fc2ブログ

ごえてん

高松市の盛り場、古馬場にあるうどんの名店「五右衛門」の唯一の姉妹店。港北ニュータウンの中川駅が最寄り駅だが、駅からは少し歩く。裏手に駐車場もあるので、車で行くのが便利かもしれない。五右衛門は深夜まで店を開けている貴重な店で、飲み会の後にカレーうどんをよく食べ得たが、絶品だった。その後、うどん界の名著「恐るべきさぬきうどん」第2巻で、この店のカレーうどんが紹介され有名になった。

この「ごえてん」は、かつて横浜の伊勢佐木町のカレーミュージアムに出店していた、カレーうどん専門店「五右衛門」がカレーミュージアムの閉館に伴い、移ってきたもの。ちなみに、かつて、この場所には、現在、センター南駅とセンター北駅の間の早淵川沿いにある「こんぴら」があった。当然、この店はカレーうどんがおいしいが、他のうどんも讃岐うどんの正統派、まさに本場の味である。
RIMG0460.jpg


この日は天ぷら付きのかま揚げうどん、通称かま天を注文する。麺はやや柔らかめだがコシと透明感のあるつやつやしたうどん。つるつると心地よいのど越しの本場の味である。エッジも鋭角でしっかりしている。讃岐うどんに良くある誤解として、堅いうどん=コシと思われているが、そうではない。引っ張っても千切れない張りや弾力性がコシである。さらに

表面のグルテンに由来する飴色の透明感、箸に吸いつくような粘着感

讃岐うどんの真髄である。

RIMG0462_20100215132630.jpg

 この店のかま揚げは、付け汁は最後まで薄くならないやや濃いめの醤油味で、かつおだしがしっかり効いている。天ぷらは、揚げたての手作りで、大葉、エリンギ、ピーマン、海苔、大老、かぼちゃ、ナスなど野菜がたっぷりである。大きい海老の衣がやや厚いが他はさっぱり揚げられており、かぼちゃや海苔の香りがよかった。
 カレーうどんは定評があるが、横浜北西部のエリアで、本格的な讃岐うどんが食べられる店として貴重な店である。

スポンサーサイト



テーマ : 讃岐うどん
ジャンル : グルメ

tag : 港北ニュータウングルメ讃岐うどん

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

AUme

Author:AUme
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード