fc2ブログ

スープカレー専門店Kuu

相模原市の横浜線矢部駅近くのスープカレー店。八王子の奥芝商店へ行こうと思って電話したら店舗移転準備のため現在休業中とのこと。相模原の人気店Kuuに行くことにする。ネットで調べると、最近、八王子にも支店を出したというこの相模原の店も神奈川のスープカレー界(そんな世界どこにあるのか?)では有名らしいので、行くことにする。港北ニュータウンからは25キロ程度、二子玉川からも25キロ程度で、ほどほどの距離。ガラス張りのビルの1階のかなり大きめの店は、スタイリッシュで採光もよく、席もゆったりしていてスープカレー店としてはいい雰囲気である。メニューを見て当店イチオシの豚角煮とやさいカレーの辛さ6をオーダーする。よく見るとハーフチキンレッグとやさいカレーが当店一番人気とのことで、こっちの方が良かったかなとも思ったが、次回に回すことにしよう。
オーダーしてから数分、極めて速い調理である。スープはさらさらの薄いブラウンで熱々で出された。旨みレベルは極めて高い。最初、海老風味の出汁が感じられたが、その後しっかりした昆布やカツオの和風だしをベースとした旨み成分がしっかりと感じられた。スパイスはアジア系のエスニック風味が中程度に感じられ、ほどほどのレベル。スープの旨みレベルから、もう少し強烈でもいいとも思うが、全体に相当レベルの高いスープである。
辛さは中辛の最高の6は、札幌のスープカレーの中辛に比較して辛くないレベル。
野菜は12種の野菜カレーのメニューと同じ12種類か。ジャガイモ、ニンジン、なす、カボチャ、オクラ、水菜、アスパラ、ヤングコーン、枝豆、長芋、舞茸、パプリカといったところ。玉子ハーフ。豚角煮は関東らしいやや濃い味つけだが、スープとは別に甘辛くとろとろに煮てあり、これはこれとして評価できる。
一方、スープのレベルの高さに対して、野菜のレベルが十分でない。オーダーからすぐサービスされたのは野菜の調理時間がほとんどないということ。直前に素揚げした野菜はないようである。にもかかわらず、スープが熱々なのは評価できるが・・・。ジャガイモ以外全般に小ぶりなカットであるが、ナス、カボチャなどもっと大きくてもよいだろう。そのため、野菜の旨味やしゃきしゃきした食感を味わうことができず、全般に野菜の印象が薄い。特に、他の肉系の具材のない12種の野菜カレーはこれではもの足りないだろう。また、野菜の素材レベルもいま一つ。舞茸の香ばしさやジャガイモ、ニンジンの甘さが感じられなかった。季節の新鮮さが感じられたのは枝豆くらい。長芋はスープカレーの具材として珍しく、評価できるが、あまりにも薄切りのため、独特の食感が感じられないのは残念である。
スープのレベルが高いだけに、野菜のレベルがアンバランスの現状は残念であるが、野菜の調理レベルと素材レベルが上がれば、トップレベルのスープカレーになる可能性を秘めている。
Bー

DSC00722.jpgDSC00725.jpgDSC00727.jpg


スポンサーサイト



テーマ : スープカレー
ジャンル : グルメ

tag : スープカレー神奈川グルメ相模原矢部

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

AUme

Author:AUme
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード