fc2ブログ

ハンジロウ③

東急東横線綱島駅前から日吉方面に歩いてわずかなところにあるこの店は、関東を代表する正統派の札幌スープカレーの店である。

RIMG0319.jpg
RIMG0318.jpg

すでに3回目の訪問。休日の昼時だが、暑さでスープカレーは敬遠されているためか、行列もなく待たずに案内される。

RIMG0317_20100706143841.jpg

今月のスープカレーも気になったが、札幌から戻って最初の店であり、本場との比較の意味から、定番メニューのチキン野菜スープカレー(1300円)を注文する。辛さは中辛の2番、ライスは少なめ(150g)、そしてここがとても重要なのだがスープは大盛り(+200円)にする。

RIMG0318.jpg
RIMG0313_20100706143841.jpg

スープは豚骨、鶏ガラ、香味野菜、果物によるブラウン色の西欧風のスープ。久留米あたりのこってり系の豚骨ラーメンのように、ややとろみが感じられるくらいにトロっとした濃厚な動物系の出汁成分が抽出されていて、濃厚でオイリーなうまみがある。トマトなどの野菜の酸味や果物の甘さも感じられるが、酸味は比較的少なく、しょっぱさも少なく、味付けは薄味である。

RIMG0315_20100706143841.jpg

一方、香辛料はかなり濃厚で、香味野菜のハーブ系の香りのほか、バジル、褐色や薄茶色の西欧系のスパイスが目にも見えるくらい惜しみなく大量に投入され、濃厚で芳醇な香りと辛さを醸し出している。

野菜は素揚げのレベルが高いのが特色である。かぼちゃは大きく薄くカットされたものが1枚素揚げされているが、かなりの薄さだが甘さとホクホク感が強く感じられる。ジャガイモは丸ごと1個素揚げされているが、表面はカリッとしながら、中はジューシーでもちもち感がある。

ナスは皮の一部を縦に剝いたもの縦にカットして、さらに斜めに包丁を入れて素揚げしているため、相当油を吸ってジューシーであるが、かなり熱いので食べる際には注意を要する。

ブロッコリーの素揚げはやや焦がして香ばしさを出している。オクラはやや揚げ過ぎで色が変わっていたが、さっと茹でたほうがいいのではないだろうか。ピーマンもしゃきっとしている。

ニンジンは茹でてあり、柔らかくて甘い。ヤングコーンも香ばしい。

ゆで玉子はしっかりと茹でたものがハーフ、良くスープに絡ませて食べたい。

RIMG0316.jpg

チキンは骨つきのモモでかなり大きくボリュームがある。このため、肉がパサパサにならずにジューシーで完成度が高い。味付けはないため、玉子と同様しっかりとスープに絡めさせて味わう必要がある。

ライスには野沢菜漬がのっている。

RIMG0314_20100706143841.jpg

この店の最大の問題はスープの量である。こってり、トロっとしたスープであり、味がやや薄めということもあって、具材にしっかりと絡めて食べる方が味わいは豊かになる。ライスもスープに絡めて食べると、具材の多いメニューの場合、スープが不足しがちである。特に、ライスを大盛りにする場合は、スープ不足が必至である。

そこで、チキン野菜スープカレーなどの具材の種類の多いメニューやライス大盛りを注文する場合は、スープ大盛りをお勧めしたい

一回り大きな容器で提供されることになる。しかし、ライスを少なめにしたにもかかわらず、スープは余らず、ギリギリの量であった。さらさらスープではありえないことであるが、具材の種類の多いメニューでは店としてもデフォルトでスープを増量することを期待したい。

スープカレーのハンジロー (スープカレー / 綱島)
★★★★ 4.5


スポンサーサイト



テーマ : スープカレー
ジャンル : グルメ

tag : スープカレー横浜グルメ東横沿線

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

AUme

Author:AUme
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード