FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーンドラキッチン

御徒町駅に近い南インド料理店。JR御徒町駅から高架の線路に沿って南に行くのだが、食べログの店のページに詳細な道順のコメントがあるのでこれを参照した方が良い。

DSC01292.jpg
DSC01291.jpg

この店はインド料理の店だが、日本では一般的な北インドの料理の店ではない。したがって主食のナンは得意ではないし、ほかに特異な主食の料理がある。カレーのメニューもかなり異なっている。

DSC01281.jpg
DSC01282.jpg

ランチメニューはいろいろとあるが、何よりもメインとなるのは南インドの定食であるミールスである。休日はミールス(1650円)をはじめランチが別メニューになり、少し価格は高いが豊富な内容になる。

休日も含めて、ランチミールスはノンべジタブルとベジタリアンの2種類が用意されている。

DSC01280.jpg

ノンべジは2種類のカレーに定番のサンバルとラッサム、主食系はパパドゥとチャパティにピクルス(チャトネ)が付き、ライスはバスマティ・ライス。デザートはインドのパスタの甘いデザート。

DSC01283.jpg

ベジタリアンはカレーが野菜のカレー1種類で、これにヨーグルトがつく。

DSC01284.jpg

パパドゥは豆の粉でできた揚げせんべいだがこの店のものはやや小さめのものが1枚。

チャパティは全粒粉の薄焼きパンで、南インドではナンよりも一般的な主食。パンよりは重くお好み焼の皮のようなやや重いイメージである。

DSC01288.jpg

ラッサム(タマリンドと胡椒のスープ)はタマリンドとトマトの酸味が効いているが、かなりの香辛料の辛味があり辛口である。カレーリーフが入っていて、コリアンダーの香りもするなど複雑な味である。ミールスではお代わり自由。

DSC01285.jpg

サンバル(豆と野菜のカリー)はキャベツやナス、トマトなどの野菜中心のスープ野菜の旨味が良く出ている。この店のサンバルは豆が少なくさらっとしていて、甘みがある。カルダモンの小さい粒がかなり浮いている。やや辛味は強い。これもお代わり自由。

ボリヤルは野菜のあっさり炒め煮で、ココナツ風味。キャベツ、玉ねぎ、ニンジン、グリーンピース、コーンなどがサラダ風に和えられていて、甘い香りがする。

DSC01286.jpg

カレーの一つはチキンカレー。かなり濃厚なカレーベースの味でシナモンの香りが強い。チキンは骨付きの一つ。香辛料の下味が強くついて良く煮込まれており、味わいが深い。辛口だがほどほどの辛さである。

DSC01287.jpg

もう一つはエビカレー。キャベツなどとのカレー炒めのイメージである。やや辛めのしっかりした味付け。カレーとしては大きめのエビがふんだん使われ、ぷりぷりと食感は良い。

ピクルスは梅干しのように酸味が強く、ライスと混ぜるとおにぎり感覚でよい。

特筆すべきはミールスのライスがバスマティ・ライスを標準としていること。粒の一つ一つがしっとりとしながら、粘り気はなくふんわりとした食感が素晴らしい。スープ状の南インドのカレーとの相性は抜群である。

デザートは一見ヨーグルトのようだが、インドのパスタのデザート。白い少し甘いミルク状の汁の中に極細の春雨状のパスタと柔らかく煮た木の実のようなものが入っていてクリーミーな食感である。

ミールスのカレーやスープを構成する料理は個性的なスパイス使いはないものの、どれもスパイシーで、しっかりした味付け。よくある南インド料理のように味が薄すぎるということはない。辛さも刺激的な辛さはないものの、程よく辛みが付いている。総合的なバランスはよく、レベルの高い南インド料理である。特に、バスマティライスの提供は評価できる。

A



関連ランキング:インド料理 | 御徒町駅上野広小路駅仲御徒町駅


スポンサーサイト

テーマ : インド・ネパール・パキスタン・バングラデシュ・スリランカ
ジャンル : グルメ

tag : インド料理 御徒町グルメ 上野グルメ 南インド料理 ミールス

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

AUme

Author:AUme
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。