スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国飯店富麗華

日本を代表する中華料理店、中国飯店の旗艦店は麻布十番の駅に近い東麻布の富麗華。間口は狭いので見過ごしそうになるが、内部はかなりの広さがある。

DSC06319.jpg

平日のランチに訪れるが、1階のホールは禁煙だが満席で、喫煙席はあるが喫煙者はいないとのことである。良く意味は分からなかったが、了解して案内してもらうと、ワイングラスの並ぶバーカウンターを右側に曲がった奥が喫煙席だったが、客は誰もいなかった。少しタバコの匂いが漂う。壁には彫刻がある落ち着いた室内のソファ掛けのゆったりした席で、ホールの席よりは落ち着けるが、ホールで演奏される中国楽器の音色は聞こえてこない。

DSC06309.jpg

平日のメニューは2000円の麺料理の入ったセットメニューもあるが、お勧めは2500円のお手軽なミニコース。6品が付く。北京ダックの軽いものがプラス1200円で付けることができるということだったが、まずはコースを試してみることにした。

DSC06308.jpg

ワインはグラスの白を。2人でアルザスのゲヴェルツトラミネールとナパのシャルドネを注文する。ゲヴェルツは甘めの深い味わい。中華の甘い料理には肉料理を含めて最高に合う。ナパのシャルドネは酸もあり、樽香はやや抑え気味でボリューム感があり、これも中華に合うし、かなりこれは安くゲヴェルツの半額である。両方とも120CCほどあって、ランチではこれだけでも十分だ。

まず、最初の焼き物の前菜は叉焼。これが見事。豚肉は脂がほとんどなくしっかりした繊維質のシコシコした食感が味わえる。肉にほんのり八角の風味と表面に塗られた蜂蜜の甘さが良く溶け込む。付け合わせはインゲン。

DSC06310.jpg

二品目は点心三種盛り合わせ。大根餅、よもぎ餃子、海老餃子。よもぎ餃子の凝縮感のあるよもぎの香りに白身魚が少し添えられ、味わいが素晴らしい。大根もちはねっとり少し甘く、干海老が香ばしい。海老餃子はベーシックな料理だが、丸ごと一匹の海老のプリプリ感と甘さに技術の高さがうかがえる。

DSC06311.jpg
DSC06312.jpg

スープは白身魚と椎茸のスープ、香菜風味。溶き卵のように見えるのが実は細かくほぐした白身魚。細かくカットされた椎茸の深い出汁が抽出されて、鶏ベースのスープに深みが加わる。やや甘いながらも濃厚な味わい。

DSC06313.jpg

メインは豚トロとズッキーニの香ばしい炒め。ちょっと苦みのあるズッキーニにパプリカ、豚トロはトロのイメージと異なり、脂がなく筋肉質だが、これもシコシコとした繊維の食感と肉の味わいが深い。やや冷めていたのは少量のためか。メインとしてはかなり量が少ない。

DSC06314.jpg

ご飯は杏子と空豆の海鮮入りチャーハン。これはこの日の最高レベルの料理である。海老と炒めネギの香ばしいさに空豆の香りと食感が加わり、ほんのり甘酸っぱい杏子が下の方から顔を出す。油のべとついたところは全くなく、ご飯と具材の深い味わいが最後まで持続する。

DSC06315.jpg

デザートはタピオカ入りココナッツミルク。濃厚ではあるが、これはやや普通。

DSC06317.jpg

お茶はろうそくで最後まで保温される。

DSC06318.jpg

これだけのコースだが1時間半。ゆっくりランチを楽しめる。中国飯店の他の一部の店と異なり、平日のランチとはいえども手抜きは全くなく、料理、雰囲気、サービス、ワインとも最高水準で、王道を行くクラシックな中華として、日本では最高レベルだろう。量も適度な配分で、ランチとしては重くない。ミシュラン二つ星も納得。ホールでは中国の打弦楽器、楊琴の演奏も楽しめる。

A+


関連ランキング:中華料理 | 麻布十番駅赤羽橋駅神谷町駅


スポンサーサイト

テーマ : 中華料理
ジャンル : グルメ

tag : 中華料理 麻布十番グルメ

蕎麦小路さわらび

地下鉄半蔵門の駅から近い通りに面した路面店。2人掛けテーブル中心の小ぢんまりした12席の店である。

DSC06274.jpg
厳選されたメニューに天ぷら類はない。旬も終わりつつある炭火焼鴨汁せいろを注文する。

DSC06269.jpg
DSC06267.jpg
DSC06268.jpg
蕎麦茶と刻んだ白ネギが出される。ざるに盛られた蕎麦はほんの少し太めで少し黒みがかった外観。

DSC06272.jpg
エッジがしっかりしていて、硬めでややざらついているが弾力性はあり、信州蕎麦の鄙びたイメージがある。繊細さというよりは水墨画のような侘びと寂の趣がある蕎麦

三つ葉と刻んだユズ。味は濃厚で醤油の風味が強く感じられる。カツオ出汁も濃厚で、繊細さというよりは芳醇で重厚な味わいの鴨汁。

DSC06271.jpg

鴨は4切れ。鴨は炭火でじっくり、ゆっくり焼いて十分に火入れしてあるため、肉が柔らかく、肉汁がジューシーである。

蕎麦湯で汁をのばしても力強い味わいは消えない。蕎麦湯自体はさらさらしたもの。

店主の修業した鎌倉のイメージにふさわしい、都会的な洗練性や繊細さはないが、禅宗的な武家文化を感じさせるような重厚で無骨な蕎麦を出す、雰囲気のある蕎麦店である。

A-


関連ランキング:そば(蕎麦) | 半蔵門駅永田町駅麹町駅



テーマ : うどん・そば
ジャンル : グルメ

tag : 蕎麦 半蔵門グルメ 鴨せいろ

桃の木

港区三田の中華料理店。桜田通りから三箸の橋方面に少し入ったところの右側にある。中に入ると右側に少人数のテーブル席。奥の左側にカウンターと厨房。左側の窓際にテーブル席がある。

DSC06178.jpg
カウンターの上には大きな文旦や燕の巣、フカヒレなどの中華食材が吊るされたり並べられたりしていて、雰囲気を出している。

ランチのコースメニューは予約時に尋ねられたので、2500円のメニューに。

ワインリストはかなりの種類の手ごろなワインがあったが、グラスワインはシャンパン、白、赤1種類ずつだった。白はオーストリア、グリューナ・フェルトリーナを注文する。因みに赤は南コートローヌのグルナッシュ主体のものだそうだ。

DSC06179.jpg

ワインとともに、甘く炒った松の実が出される。シャンパンに合いそうだ。
DSC06178.jpg

前菜は干豆腐のレモン和えと当店の定番の紅芯大根と貝柱の和え物。両者とも繊細でエレガントな料理。干豆腐はすっきりした清涼感がある。貝柱は量が少ないが、大根のシャキシャキ感に香りと味わいを加えている。

DSC06181.jpg
DSC06182.jpg
揚げピータンと砂肝の和え物。この店ではピータンは揚げて出す。香りが上品で細かい砂肝のコクやねっとり感が良く合う。

DSC06180.jpg
点心は小籠包が2個。蒸し過ぎのためか、底の皮が弱く、蓮華で下から掬うように食べないと、皮が破けて美味しい肉汁が出てしまう。小籠包は鼎泰豐などの専門店のレベルには達していないようだ。

DSC06183.jpg
主菜はワカメとエンドウの炒めもの。空豆、チンゲンサイも入っている。シンプルな炒め物だが豆の甘さとワカメの海草特有の香りと食感、細かく刻んだ干し海老の香ばしさがエレガントで新鮮な発見がある。

DSC06184.jpg
食事は広東風煮込み焼きそば。塩味とオイスターソースを選べるが、オイスターソースにする。かなり甘い味付けであるが、コクがあり、やや幅のある平麺がしこしこしていて美味しい。具材は黄ニラのみのシンプルな麺料理。

DSC06185.jpg
デザートは6つの中から選べる。マンゴープリンも魅力的であったが、杏仁豆腐を選ぶ。クリーミーでまろやか。上質な生クリームの深い味わいが楽しめる。

DSC06189.jpg
DSC06187.jpg
小籠包以外は肉類がほとんどなく魚も干し海老や貝柱などごくわずかで、精進料理のように野菜中心で繊細な中華料理である。上品だがちょっと禁欲的すぎるか。

A-


関連ランキング:中華料理 | 三田駅田町駅白金高輪駅


テーマ : 中華料理
ジャンル : グルメ

tag : 中華料理 三田グルメ

ナザ

市ヶ谷の東郷公園に近いところにオープンしたアジア料理の店。インド料理とタイ・ベトナム・インドネシア料理などのアジア料理の二つの分野の料理を提供する。料理人がそれぞれ別のようである。

DSC05984.jpg
DSC05983.jpg
カレーが2種類とナン、ライス、サラダが付くカレーのセットも魅力的だが、タイ風焼きそばがあるのでこれを注文する。

DSC05979.jpg
まず、サービスのマンゴーラッシーが出される。良くあるタイプの味。

DSC05980.jpg
タイ風焼きそば、パッタイの麺は通常米粉を原料とするタイのビーフン、センレックだが、ここでは普通の中華麺の細麺が使われている。通常のパッタイのようなもちもち感がなく、上海焼きそばに似たイメージのため、少し物足りないところがある。

DSC05981.jpg
具材は、キャベツ、モヤシ、ピーマン、ニンジン、ニンニク、玉子、かなり大量の乾し海老といったところで、刻みネギがトッピングされている。かなりトウガラシが効いて辛めの味付けだが、甘さもあり、海老の香ばしさやナンプラーの味とともに、タイ料理のエスニック感はある。レモングラスなどの酸味は少ない。

DSC05982.jpg
スープはモヤシ入りの透明な汁で、少しビーフンが入っていて、たぶんフォーに使われているスープかと思われる。ニョクマムなどが入って、コクと味わいはある。

海老せんべい2枚とキュウリなどのサラダが付く。

C+
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
カレーのセットは5種類から2種類を選ぶ。1種類のみのカレーのランチメニューがないのは珍しい。

この日は、定番のチキンとやや甘口のバタープラウンを選ぶ。セットにはナン、ライス、サラダが付く。ライスはメニューの写真はイエローライスだが、白いライス。サラダはメニューにはトマトなどが加わっていたが、シンプルなキャベツに摺り下ろしニンジンのあまいドレッシングがかかる。

DSC06000.jpg
マンゴーラッシーがまず運ばれる。

チキンカレーは良くあるブラウンのタイプだがかなり生の香辛料が入って、スパイシーな味わい。辛さはトウガラシ2本の中辛とのことだが、トウガラシの辛さはほとんど感じられず、なめらかでマイルドな味わいである。チキンはとろとろに柔らかく煮込まれたものが数個。

DSC06002.jpg
バタープラウンはバターチキンの海老バージョン。なめらかでマイルドだが、こちらもカルダモンの実やコリアンダーなど生香辛料も入り、やや辛さも感じられる。ただ、味がやや薄味で、バターもさらっとしているため、ボリューム感に欠ける。海老も小さいものが1個入っているだけだ。

2種類のカレーともに、やや容器が小さく感じられた。

ナンはふんわりしたタイプで、もちもちしているわけではないが、ぱさぱさ感はない。
ライスは金属製の器に入っているため、形はきれいでないが、カレーをかけてスプーンですくって食べたり、スプーンでライスすくってカレーに浸して食べるのには問題ない。

DSC06003.jpg
特にインパクトがあるインド料理ではないが、平均レベル以上ではある。

B-


関連ランキング:インド料理 | 市ケ谷駅半蔵門駅麹町駅


テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

tag : 市ヶ谷グルメ インド料理 タイ料理 東南アジア料理

プロフィール

AUme

Author:AUme
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。