fc2ブログ

悠讃

飯田橋駅から歩いて5分くらいのところにある大型の讃岐うどん店。カレーうどんが評判である。

RIMG1056_20100615104534.jpg

かなり並んでいる人がいたが、カウンター席はすぐに空いて案内された。

RIMG1050_20100615104535.jpg

メニューには通常のうどんがあるが、特製カレーうどんと玉カレーうどんがある。特製カレーうどんをオーダーする。

RIMG1055_20100615104534.jpg

数分後、特製カレーうどん登場。紙エプロン付きである。この店のうどんはコシが強い。正確に言うと弾力性があるので、紙エプロンは必須アイテムである。装着することをお勧めする。

RIMG1052_20100615104534.jpg

カレーうどんであるが、出汁の色はかなり白っぽいイエローブラウン、ココナツカレーのような色である。出汁は実際にかなりクリーミーであるが、ココナツの香りは感じられない。牛乳か豆乳を使っているのだろうか。茹麺にルウカレーをかける讃岐流とは異なり、東京で普通にある出汁のあるカレーうどんである。

しかし、かなりこってりとしたコクと甘みのある、相当に濃厚な出汁である。具には和牛のシャブシャブ用の薄切り肉(の切り落とし?)をとろとろになるまで煮込んで、原形がなくなって小さな破片となった肉がかなり入っている。そのフォンド・ボーのような出汁がスープ全体のコクと旨味になっている。さらには、玉葱のとろみと甘さも感じられ、薬味として白ネギ、青ネギも入る。

RIMG1054_20100615104534.jpg

スパイスは舌にざらつくぐらい豊富で、辛さも中辛レベルであり、全体にスパイシーで、クリーミー感が古奈屋にも似ているが、牛肉に由来する動物系のこってり感が特徴的である。

うどんはやや平打ちの太めのうどんで、香川では綾川流域から坂出方面に良く見かけられるタイプである。弾力性、反発性が高く、やや重みがある麺であるが、粘着性や透明性は比較的低い。うどん自体のレベルが高いので、他の熱いうどんや冷たいうどんも是非試してみたい。

RIMG1051_20100615104535.jpg

ランチには小さいご飯が付くがこの日はゆかりご飯だった。

B+

スポンサーサイト



テーマ : カレーうどん
ジャンル : グルメ

tag : 飯田橋グルメカレーうどん讃岐うどん

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

AUme

Author:AUme
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード