スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OPÉRA

沼津市の中心市街地の上土町、狩野川にかかる御成橋に近いホテルの隣のビルの1階にあるフレンチ、ワインバー。

DSC07470.jpg

シェフの渡邉祐一氏は富士市出身。東京の平井にあるジビエで有名なレストランコバヤシで修業されたのち、フランスに渡り、アルザスやパリなどで修業されて、2006年に開店した店だ。アンドゥイエットやブーダン・ノワール、テリーヌなどシャルキトリーを得意とする。マダム兼ソムリエールの祥子さんは神戸の出身で、北野の「シェ・ローズ」で修業されたあとアルザスへ。東京でさらに修業されてソムリエ資格を取得したそうである。

週末ランチは夏季限定の営業。メニューは2800円のプリフィクスのコースと4000円のお任せコースがある。プリフィクスは、アミューズ、前菜5品、スープ2品、メイン4品からそれぞれ1品とデザートと食後の飲み物も選ぶことが出来る。

DSC07471.jpg

まず、アミューズは豚肉のリエット。シェフの得意とするシャルキトリーの一つ。やや濃いめのしっかりした味。繊維がきれいに残っていて、スパイスの程よい加減。ラギオールのナイフが添えられている。

DSC07473.jpg

前菜は、帆立のカルパッチョ 根セロリのピュレ添えを。根セロリはクリーミーな味わいで、カブとジャガイモの中間的な味わい。甘く柔らかい風味のホタテにレモン風味の酸味が生き生きとした爽やかなジュレが良く合う。ピンクペッパーが彩りを添える。帆立には爽やかで酒質のやさしいアルザス・リースリング2010をグラスで。

DSC07474.jpg
DSC07472.jpg

スープは新玉ねぎの冷製スープ。コンソメ・ジュレが添えられていて、さっぱりとクリーミーな味わいながら、複雑さもある。

DSC07475.jpg

鴨モモ肉のコンフィはフランスのビストロ料理では定番の一品。低温の油でじっくり火入れしているため、皮はパリッと焼き色が付いていて香ばしいが、中はとろけるように柔らかくジューシー。グラスワインはDOMAINE PARENTの POMMARD 2004を合わせた。ラタトゥイユが付け合わせで鴨の下にあるため、鴨の肉汁と野菜の汁が混じり合ったソースとなっている。

DSC07476.jpg

デザートはフォンダンショコラ、アイスクリーム添え。濃厚なチョコレートムース。

DSC07477.jpg

ワインリストは素晴らしいワインが揃っている。シャンパーニュはKRUGもオンリスト。

DSC07478.jpg
DSC07479.jpg

一度、ディナーを味わってみたいところ。沼津のような地方都市で、フランスのアルザスやリヨンを感じる本格的なフレンチが楽しめるのが素晴らしい。

A


関連ランキング:フレンチ | 沼津駅



スポンサーサイト

テーマ : フレンチ
ジャンル : グルメ

tag : フレンチ 沼津グルメ 沼津プレミアグルメ 沼津フレンチ

海皇Tokyo赤坂店(海鮮酒家 海皇)

赤坂一ツ木通りのビル6階にある、中華料理の老舗。40年ほど前に、従来なかった海鮮中華料理というジャンルを確立させた功績者。当時は大変な人気で、テレビCMも派手に放映していた。

DSC07419.jpg

現在はビルの6階ということもあって、ラインタイムは閑散としている。内装は一昔前の高級中国料理店らしい造りだが、豪華でゆったりとしていて、落ち着くことが出来る。

DSC07426.jpg

ランチタイムはコース料理のほか、手軽な定食メニューがある。麺やお粥(夏場は冷麺も選べる。)と点心のセットもあったが、鯛飯のセットがあったので、こちらの点心とのセットを注文する。

DSC07427.jpg
DSC07428.jpg

鯛めしはご飯の上に蒸した鯛とエノキやネギなどが載せられ、甘辛い醤油ベースのタレがかけられている。よく混ぜて召し上がれとのことであった。

DSC07424.jpg

たれは鰻重のたれのような甘辛さ。ふっくらと蒸された鯛にタレを絡めると鰻重のようなニュアンスも感じられる。タレにコクと旨味があり絶妙な味加減である。

DSC07425.jpg

蒸した点心が3種。肉餃子、海老餃子、肉シュウマイ。海老餃子のぷりぷり感も良いが、超粗挽きのひき肉を使ったシュウマイも旨い。野菜は青菜蒸し。

DSC07422.jpg

スープはチキンの透明なスープだが濃いめの味付けとスパイスで平均以上の出来栄え。

杏仁豆腐は生クリームを入れない古典的なもので、キウイが添えられていた。

量も程よく、静かで涼しくサービスも良い快適な中華料理店である。

A-


関連ランキング:中華料理 | 赤坂駅赤坂見附駅溜池山王駅

テーマ : 中華料理
ジャンル : グルメ

tag : 赤坂グルメ 中華料理

鈴よし

地下鉄赤坂見附駅に近いビルの地下1階にある京料理店。白木のカウンターが清潔な感じ。テーブル席もある。

DSC07288.jpg
DSC07287.jpg

ランチの出汁巻き玉子膳が名物。メインの出汁巻き玉子はふんわりとして厚みがあり、存在感がある。味は薄く、出汁も控えめで、醤油のかかった大根おろしが添えられている。まず、大根おろしを付けずに食べると、玉子本来の素材のもつジューシーな食感と優しい甘さが味わえる。

DSC07289.jpgDSC07283.jpg

炊き合わせは、切干大根、ニンジンとインゲン、シイタケ、揚げなど。こちらもうっすらとした優しい味で、京料理らしい繊細な味わいである。

DSC07284.jpg

焼き魚の塩鮭は、やや濃いめの味付けだが、身がふっくらとしていて、ジューシーでかなり調理のレベルが高い。

味噌汁は普通の赤出汁だが、薄味ながら出汁は良く出ている。

ご飯は釜炊きではないようだが、ふっくらしてまずまず先ずの出来。刻んだしば漬けやたくわんなどの漬物が付く。

京料理の定食としては、驚くほどのレベルではないが、このような店で予約なしにゆっくりと食事を出来るのは、結構なことである。

B+


関連ランキング:京料理 | 赤坂見附駅赤坂駅永田町駅


tag : 赤坂グルメ 京料理

知味 竹爐山房

吉祥寺駅南口から井の頭通りを西に向かいJRのガード超えると間もなくのビルの地下1階に店がある。竹林の中を地下に降りて行くイメージである。予約なしで行ったためかなり待つことになる。予約がないと大テーブルの相席もあるよだ。

DSC07290.jpg
DSC07296.jpg

土曜日には日曜祭日にないランチメニューもあるが、店の特徴の感じられる料理をグランドメニューから選ぶことにする。

DSC07291.jpg

春巻き。良くある春巻きとはかなり異なる。具材はカニ、ネギ、ニンジンで白色。ねっとり感はないため、やや乾いた食感だがカニ独特の香りと旨味が強く感じられる。皮はパリパリに揚げられている。ウスターソースをつけていただくのは、かなりユニーク。

DSC07292.jpg

京ゆばとしいたけの塩味煮。京ゆばにタケノコ、シイタケ、もやし、ニラ、サヤエンドウなど豊富な野菜の塩煮込み。京ゆばと野菜の素材の味わいを最大限に生かした塩煮込みは、京都風の淡い味わいの料理。シイタケの旨味が濃厚に染み出ている。

DSC07293.jpg

ハムユイ(発酵魚)のチャーハン。ひき肉、玉子、ネギなどの一見普通のチャーハンだが。やや褐色がかった色合いの複雑な味わい。ひき肉をナンプラーで炒めたタイ風チャーハンのように臭豆腐やニョクマムのような発酵臭が漂う、やや濃い味つけだが旨味が濃厚である。対照的に、一緒に出される鶏のスープは雑味のない淡麗な味わいで、これも旨味成分が凝縮されている。

DSC07294.jpg

季節の白身魚のXO醤炒め。黄ニラ、パプリカ、青菜、シイタケ、鯛。揚げた鯛にXO醤がからみ、赤唐辛子の輪切りのピリッとした辛味に五香粉などのスパイシーな香りが感じられる。これも干しシイタケと干しエビの味わいが濃厚に出ている。魚はから揚げにされて、表面のカリカリ感と淡白で柔らかな白身のねっとり感もあり、食感が心地よい。

DSC07295.jpg

乾物を多用し、深く複雑な味わいを作り出すテクニックが当店の特徴であり、素晴らしい。

料理のレベルの高さに比較して、サービスレベルは最高レベルとはいえないが、年配層を中心に美食レベルの高そうな地元の常連客が、ゆったりと食事を楽しんでいる。

ランチタイムも含めて、予約をした方が無難なようである。




関連ランキング:中華料理 | 吉祥寺駅井の頭公園駅

テーマ : 中華料理
ジャンル : グルメ

tag : 中華料理 吉祥寺グルメ 山本豊

プロフィール

AUme

Author:AUme
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。