fc2ブログ

ダバインディア

京橋の鍛冶橋通りから少し入ったところにある南インド料理の店。グルガオン、カイバルと同じグループに属するが、南インド料理はここだけである。ランリタイム、奥に長い店はいつも満席のようだが、回転が良いのですぐに空きが出るようだ。

RIMG1022.jpg

系列の他店のように単品のカレー(800円)や3種類のカレー(1000円)もあるが、この店のランチの看板メニューであるランチミールス(1200円)を注文する。日替わりの3種類のカレーとサンバルカレー、ラッサムスープ、バトゥーラ(揚げパン)、パパドが付く。これを注文。

RIMG1012.jpg

ミールスは北インド料理の定食ターリに対して南インド料理の同様の定食を意味する言葉。

本日の日替わりカレーは辛口がマトンの挽肉とカリフラワーのカレー中辛がチキンとホウレン草のカレー、マイルドが豆とオクラのカレーとなっている。

RIMG1019.jpg

マトンひき肉とカリフラワーのカレーはこのグループの店の特徴である、生のスパイスがふんだんに使われていてスパイシーなカレー。辛口にしては、さほど辛くはないが、カルダモンやシナモンが炸裂してかなり強烈な香りがする。味はかなりしっかりしている。

RIMG1013.jpg

ホウレン草とチキンのカレーは薄い褐色のマイルドなカレー。ホウレン草がとろとろになっていて、チキンも柔らかい。クリーミーだが、かなりコリアンダーなどのハーブ系のスパイスが入っていて、エスニックな香りが豊かである。

オクラとマスール豆のカレーは、黄褐色のカレーで、豆がかなり煮込まれていて、とろとろとなっており、オクラも細かくて原形を失っているほどに煮込まれている。豆の香りが豊かなカレーで、今日のカレーの中ではスパイスは比較的マイルドである。

RIMG1015.jpg

サンバルカレーは野菜のカレーで、野菜は良く煮込まれて原形は不明だが、豊かなコクと旨味のあるカレーである。クミンの種子がかなり入っていた。

ラッサムスープはトマトベースの酸味と辛味のあるスープだが、ほんのりと甘さがあり、香味系スパイスなどにより滋味に富んだ深みのあるスープである。

バトゥーラはナンを揚げたようなパンであるが、パサパサしておらず、しっとりした食感で個人的にはナンよりも好みである。甘酸っぱいチャツネが付いていて、つけて食べるとおいしい。

RIMG1016.jpg

パパドは大きく薄い揚げせんべいで、薄いエビせんべいのイメージ。パリッとして香ばしい。

RIMG1017.jpg

以上、5種類のカレー系の料理と、2種類の穀物系料理に日本米のライスが付く。極めてバラエティに富んだ香辛料と食材の饗宴であり、満足度の高いものである。


スポンサーサイト



テーマ : アジアンエスニック
ジャンル : グルメ

tag : インド料理南インド料理京橋中央区

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

AUme

Author:AUme
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード