fc2ブログ

頑者 新横浜ラーメン博物館店

川越にある頑者には以前行ったことがあるが、新横浜のラーメン博物館にも頑者が入っているので行ってみた。期間限定メニューで「汁なし坦々あえつけ」というメニューがある(980円)。これは次世代つけ麺シリーズの第2弾としてメニュー化されたもので、麵自体をタレで和えて、そのままでも食べられるようにしたものである。

まず麵の方だが、日本で食べられている通常の坦々麺は汁のあるものだが、四川料理の地元四川省で食べられているのは、正宗坦々麺といわれる汁なし坦々麺である。当店ではこれについてかなり研究されていていることが伺われた。

胡麻ベースの唐辛子や山椒が入った坦々ソースと挽肉がほどよい辛さでミックスされていて、刻み青ネギや松の実が加わり専門店のレベルに近い味となっている。

この店の麺はかなり太く、細めの讃岐うどんくらいあるので、かなり良く混ぜて、底の方に溜まった坦々ソースをからませる必要がある。それでも、麺のボリュームに比べてやや味が薄いような気がした。麵自体の量はつけ麺としてはやや少なめで、女性でも残すことはない程度の量である。他のつけ麺店を標準とするのであれば大盛りがお勧め。

つけ汁は頑者の通常のもので、カツオ節などの魚介系と豚骨出汁の混じったこってりしたダブルスープで、かなり味は濃厚。ただ、麺はあつもりができないので、冬場に熱々のつけ麺を楽しむことができなのが少し物足りないところである。

なお、つけ麺として食べると坦々麺の風味はどこかに飛んでいってしまって、普通のつけ麺とほとんど同じ食味であった。

B
スポンサーサイト



テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

tag : つけ麺新横浜グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

AUme

Author:AUme
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード