fc2ブログ

タイ家庭料理 コンケーン

新宿通り麹町の交差点からプリンス通りに入り、2番目の通りを左に入って少し行くと右側にある店。大衆食堂の雰囲気のタイ料理店である。

RIMG0306_20100702114346.jpg

ランチタイムは近くのサラリーマンで大変混んでいて、この日もほとんど満席。4人がけの小さなテーブルに合席となる。

ランチのメニューは焼きそば(パッタイ)、鶏肉のバジル炒めごはん(ガパオ)やグリーンカレーなど、定番メニューもあるが、そばのメニューのバリエーションが豊富である。

RIMG0303_20100702114346.jpg

この日、頼んだのは野菜グリーンカレーそば(750円)というメニュー。そばにライスとサラダが付く。数分待ちで供される。

野菜は天ぷらが6種類。春菊、ごぼう、舞茸、ニンジン、レンコン、ナスと春菊以外はスープカレーにもトッピングされるメニューなので違和感はない。それにサニーレタスと茹でたもやし、赤ピーマンが加わる。天ぷらは揚げたてではないが、冷たくはなっていない。

RIMG0305_20100702114346.jpg

春菊はかなり大きい。レンコンは薄くせんべい状にカリッと揚げたもの、ニンジンは短冊、ごぼうは繊切りのかき揚げ、ナスは末広切りといったように、それぞれ、スープが絡みやすいように工夫されている。

スープはグリーンカレースープで、ココナツ風味のかなり甘味のあるクリーミーの茶色がかった乳白色のスープをベースに、プリック・キー・ヌー(青唐辛子)が溶け込んだ薄いグリーンの油が表面に相当量浮いている。表面にはハーブ系のスパイスが小さな斑点状に散らばっている

プリック・キー・ヌーのかなり刺激的な辛さに、ハーブ系のスパイスやナムプラーの香りが加わりエスニックな複雑性のあるスープとなっている。ただ、全体としては、かなりの量の辛味油によるオイリーでかつ刺激的な食感で、完食するには胃袋の強じんさも要求される。

麺は平打中細麵のセンレックでスープに良く絡むが、天ぷらもあるので、一瞬、稲庭うどんのような錯覚も覚えた。

サラダはレタス、キャベツ、プチトマト、リンゴ、赤ピーマンなどで、ドレッシングはほとんど感じられない。

ご飯はインディカで量もかなりあり、残ったカレースープを全量かけても十分なほどの量である。しかし、相当、がっつりしたランチとなるので、ダイエットの観点から注意を要する。タイ料理としては「家庭料理」というだけあって、B級グルメのイメージが濃厚であるが、それにしてもこれで750円は安い。
B+

スポンサーサイト



テーマ : アジアンエスニック
ジャンル : グルメ

tag : タイ料理麹町グルメカレーそば

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

AUme

Author:AUme
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード