fc2ブログ

Ristorante Sotto l'Arco

銀座8丁目にある、新しくオープンしたイタリア料理のレストラン。この周辺は最近新しいレストランのオープンが続き、注目のエリアである

休日のランチにうかがう。テーブル席のほか、厨房を大きく取り囲むように配置されL字型のカウンターがかなり個性的。オープンキッチンというよりは劇場型のキッチンで、厨房の奥の方までほとんど見渡すことができる。オーナーシェフの伊藤さんと奥さんをはじめとするスタッフがほのぼのとフレンドリーな雰囲気で、カウンター席はお勧めである。

インテリアはダークブラウンと白を基調として、シックでモダンな落ち着いた雰囲気である。

ランチのコースは前菜、パスタにメインが魚料理とデザートのコースが2500円。これに肉料理が加わるコースが3800円。今回は2500円のコースを選ぶ。

前菜は、3種類の盛り合わせ。

DSC05489.jpg

野菜のテリーヌはシイタケ、カブ、赤ピーマンをジュレで固めてキャベツを巻いたもの。すっきりと繊細な味わい。

DSC05490.jpg

真ん中のものは、3種の魚のカルパッチョで、ホッケ、イナダ、アジ。ホッケ、イナダは新鮮な生に塩をきかせたもの。アジは酢で軽くしめたもの。透明感のある味わい。

DSC05491.jpg

右の鹿のローストはイメージと異なり淡白な味わいであった。

DSC05492.jpg

魚料理は黒ソイのソテーのスープ仕立て。黒ソイを中心に、スープの中にはハマグリとツブ貝が加わり、貝の旨味がスープに広がる。パリッと皮が香ばしく身がジューシーな黒ソイはそれだけでも味わい深い。

DSC05494.jpg

しかし、それに貝の旨味が加わったスープは、懐石の日本料理のお椀のように淡白ながら魚介の旨味が抽出されて実にエレガントな味わいだ。黒ソイに添えられた生山葵がアクセントとなって魚介の味を引き立てる。

ワインはグラスの白をお願いする。3種類用意されている。ここまでのワインは、ヴェルデッキオ・ディ・カステッリ・ディ・イェージ。フレッシュでフルーティー香り豊かなマルケ州のDOC。新鮮な魚介によく合う。

DSC05488.jpg
DSC05487.jpg

パスタは2種類用意されていたが、それぞれを少しずつ盛ることも可能だということなのでお願いする。

青海苔と柚子コショウのフェトチーネ、からすみ添え。潮の香りとクリーミーなパスタの織り成すハーモニーは新鮮な発見であった。

DSC05499.jpg

サクラエビのアーリオ・オーリオ、タリアテッレは濃厚な甲殻類の旨味と香り。太麺のパスタにもサクラエビが練りこまれ、香りを添える。皿の周りに甘エビの粉。皿の下にたまったソースが実にうまい。

DSC05497.jpg

パスタに合わせたワインはトスカーナの白、シャルドネとピノグリージョ。香りのボリュームは控えめだが、ボリューム感のあるふくよかな果実味はパスタによく合う。

DSC05495.jpg
DSC05496.jpg

デザートはカラメーレ、ティラミス、アイスクリーム、カステラの4種の盛り合わせ。カラメーレはカラメルとアイスクリームがプリンのような味わい。カステラは隠し味的に醤油と三温糖が加わる和のテイスト。ティラミスは洋酒が浸みて大人の味だ。

DSC05500.jpg

焼きメレンゲやショコラなどのプチフールとともに、カプチーノをいただく。

DSC05502.jpg
DSC05501.jpg

食器は日本の陶器が中心で水墨画のようなワビ・サビの世界。和の食材を多用した懐石料理イメージのイタリアンは和のテイストのコンセプトが強烈で、新たな体験だった。既存のコンセプトにとらわれない創作性の高い料理は、世界的にはフレンチなどで先端を行く流れに沿っている。

本場イタリア仕込みのシェフは、ベイシックに塩をしっかり使っている。ワインを飲む人には良いが、多少気になるものがある。

A+


関連ランキング:イタリアン | 東銀座駅新富町駅築地駅


スポンサーサイト



テーマ : イタリアン
ジャンル : グルメ

tag : イタリア料理銀座グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

AUme

Author:AUme
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード