fc2ブログ

シタール②

横浜市の山下町、中華街にも近いこの店にウィークデーのランチは初めてである。

RIMG0556.jpg

Aランチはシークカバブと日替わりの肉のカレー、サラダとライス、ナンが付く。Bランチはヴェジタブルサモサと野菜の日替わりカレー。いずれも800円。このゴージャスな室内、ゆったりした雰囲気で800円は破格の安さである。シークカバブとサモサは入れ替えることも可能なようである。

CランチはAランチのシークカバブがタンドリーチキンに代わる。1200円。DランチはCランチにシークカバブとヴェジタブルサモサが加わる。1600円。Aランチの割安感が際立っているが、これに比べてBランチがやや割高な気がする。

たぶんランチ営業で数をさばくため、敢えてAランチの価格設定を下げているのであろう。カレーの設定も2種類と絞り込んでコストを下げているようである。

今日のランチの肉のカレーはチキンマッカンワラ、前回日曜に訪ずれた際、アラカルトとしてオーダーしたものと同じである。野菜のカレーは野菜のスパイシーカレーとのこと。前回との比較の意味からチキンマッカンワラのAランチにする。

カレーは磁器の器で出される。保温プレートはない。単品メニューの時にあった生クリームや生のコリアンダーやショウガもなくシンプルである。

RIMG0558.jpg

味はトマトの風味が濃厚なところは同じであるが、何となくボリューム感やスパイスの深みがないように思えるのは気のせいだろうか。それとも、このところ南インド料理の濃厚で個性的なスパイス使いの料理に慣れているためだろうか。

標準的なレベルのインド料理に比べれば、洗練されていて、深みもある料理である。チキンはアラカルトの時に比べると小さめのカットで、スパイスもやや控えめに感じられる。

シークカバブはマトンのひき肉を長い鉄串に巻きつけて、タンドール窯で一本一本焼いているのが見える。焼き立てで表面が香ばしく、スパイスが効いている。やや濃い目の味付けで、個人的には、もう少し油がジューシーに浸み出す方が好みである。

RIMG0557.jpg

サラダはレタスやニンジンなどにフレンチドレッシングがかかっている。

ライスは日本米。ナンはパリッと焼くタイプだが、今日は少し焼き過ぎなのかパサパサ感があった。

RIMG0559.jpg

平日のランチは雰囲気やサービスからかなり割安感があるのは事実だが、これをこの店のすべてと思わない方がいいのではないだろうか。夜のディナーメニューやアラカルトメニューを賞味しない限りこの店の真価を味わうことができないのかもしれない。
B+
スポンサーサイト



テーマ : アジアンエスニック
ジャンル : グルメ

tag : インド料理横浜グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

AUme

Author:AUme
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード