fc2ブログ

かれーの店 うどん

JR五反田駅から近い山手通りから、ほんの少し入ったところにある店。札幌系スープカレーを目指した店ではなく、たまたま、カレーの形態がいわゆるスープカレーに似ているため、常連の指摘により店名もスープカレー店と称しているようである。したがって、札幌系のスープカレーのような多彩な種類の野菜は入っていない。食べ方なども、札幌系スープカレーのイメージを忘れるように店のホームページは指示している。初心者には夜スープ又は季節の夜カレーを店では勧めているので、今日は季節の夜カレーをオーダーする。冬の12月から2月はかきのカレー。辛さは選ぶことはできない。このカレーのスープはバジルと薬膳のいずれかを選べる。どちらもスープはかなり辛い。酸味も、甘みもないわけではないが、少ないほう。
具材は4切れのカキのみ。店では「バジル」はかきに合わせた特製のスープでお勧めだという。チーズトッピングも推奨している。
スープ自体のレベルは、薬膳のほうが凝縮された薬膳系スパイスで味わいが深い。薬膳系のスパイスの効果か、汗がかなり噴き出し、体が温かくなる。「バジル」も濃厚なバジル風味で、いずれも油の少ないさらさらのスープだが、かなりスパイシーである。かなり辛さはきつく、赤トウガラシ系のカプサイシン由来の香りもあるが、辛さの選択の余地はないので気をつけなければならない。トマトやなす、チーズなどのトッピングを加えたほうが辛さが和らいでよいだろう。
ストレートにスープを味わうために、ライスとスープを別に食べることを店は推奨している。しかし、4切れのかきのみの具材では、濃厚スパイスのスープとはいえ、後半ではやや味覚が飽きてくる。
スープには、玉ねぎなどの野菜のみじん切りが浮いていて、野菜ベースのスープづくりがうかがわれる。しかし野菜由来の甘さはさほど感じられない。深く、ひたすらにスパイス系のスープが追究されているため、かなりマニア好みの濃厚スパイス系のスープが出来上がっているという感じがする店である。
総合的には、スパイス系の濃厚スープに関する限り、レベルは高いだろう。
しかし、ベースのスープの出汁の旨味が、スパイスのレベルに追い付いていない。出汁の旨味レベルが劣るのではなく、スパイスのレベルが高すぎるということであり、バランスを欠いているように思われる。このスパイスのレベルでは、相当レベルの旨味系の出汁を加えることにより全体のバランスが良くなり、評価は劇的に高くなるのではないか。B+

RIMG0228.jpgRIMG0229.jpgRIMG0230.jpgRIMG0231.jpg



スポンサーサイト



テーマ : スープカレー
ジャンル : グルメ

tag : スープカレー五反田濃厚スパイス非札幌系

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

AUme

Author:AUme
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード