fc2ブログ

大文字 藤が丘店②

この店の新メニュー、釜揚げ辛味噌つけ麺(1100円)を食べてみた。

DSC00869.jpg
DSC00871.jpg

もともと辛味噌つけ麺という定番メニューがある。今回の釜揚げ辛味噌つけ麺の特色は、麺が茹で汁に入って出てくるところ。ちょうど釜揚げうどんのイメージであるが、麺が入っているのはお湯ではなくて、あっさりながらダシがある上に、鰹節が直前にかけられて出される。鰹節の香りが消えないうちに麺だけを味わうようにとのこと。

DSC00875.jpg

この麺が素晴らしい。ラーメン史上これだけ生きのいい中太麺はないのではないだろうか。ちょっと縮れた麺が実に弾力性に富んでいて、麺だけでも新鮮な刺身のような生きの良さである。讃岐うどんの最上級のレベルの麺でも、柔らくなって、力がなくなりがちな釜揚げでこれだけの麺は香川県のまんのう町の「長田うどん」を除いてないだろう。

DSC00876.jpg

うっすらとダシが出て、淡い味わいのある、麺の入っているスープもかなりのおいしさである。

つけ汁の濃厚な味噌だれは、かなり甘さがあるが、濃厚な和風の赤味噌ベースの味で、麹や大豆の発酵した香りが混じり合って実に香しい日本の味である。かなりのしょっぱさも気にならなくなっている。ピリッと辛い赤トウガラシの破片も見えるが、辛さも気にならず、辛さを期待した向きは、ちょっとがっかりするだろう。

DSC00877.jpg

具材は長ネギとチャーシューの刻み、エビ。

一番出来栄えの良いのは長ネギ。つけダレにマッチするし、繊維の食感もよい。かなり甘さがある。

チャーシューは量が少ない。小さい豚角切りのようなイメージで存在感は少ないが、一つのアクセントとなっている。エビは残念ながらぷりぷり感はない。エキス分も出尽くしているようなので、唯一改善を望みたい。

いずれにせよ、このメニューは味噌つけ麵史上最高レベルの傑作である。

キムチとミニご飯が付くが、これらはなくてもいいのではないだろうか。カレーつけ麺は、カレーをご飯にかけるのでご飯はあったほうが良いのだが。

カレーつけ麺も相当のレベルだが、釜揚げシリーズの新メニューとして釜揚げカレーつけ麺も希望したい。

大文字 藤が丘店ラーメン / 藤が丘駅青葉台駅

昼総合点★★★★ 4.5



スポンサーサイト



テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

tag : ラーメン田園都市線グルメ藤が丘グルメ辛味噌つけ麺

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

AUme

Author:AUme
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード