fc2ブログ

SPICY SOUP CURRY BAR TRIP

高円寺の駅の南側、エトアール通りの西友向かいに店を構えるスープカレー店兼バー。夜はイルミネーションで魅力が増すこの飲食街にあって、この店もカクテルやDJブースがあるので、昼とは違った雰囲気で盛り上がるのであろう。
スープカレーはチキン、ポーク等のベイシックなメニューが並ぶ。辛さが1倍から10倍がメニューにあり、その上は有料(50円増し)となる。
メニューには、スープカレーのほか、ルーカレーもあり、スープカレーには、チキン、ポークのほか、トムヤムスープカリー、サムゲタンカリーがある。この日はスープカレーのチキンの5倍を選択する。この店のスープカレーは、オーソドックスな札幌系である。野菜はデフォルトで極めてバラエティに富み、一般のスープカレー店のメニューの「●●&野菜」に匹敵し、上回るくらいの野菜のバラエティと量である。したがって、野菜追加トッピングは通常では不要。
野菜は、レンコン、じゃがいも、ニンジン、ブロッコリー、カリフラワー、しめじ、水菜、ピーマン(緑、黄、赤)、ズッキーニ、玉ねぎ、キャベツ、ナスといったところか。これだけで13種類である。ないのは、サツマイモ、かぼちゃ、ヤングコーン、アスパラくらい、とにかく種類が多い。具材の質は平均的であるが、ナスを除いて、ほとんどのものが素揚げせずに茹でてある。さらに、ハーフの茹でたまごも付く。辛さ5倍はかなり辛く、トウガラシ系の香りや色がしっかりとしている。スープを味わうには2倍か3倍当たりがベストではないだろうか。ライスはサフランライスにパセリがかかっている。
2番だとかつおだしなどの和風だしの香りがうかがわれる。ということは和風うまみ系のスープカレーである。さらさらスープで、どちらかといえばトマト系、酸味、甘みはあるが、一般のトマト風味のスープカレーほどではない。薬膳系の香りも多少はするが、あまり濃くはない。チキンは骨つきの煮込みだが、トロトロに煮込みすぎず、うまく調理されている。さらに、ポークは角煮(3切れ)に甘辛いうまさが浸み込み、味わいが深い。それでいて、1000円。チキンは900円。札幌でも相当安い部類に入る、コストパフォーマンスのレベルが高い店である。もう少し野菜の素揚げが増えれば、完成度はさらに高まるだろう。スパイスや出汁ももっと濃厚の方がいい。
しかし、スパイス、出汁、具材のバランスが取れているので、このお値段でこれだけの内容は、最高レベルの域である。若者の街、高円寺だからこそか。A

RIMG0311.jpgRIMG0307.jpgRIMG0313.jpgRIMG0314.jpgRIMG0312.jpgRIMG0310.jpgRIMG0315.jpgRIMG0317.jpg






スポンサーサイト



テーマ : スープカレー
ジャンル : グルメ

tag : スープカレー高円寺札幌系スープカレーDJバー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

AUme

Author:AUme
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード