fc2ブログ

南印度ダイニング武蔵新田

多摩川線武蔵新田の駅から近い大通りに面した店。多摩川線も目蒲線から切り離されたため、ややローカル線のイメージとなり不便になってしまったが、この店は駅から近いし、池上線の千鳥町駅からも近い。

RIMG0420.jpg

南インド料理の専門店の第2号店だそうである。メニューには日替わりのカレーセットもあれば、インド料理店のランチメニューに良くある、1種類または2種類のカレーやチキンタンドーリ、チキンティッカを組み合わせたメニューもあるが、当店の特色としては、日替わりの薬膳カレーのランチとランチミールスになるだろう。

RIMG0408.jpg

特に、ランチミールスは7種類の料理、サンバル、ラッサム、クートゥ、プリィエル、マサラワダ、チャトニ、ウルカイに、パパド、プーリー、ライスとチャイ(温又は冷)が付く。

RIMG0409.jpg

ステンレスの大皿にバナナの葉が敷かれ、その上に数々の料理が盛られている。

RIMG0413.jpg

サンバルは野菜のイエローのカレースープ、大根、ナス、レンズ豆が入っていた。スパイシーであるが、ココナツの香りがほのかに感じられる。1㎝角の大根がおでんの大根のようにカレースープを吸ってとてもジューシーである。

RIMG0414.jpg

ラッサムはトマトとタマリンドの酸味とチリの辛さが効いた熱々のスープ。甘さがほとんどなく、トマトの酸味とスパイスが絡んで複雑な味わいがある。トムヤムクンに似ているナムプラーが入っていないためストレートな味わいで、シャープできりりとしたホットなスープである。

ジャガイモのクートゥは、玉ねぎなどとともに柔らかく煮込まれている。カレーリーフやクミンシードなどの黒いスパイスが入っていてかなりスパイシー。

RIMG0415.jpg

ほうれん草のプリィエルは炒めもの、シンプルな味付けで、他の料理に比べて量が多い。

マサラワダという豆の揚げものは外がカリッと揚げられていて、香ばしく、豆がすりつぶされているが、粗挽きのため豆の食感がコリコリと感じられコロッケとメンチカツの中間的なイメージでもある。

RIMG0416.jpg

チャトネはニンジンを粗くすりつぶして香辛料を加えている。甘くてさっぱりしていて、マサラワダにつけて食べると味わいが増す。

ウルカイはインドのピクルスではニンジン、レンコンなどが細かくカットされ、酸味とかなりの辛みがある。

ライスは白米で、日本米とのことであったが、インド風の炊き方をしているのか、粘りが少なくインディカの趣があった。

プーリーは全粒粉の揚げパンで、ふっくらと揚がっていて油は少なめで、軽い食感でヘルシーなイメージである。

チャイは冷たいものをいただいたが、カルダモンやショウガが入っていて、スパイシーでエスニックなイメージ。甘さをガムシロップで調節できるが、多少甘めの方が良いだろう。

RIMG0418.jpg

連れの薬膳の曜日替わり野菜カレー(850円)はローズマリーなどのハーブ系緒スパイスが豊富に入り、個性的な深い味わいである。

RIMG0417.jpg

メニューは豊富で、ディナーもミールスのメニューには特に興味をそそられる。野菜やシーフードにスパイスやハーブが加わった、いかにも体に優しい料理の数々である。これだけバラエティに富んだランチミールスの価格が休日でも1200円というのもうれしいことだ。
Aー

スポンサーサイト



テーマ : アジアンエスニック
ジャンル : グルメ

tag : インド料理南インド料理ミールス大田区グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

AUme

Author:AUme
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード