fc2ブログ

紫玉蘭

今年2月にオープンした中国飯店系列のカジュアルラインの店である。夜は予約がかなりはいっていて満席の日が多いのだが、ランチタイムは認知度が低いためか、2階の席はかなり閑散としている。

平日には750円の料理ランチ、麺・飯類のランチのほか、セットのランチはAランチ(840円)とBランチ(1260円)がある。Aランチは3食蒸し野菜と湯麺、焼きそば、チャーハンから1品と本日のデザート。Bランチにはこれに本日の料理が付くほか、蒸し野菜の代わりに前菜盛り合わせを選ぶことができる。このBランチ、前菜盛り合わせと焼きそばを選ぶ。

DSC01008.jpg
この日の前菜盛り合わせは、大根なますとクラゲ。上品な味付けであり、クラゲは良くある中華の前菜のクラゲと少し異なり、あっさりしているが味わいと食感が優れている。

DSC01001.jpg

一品料理は白身魚のトウガラシのせで、かなり小さめの白身魚一切れ(カレイかヒラメの類)だが脂がよくのって、淡白な魚の味であるが、複雑な香辛料とピリッとしたトウガラシで凝縮された味わいがある、

DSC01002.jpg
焼きそばはチンジャオルースー焼きそばで、かなり油たっぷりのチンジャオルースーの餡が麺の上にかけられている。しかし、味はあっさりしていて、ポーションもやや少なめのため、見た目ほどのこってり感はない。チンジャオルースーは平均的だが、肉の味は良く出ている。そばは細麺だで、量は見た目は少ないがかなりある。

DSC01004.jpg

スープはトマトと卵のスープで、トマトの酸味と果実味が新鮮な食感である。これも淡い味付け。

DSC01005.jpg
デザートはタピオカ入りココナツミルクだが、これも最近はやりのこってりしたものではなく、味わいはあるがあっさりとしている。

DSC01006.jpg

量は男性にはやや足りないと思われるくらいの控えめな量であり、味付けも中華料理としてなので油はふんだんに使われているものの、塩分が控えめで、全体に上品でダイエット指向の料理づくりがなされている。市ヶ谷の中国飯店が濃いめの味付けで量が多めなのと対照的であり、女性を意識した料理づくりがされている印象である。安い価格帯のランチのレベルとしては他の中国飯店よりも上かもしれない。
A-


関連ランキング:中華料理 | 麻布十番駅赤羽橋駅六本木駅


スポンサーサイト



テーマ : 中華料理
ジャンル : グルメ

tag : 麻布十番ランチ中国飯店中華料理

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

AUme

Author:AUme
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード