fc2ブログ

カイバル

銀座1丁目、昭和通りに面したビルの2階にある。この店はインド料理店としては珍しい、カフェのように洗練された雰囲気で、天井も高く、席の間隔もあり、姉妹店のグルガオンよりもゆったりとした雰囲気である。

RIMG0946.jpg

ランチのメニューはグルガオンと同様に、日替わりの3種類のカレーが提供され、3種のカレーのセット、1種類または3種類のカレーとバーベキューを組み合わせたセットがある。

RIMG0947.jpg

タンドール料理の専門店なので、タンドーリチキンを試してみたいところであるが、まずはカレー3種のセットをオーダーすることにした。ナンとイエローライス、野菜が付く。

RIMG0936_20100514145955.jpg

この日のカレーは辛口がホウレン草とマトンのカレー、中辛がチキン挽肉とモロッコインゲンのカレー、マイルドがコーンとカリフラワーのカレーである。

RIMG0944.jpg

ホウレン草とマトンのカレーは濃いブラウンのカレーで、マトンはかなり煮込まれている。辛口といっても特に辛いものが苦手でない限り、つらい辛さではない。ホウレン草もかなり柔らかく煮込まれていて、全体としてしっかりとした味のカレーとなっている。香辛料の使い方としてはマトン系のカレーとして一般的である。

RIMG0940.jpg

一方、中辛のチキン挽肉とモロッコインゲンのカレーはオレンジブラウンのカレーだが、かなり荒挽きのチキンが濃厚な独特のハーブの香りに包まれていて、個性あるカレーとなっており、通常のチキンのカレーとかなり異なる。

RIMG0941.jpg

コーンとカリフラワーのカレーは、カレー自体はマイルドな野菜のカレーだが、中に香辛料の粒が入っていて、嚙むとかなり強い香りがはじけ出る。これもかなり個性のあるカレーである。

RIMG0942.jpg

ナンは外はパリッと焼かれていて、中はモチモチのタイプ。イエローライスは量が少なく、ほとんど香りがない。野菜は酸味とスパイスの味のある大根の千切り。

総じてカレーについては、具材の調理では際立った点はないが、独特のハーブや香辛料が多用され、アジアンエスニック色、インド色の強い個性的なカレーとなっている。ランチの日替わりのカレーについては、予め味が想像できず、食べてみてそのスパイスやハーブの個性に驚くことが多いと思われる。

ただ、スパイスやハーブの個性はギリギリのところでおさまっていて、日本人の味覚のギリギリのところで妥協している点は評価できる。

定番メニューにはもう少し洗練された味の料理が多いと思われるが、日替わりのランチメニューには常にスパイスやハーブの意外性が伴う。その想定外の発見がこの店のランチの特色でもある。

RIMG0945.jpg

タンドール料理が売り物の店であるため、ランチのカレーだけでは、この店の適正な総合評価はできないものと思われる。
B+

スポンサーサイト



テーマ : アジアンエスニック
ジャンル : グルメ

tag : インド料理銀座グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

AUme

Author:AUme
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード