AUme
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。