スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジアンバーRAMAI横浜伊勢佐木モール店

アジアンバーRAMAI横浜スタヂアム店が閉店してから2か月余り。関東のスープカレーファン待望のRAMAIアジアンバーRAMAI伊勢佐木モール店がついにオープンしました。
場所は関内駅を降りて伊勢佐木モールをしばらく南に進んだところの左側の角のビル。

ビルの前に看板がありますが、店はマクドナルドの角を左に曲がったところに入口があり、エレベーターに乗って7階で降りたところにあります。

この日はオープン初日ということもあって、入口の前にはかなり待っている人がいて、名前を書いて待つこと50分、席に着いてオーダーしてからは10分程度の待ち時間。まだホールスタッフが慣れていないようである。

金色の仏像を思わせるようなレリーフなど、エスニック色の強いインテリアで、テーブルは背の高い仕切りで囲まれているので、パーティーにも向いている。

「やさい(880円)」にチキン(250円)をトッピングする。チキン(980円)だけでもかなり野菜はついてくるのだが、ジャガイモがなかったようなので「やさい」にチキントッピングを注文してしまうのはいつもの通り。ライスは150g、辛さは5をオーダー。

ライスは300gも無料だし、スープ大盛りも無料だが、スープはレギュラーでもかなりの量がある。辛さは3が中辛だが、スープがやや甘いので、5でもさほど気にならない辛さ。

DSC05978.jpg
スープは茶褐色のさらさらしたスープ。こってり感はなく油は少なめだが、チキン系の出汁はかなりコクと野菜に由来するような甘みがあり、味わいが深い。カルダモン、クミン、クローブなどのハーブや薬膳の風味もあり複雑なスパイスの香り。粉っぽいざらついたスパイス感もある。

野菜はジャガイモが皮付きのスライス2個だが、硬めの茹で加減で甘みがあって良い。ニンジン2個もさらに硬めだが甘みがある。ナスやピーマン、パプリカは素揚げで、ナスは切り込みもあり油を吸ってジューシー。カットしたキャベツも甘い。カボチャはスライスした大きめのカットだが、甘くほっこり。

レンコンはやや揚げ過ぎで食感が今一つ。アスパラも揚げ過ぎ。

茹でたオクラやインゲンは普通の出来である。

水菜は以前よりは少なくなったので、スープに絡めると、さほど気にならないが、やはり必要ないと思う。

チキンはレベルが高い。パサパサしたチキンがスープカレーや参鶏湯などのスープ系の料理では多い中で、トロトロの肉に程よい脂が感じられ、まろやかでジューシーなのが素晴らしい。

玉子はウズラの卵が2個。ハーフの茹で玉子よりもスープに良く馴染み、甘さも感じられるので、こちらの方が良いだろう。

ライスはイエローライス、ターメリックライスだろうか。

総合的に見て、関東で食べられるスープカレーとしては最高レベルであり、札幌の最上級レベルと比較しても十分対抗できる味である。

なお、厨房機器の不都合により翌日の3月4日(日)をはじめ臨時休業の日があったようだ。メール会員には知らせが来る。オープンの3日も何らかのトラブルがあった可能性がある。

A


関連ランキング:スープカレー | 関内駅伊勢佐木長者町駅日ノ出町駅


スポンサーサイト

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

tag : スープカレー 伊勢佐木町グルメ

祇園亭

六本木の外苑東通りにある居酒屋だがカレーうどんが名物。近くには関西うどんのつるたんとんがあり、カレーうどんのバリエーションが豊富で魅力的な店だが、今日は祇園亭に決める。

DSC05935.jpg

テーブル席とカウンター席があるが、居酒屋的雰囲気である。夜のメニューだろうが、カレー鍋も出来るようだ。

ランチタイムも禁煙でないため、2人の客が喫煙中で気になる。最近では、ランチタイムに喫煙可能な店が貴重なため愛煙家が集まる傾向がある。

ランチの定食にはハーフのうどんが付く。カレーうどん単品を注文したら、900円だが本当にそれで良いかと店員に確認された。確かに、焼き肉定食やとんかつ定食、豚生姜焼き定食のいずれも900円でカレーうどん付きとお得感がある。

DSC05932.jpg
しかしカレーうどん単品を注文する。餅と牛肉が付くカレーうどん1200円もある。

DSC05931.jpg

カレーうどんはクリーミーカレーうどんとメニューにあるように、クリーミーなタイプでかなり濃厚でスパイシー。辛味も中辛程度にある。乳成分によるのだろうか、やや甘みもあり、クリームイエロー系の褐色。古奈屋のカレーうどんのスープにかなり似ている。

DSC05934.jpg

細かい玉ねぎが大量に表面に漂い、甘さが感じられる。

刻みネギがトッピングされているほかは、具材がない素カレーうどん。

うどんはエッジがない細麺に近い中細の麺。コシは特に強くないが弾力性はあり、表面が釜揚げうどんのようなつるつる感やぬめり感があり、カレーが絡んでつるつると喉を通るスムーズな食感がある。

紙エプロンは用意されているので着用した方が良い。麺に弾力性があるので意外に汁が撥ねる可能性あり。

単品のクリーミーカレーうどんは麺の量がほどほどでちょうど良いが、具材がないのが少し寂しいところでもある。

カレーうどんファンとしては、定食に付けるよりも、具材やトッピングのバリエーションを増やしてほしいところである。




関連ランキング:うどん | 六本木駅六本木一丁目駅麻布十番駅


テーマ : うどん
ジャンル : グルメ

tag : カレーうどん 六本木グルメ

プロフィール

AUme

Author:AUme
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。