fc2ブログ

神戸三宮のワインバー

神戸の三ノ宮駅の北西側には関西圏では大阪の北新地と並ぶ飲み屋街が広がる。特にワインバーは数多く立地していて、面積当たりのワインバー比率では日本一ではないかと思われるくらいである。

そのなかで3軒のワインバーを訪れた。
第1軒目はワインズパトリー (Wines PATRIE)という店。駅から少し北に向かったとこ炉にあるビルの1階。カウンターは満席である。初心者から常連まで幅広い客層がワイングラスを傾けている。

F1000275.jpg

1杯目はドイツ・モーゼルのエゴンミュラーのリースリング。実にまろやかで深みのあるリースリングである。この店は、ホテル直営で料理のレベルが高いようだが、ソーセージが合いそうなので注文する。ミュヒナー・ヴァイス・ヴュルストと思われる白ソーセージと通常のフランクフルトのセット。

次は、ブルゴーニュのピノ・ノワールだが、最近飲む機会の多いニュイ・サンジョルジュのプルミエクリュ、クロ・ド・ラ・マレシャル(2006)は従来、フェブレのモノポールだったが、本来の所有者ジャック・フレデリック・ミュニエが畑を貸していたとのことで、2004年にそれが戻ってきたもの。このシャンボール・ミュジニー村のミュジニーとボンヌ・マールのグランクリュをもつ作り手がどんなワインを作るか勉強するため揃えたものだそうだ。

かなり骨格のしっかりしたタンニンの強い男性的なニュイ・サンジョルジュで、しばらくは楽しめそうだが、期待していた繊細なイメージとはちょっと違っていた。

この店の最後はボルドー、ダルマイヤックは1989年より前まではシャトー・ムートン・バロンヌ・フィリップという名称だったがその時のワイン。1986年。まろやかで熟成感があって複雑な味わいでおいしい。



関連ランキング:ワインバー | 三宮駅(神戸市営)三ノ宮駅(JR)三宮駅(阪急)



第2軒目はSIR-HIRAMATUという元スナックを居ぬきで借りた珍しいワインバー。カウンター周辺にスナックの独特の雰囲気がそのまま残っている。常連がかなり集っている。ワインはシャンパーニュがグラスで1500円、スティルワインは1000円と極めてリーズナブル。ワインは価格相応なものであるが、この盛り場のスナック的な、気楽な雰囲気は東京のワインバーにはない。

料理はパテ・ド・カンパーニュをいただく。本格的なこのフレンチは大阪の有名レストランで作られたものが送られているそうだ。

シャンパン、ブルゴーニュ・ルージュなど飲む。この店で同じ通りのワインバーを紹介してももらう。

ワインバーDという、ここも最近オープンした店。東急ハンズの向かいのやや阪急の駅よりのビルの9階にあるが、かなり広くそして新しい店である。カウンターンで常連が数人、広いテーブル席は空いている。

グラスはシュテムの長めの上品なグラスである。

オーナーのワイン知識はかなりのレベルであると見たが、こちらも3軒目ですでにかなり酔っている。アルザスのグランクリュのビノ・グリがかなり濃厚でコクがあり、飲みごたえがあった。

あともう1杯はピノ・ノワールで、ここでもニュイ・サンジョルジュ・のプルミエクリュだと思ったが、銘柄は記憶にない。ややフルーティーでまろやかな感じ。

この店は、前の2店と全く異なるがスタイリッシュで現代的な店である。
スポンサーサイト



テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

tag : 神戸グルメ三宮グルメワインバー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

AUme

Author:AUme
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード